menu

sponsored link

ダイナースカードの特典サービスまとめ

sponsored link

ダイナースクラブカードは、アメリカン・エキスプレスと並んで、高いブランドイメージを持つクレジットカードです。
ダイナースクラブは、1950年、米国ニューヨーク市にて設立されました。現在使われているような汎用型のクレジットカードを世界で最初に登場させたといわれています。ダイナースクラブは、2000年に現在のシティグループに買収されましたが、そのシティグループは2008年にディスカバー・フィナンシャル・サービスへ売却されました。
日本では現在、ダイナースクラブに関する事業は、三井住友信託銀行グループの三井住友トラストクラブ株式会社が行っています。

4cc7c8d06aecb2d7e15519875a59036a

ダイナースクラブカードの特徴について

ダイナースクラブカードには、年会費無料のクラシックカードはありません。最低でも22,000円(税抜き)からのクレジットカードの年会費の設定となっています。ダイナースクラブカードはショッピングの利用限度額が一律に設定されていませんので高額商品の購入もできますし、グルメやエンターテイメントに関する会員向けの優待特典が豊富ですので、ダイナースクラブカードは他社のゴールドカード以上のサービスを提供しています。
ダイナースクラブカードの会員向けの特典を踏まえて総合的にみると、贅沢を楽しむ方にとっては特典が豊富で、医師や弁護士、有名芸能人やスポーツ選手など、高年収の方や一定の社会的地位を持つ方々の間で人気があります。
ダイナースクラブカードは他社のゴールドカードと比べるとクレジットカードの審査のハードルは高めで、限られた人しかダイナースクラブカードへの入会はできませんが、このことがステータス性の高さに寄与しているのでしょう。

ダイナースクラブカード会員の中でも、さらに限られた方には、ダイナースクラブカードの上位カードである「ダイナースクラブ プレミアムカード」のインビテーション(招待状)が届きます。ちなみにダイナースクラブ プレミアムカードの年会費は10万円です。

ダイナースクラブカードの年会費は22,000円(税抜)です。家族カードもあり、家族カードの年会費は5,000円(税抜)です。またETCカードもあり、ETCカードの年会費・発行手数料は無料です。

ダイナースクラブカードの年会費はかなり高めですが、ダイナースクラブカードは他社のゴールドカードを上回る特典があるクレジットカードですので、年会費以上の価値があるクレジットカードです。
特に「ダイナース」という名前のとおり、レストラン関連の特典と、トラベル&エンターテイメントの特典が充実しています。

またダイナースクラブカードの利用および各種サービスの問い合わせは、「ダイナースクラブコールセンター」で24時間365日の体制で対応してもらえます。

ダイナースクラブカードはICチップが搭載されていませんでしたが、2016年4月18日カード発行分からICカードに切り替わりました。ダイナースクラブカード会員には、2016年5月更新分から、順次更新月にICカードが届く予定です。

ダイナースクラブカードにはプロパーカードのほかにも、BMW、ANA、JALなどの企業と提携したダイナースクラブカードもあります。

ダイナースクラブカードの特典について

ダイナースクラブカードの特に大きな特典は以下のとおりになっています。

①ポイントの有効期間が無期限(マイルも無期限で貯められる)
②レストランのコース料理が1名分無料
③世界約600ヵ所の空港ラウンジが利用可能
④充実の付帯保険
⑥充実のホテルやダイニングのサービス
⑥手荷物無料宅配サービス
⑦フリーダイヤルのサポート・デスク
⑧海外旅行先での24時間無料の電話サポート(日本語)
⑨24時間365日の体制の「ダイナースクラブコールセンター」

以下特典を詳しくみていきましょう。

ポイントの有効期間が無期限(マイルも無期限で貯められる)
ダイナースクラブカードのポイントは無期限でマイルを無期限に1%貯めることができます。
ダイナースクラブカードのポイントプログラムは、「ダイナースクラブリワードプログラム」という名称です。100円ごとに1ポイントたまり、1,000ポイントから交換できます。
還元率は、0.3~1%でで、ポイント交換先によって変わります。ポイントの交換先は、旅行代金支払いやクレジットカード利用代金への充当、その他各種商品券やポイント、マイルへの交換です。
ダイナースクラブカードのポイントの有効期限は無期限です。またダイナースクラブカードのポイントを航空マイルに移行する場合、1,000ポイント=1,000マイルで交換できます。
ダイナースクラブリワードポイント/マイルは本会員に合算されます。 家族会員が利用した分も本会員のポイント/マイルに合算されるので、ポイントやマイルが分散することなく効率的に貯めることができます。

ダイナースクラブカードんの利用で貯めたポイントは、いろいろなアイテムに交換することができます。交換可能な品はバリエーション豊富です。日常品はもちろん、体験型アイテムなどもあります。
交換ポイントが少し足りない場合は、ポイント+カード払いを組み合わせることもできます。「Point + Pay サービス」(カード併用払い)と言います。

ee7aac8f7b2a3eec589c6f02f920bdbb_s

レストランのコース料理が1名分無料
高級レストランのコース料理が1名分無料になるので、この特典を年間に2~3回つかうだけで、ダイナースクラブカードの高額な年会費の元は取れる計算です。 高級レストランを頻繁に利用する人であれば、ダイナースクラブカードは割高どころか大変にお得なクレジットカードです。

世界約600ヵ所の空港ラウンジが利用可能
ダイナースクラブカードを保有すれば「クラブラウンジ」というダイナースが世界的に設定しているダイナースクラブカード会員用の空港ラウンジサービス網を利用することができます。ダイナースクラブは、全世界約600ヵ所の会員向けラウンジを設定おり、この空港ラウンジの数は、他のクレジットカード会社と比較してダイナースクラブが世界のNo.1です。
また世界700ヵ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パス(カード会社とは独立した機関)に無料登録できます。
利用対象ラウンジには、VIPラウンジ(ファーストクラス・ビジネスクラス利用者向けラウンジ)も含まれています。このVIPラウンジはゴールドカード会員用のラウンジとは異なり、軽食ブッフェ、アルコール飲み放題、質が良いソファー、シャワーなどの施設が充実しています。
会員用の空港ラウンジサービス網を利用できます。

充実の付帯保険
海外旅行傷害保険(自動付帯)
死亡・後遺障害、傷害治療費用、疾病治療費用、賠償責任、携行品損害、救援者費用のすべてがダイナースクラブカードの自動付帯です。
死亡・後遺障害は利用付帯分で更に上乗せされます。ダイナースクラブカード本会員・家族会員が対象で、家族会員も同一の金額が補償されています。
他のクレジットカードでは家族会員の減額がよくありますが、ダイナースクラブカードにはありません。

海外旅行傷害保険の補償内容
傷害死亡・後遺障害/最高1億円(内5000万円は利用付帯)
傷害治療費用/最高300万円
疾病治療費用/最高300万円
賠償責任/最高1億円
携行品損害(※1)/ 1旅行最高50万円
救援者費用(※2)/ 最高300万円
※1:年間限度100万円
※2:年間

国内旅行傷害保険(利用付帯)
国内旅行傷害保険が適用されるには、旅行代金をダイナースクラブカードで決済することが条件です(利用付帯)。
公共交通乗用具(航空機、電車、バス、タクシー等)または、募集型企画旅行の料金をダイナースクラブカードを利用して支払った場合に適用われます。

国内旅行傷害保険の補償内容補償内容
死亡・後遺障害/最高1億円
入院/日額5,000円
手術/種類に応じて5万円・10万円・20万円
通院/日額3,000円

海外緊急アシスタンス
海外旅行傷害保険に付帯しているサービスで、海外緊急アシスタンスを受けることができます。海外旅行中に病気やケガなどのさい、24時間・年中無休でバックアップしてもらえます。また言葉の壁があって対処に困る海外での病気やケガのときに、海外からの緊急医療相談サービスを利用することができます。
さらに東京海上日動が提携している病院で、その場で治療費を自己負担することなく治療が受けられる「キャッシュレスメディカルサービス」もあります。

ショッピング保険
ダイナースクラブカードには「ショッピング保険」があります。「ショッピング・リカバリー」という名称です。
ダイナースクラブカードと利用して買った商品が破損、盗難、火災などの偶発的な事故により被害を被った場合に補償があります。「海外のみ」や「リボ払いで購入した場合のみ」といった制約はありません。
ダイナースクラブカードは国内・海外のどちらで購入した商品も補償の対象ですし、プレゼントした商品の事故も補償してきれます。
補償期間は商品の購入日より90日間です。利用控か購入店の領収証に記載されている商品の購入金額から自己負担額(1品あたり1万円)を差し引いた金額が補償されます。ダイナースクラブカード会員ひとりあたりの年間補償限度額は500万円です。

充実のホテルやダイニングのサービス
ダイナースクラブカードは、世界中のダイナースクラブ提携ホテルで優待を受けることができる「クラブホテルズ」を展開しています。世界中のホテルで、特典や特別割引などの優待サービスが受けられます。
海外では「海外クラブホテルズ・期間限定プラン」は、期間限定の大幅な割引や豊富な優待特典月のプランが用意されています。
国内では「国内クラブホテルズ・旅の宿」が利用できます。

具体的には以下のような特典・割引があります。
・特別優待価格
・レストラン優待
・特別宿泊プラン
・客室アップグレード
・スパ優待
・ホテル内割引優待
利用するときには通話料無料のトラベルデスクに電話をしましょう。トラベルデスクは、旅行の手配・相談が電話一本で可能です。

手荷物無料宅配サービス
海外から帰国したときに、帰国時の空港から自宅までダイナースクラブカード会員1人につきスーツケースなどの荷物1個を無料で配送してもらえます。

空港送迎タクシー・特急列車・前泊のホテル代が無料という特典もあります。この特典はトラベルデスクで1回の購入金額が50万円以上の海外パッケージツアーか日本発の海外航空券を成約した場合、優待特典の利用ができます。

海外トラベルデスク
ダイナースクラブカードの海外トラベルデスクには、日本出発後の現地での案内・情報提供、予約・手配サービス、緊急対応などのサポートがあります。
海外旅行の際にこうしたサポートがあると安心です。

パッケージツアー割引
ダイナースクラブカードの保有で利用できるトラベルデスクでは、大手旅行会社各社の旅行商品の取り扱いがあります。旅行のプランを、最大5%割引で利用できます。国内パッケージツアーは、一人分の基本旅行代金5万円以上のものに限ります。

bc4b6f0f1922f1044d10e1baf09f9fed_s

まとめ

ダイナースクラブカードは全世界で知名度が高く、またステータスが高いクレジットカードです。ダイナースクラブカードはゴールドカードよりも一段階上のプレミアム・カードです。
ダイナースクラブカードはサービスにおいても、他のゴールドカード以上の充実した特典内容でプラチナカードと同等といってよいでしょう。レストランを利用したり、海外旅行・出張に行く機会があると利便性の高いクレジットカードです。
ダイナースクラブカードは「人生を楽しむクラブ」であり、ダイナースクラブカードは所持する高い社会的地位を誇れますし、さらにお得な特典で生活が豊かになるクレジットカードといえるでしょう。

セディナカードのゴールドカードの評判は?本物志向と格安とどちらを選ぶか

クレジットカードの還元率について:おすすめのクレジットカード10枚


sponsored link

関連記事

  1. JCBカード解約手続きについて

    JCBカードの解約手続きについてまとめました。使わないクレジットカードは不正利用防止のため解約し…

  2. ANAカードの年会費が高いと思っている方へ:ANAカードの年会費…

    ANAカードの年会費は高いと思っている方が多いようです。ただANAマイルを貯めるためにはANAカード…

  3. 大学のクレジットカード「大学カード」とは?大学カード特徴まとめ

    国内で発行されているクレジットカードには、学生カードという名で発行されている学生を対象としたクレジッ…

  4. 銀行カードローンはアルバイト学生は利用可能:おすすめ銀行のカード…

    銀行でお金を借りることは、アルバイトをしている学生であれば可能でしょうか。銀行のカードローンは未…

  5. クレジットカードで学生でもキャッシングできるか:キャッシング可能…

    クレジットカードで学生はキャッシングできるのでしょうか。クレジットカードには、ショッピッグ機能と…

  6. visaプリペイドカードをamazonで利用する:Vプリカ使い方…

    visaのプリペイドカードでamazonで使うには、どのvisaプリペイドカードが使い勝手が良いでし…

  7. アメリカンエキスプレスの年会費は高い:充実したサービスで年会費以…

    アメリカンエキスプレスカードは、誰もが憧れる人気のクレジットカードです。またアメリカンエキスプレ…

  8. Tポイントカードの申し込み:自分に合ったTポイントカードを作ろう…

    「Tポイントカード」は、今現在利用中の人も多いと思います。多くの人に利用されているTポイントカードで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP