menu

sponsored link

エポスカードのプラチナカードはメリットが満載!年会費2万円払ってもお得になる

sponsored link

クレジットカードは普通、一般カード→ゴールドカード→プラチナカードと上位のランクのクレジットカードになるほどコストパフォーマンスは低くなる傾向にあります。高級ホテルなどでのサービスは拡大されるのですが、その分クレジットカードの年会費も高額になるため、金銭的に余裕があり、大きな金額をクレジットカードで決済できなければトータルでメリットがでることはありません。
エポスプラチナカードは例外のプラチナカードで、エポスカードは、クレジットカードが上位のランクになるほどコストパフォーマンスが良くなるのです。
エポスプラチナカードは、利用すれば利用するほどポイントが加算されていく、非常にお得なクレジットカードです。エポスプラチナカードは、しかしながらインビテーション(招待制)によってのみ入手することができるため、まずはエポスカードの一般カードかゴールドカードから利用する必要があります。
エポスカードは、インターネット上の口コミをみると「プラチナカードまでのハードルはそれほど高くない」ということです。

epos-platinum

エポスプラチナカードのメリットについて

エポスプラチナカードのメリットをみてみましょう。いずれもお得な優待ばかりです。

①エポスプラチナカードの利用金額に対して貯まるポイント

エポスプラチナカードの年会費は2万円に設定されています。一般的なプラチナカードの金額からすると低めです。さらに1年間に100万円以上クレジットカードを利用すれば、ボーナスポイントとして2万ポイントがもらえますので、実質的にはクレジットカードの年会費は無料になります。
エポスプラチナカードのボーナスポイントは年間のクレジットカードの利用金額に応じて段階的に引き上げられます。例をあげると、年間300万円のエポスプラチナカードの利用で4万ポイント、年間900万円のエポスプラチナカードの利用で7万ポイント、最大で1,500万円の利用で10万ポイントが毎年エポスプラチナカードのボーナスポイントとしてもらうことができます。

エポスプラチナカードはまた、エポスプラチナカードの所有者の誕生日月にはポイント還元率が2倍になります。エポスカードはプラチナカードを含むすべてのエポスカードで利用金額200円ごとに1ポイント、マルイとマルイの通販でエポスカードを利用すると利用額200円ごとに2ポイントが貯まる仕組みになっています。
これがエポスプラチナカードであれば誕生日月に限り、通常のクレジットカードの利用200円ごとに2ポイント、マルイで利用すると200円で4ポイント貯まります。クレジットカードのの利用金額200円で4ポイントということは、還元率になおすと2%です。

エポスカードのサービスに共通する「5,000店舗優待」では、約5,000店の提携店舗でのショッピングの支払いをエポスプラチナカードを利用することでポイント還元率が最大5倍になります。

②エポスプラチナカードはポイントの有効期限が無期限

エポスゴールドカード、エポスプラチナカードの共通の特典として「ポイントの有効期限が無期限」と、なります。エポスプラチナカードの利用で付与されたポイントの失効を気に掛けることなく、ポイントを安心して貯めることができます。

エポスプラチナカードの利用で付与されたポイントは1ポイント=1円で、マルイのお買い物券などと交換することができます。その他ドコモやauの機種変更に使えるポイント、スターバックス、クオカードといった様々なポイントと交換できるので、エポスプラチナカードの利用で付与されたポイントは本当に使い道には困りません。

③プライオリティパスへの無料登録

エポスプラチナカードを所持すれば、世界400カ国、850ヶ所以上の空港ラウンジがの利用が可能な「プライオリティパス」に無料で登録することができます。プライオリティパスはとても人気のある特典で、このプライオリティパスを手に入れるためにプラチナカードの取得を目指す人も多いということです。

エポスプラチナカードを持って海外旅行に行く時には、エポスプラチナカードと合わせてプライオリティパスも是非持って行きましょう。プライオリティパスを所持しているだけで「ファーストクラス専用のラウンジの利用が無料で可能になる」からです。

epos-platinum-5

こちらはタイのファーストクラスラウンジです。
ファーストクラスラウンジでは、サンドウィッチやパン、麺類などの軽食やスイーツが無料で提供されているだけでなく、お酒、ソフトドリンクも飲み放題になっています。高速のWi-Fiも無料でつなぐことができる、居心地のいい空間になっています。またファーストクラスラウンジなので混雑もなく、広々とした空間でくつろぐことができます。
プライオリティパスは普通、年会費399ドル(約45,000円)が必要なサービスです。ですからこのプライオリティパスの無料登録という特典だけでもエポスプラチナカードの年会費の元が取れるといえます。

プライオリティパスとともにエポスプラチナカードの提示で、国内主要空港とホノルル空港の合計20ヶ所の空港ラウンジも無料で利用可能です。こちらはエポスプラチナカードだけを提示すればOKで、同伴者1名まで無料でラウンジを利用することができます。

 

④エポスプラチナグルメクーポン

エポスプラチナカードを所持していれば、全国80店舗の高級レストランで2名以上のコース料理を注文すると、1名分が無料になるというプラチナカードならではの特典があります。
高級レストランのコース料理は、1名あたりおよそ1万円~3万円程度が相場でしょう。例をあげると、1万円のコース料理をで食べたら、同伴者の分が無料となり実質1万円のお得、3万円のコース料理なら、実質3万円もお得になrということです。
プラチナカードの定番の特典がこのグルメクーポンですが、年会費2万円のエポスプラチナカードでも、この特典がもちろんあります。
エポスプラチナグルメクーポンは夫婦でもデートでも楽しむことができますし、仕事の会食に利用するいう使い方もよいでしょう。

⑤最大1億円の旅行保険

エポスプラチナカードには国内旅行・海外旅行ともに最大1億円の旅行保険が付いています。エポスプラチナカードはさらに、エポスプラチナカードの所有者本人に対する保険のみでなく、家族への補償も最大2,000万円付帯しています。
このように手厚い旅行保険を提供しているクレジットカードは、かなりまれです。エポスゴールドカードは、エポスゴールドカードの所有者本人の海外旅行保険の補償が最大2,000万円付いているのみなので、エポスプラチナカードは大幅なアップグレードになっています。

エポスプラチナカードは国内旅行保険は「利用付帯」ですので、旅行代金をエポスプラチナカードで支払った場合に限って、国内旅行保険適用となります。海外旅行保険は「自動付帯」なので、エポスプラチナカードを持っているだけで、海外旅行保険が適用されます。

⑥プラチナコンシェルジュデスク

エポスプラチナカードを所持すれば24時間365日体制で受付可能なプラチナコンシェルジュデスクを利用できます。ホテルや航空券の手配はもちろんのこと、「これくらいの予算で家族で楽しめる旅行プランはないですか?」といった質問にに対して、適切な旅行プランを提示してくれます。その他に海外旅行先でトラブルにあった場合の対処の仕方や、「いま海外なんですが、おすすめのレストランはないですか?」といった質問にも回答してもらえます。
自分だけの「秘書サービス」が無料で使えるといってよいでしょう。またゴールドデスクやプラチナデスクは電話回線の混雑があまりないことが、メリットだと思えます。一般カードのサポートは混雑していて常に待たされる事が多いようです。しかし、上位ランクのクレジットカードのサポートデスクは、電話をかけるとスムーズに繋がることがほとんどです。

⑦エポスプラチナカードはVisaプラチナカードに共通する特典も使える

■Visaプラチナホテル
全国1,000ヶ所を超える有名ホテル・レストランが、会員優待価格で利用可能。およそ10%~15%の優待が受けられる。
■Visaプラチナトラベル
JTBが取り扱っている海外ホテルや航空券を5%OFFで取得できる。
■手荷物宅配
いきは自宅から空港まで、かえりは空港から自宅まで、スーツケースなどの手荷物を配送してくれるサービス。手荷物2つまで1個あたり500円、3つ目以降は15%OFFで利用できる。
■Visaプラチナゴルフ
Visaが提携している日本・世界のゴルフコースを、プレイ料金から4,000円値引きで利用することが可能。

images (3)

エポスプラチナカードの取得方法

エポスプラチナカードはこのような特典満載のコストパフォーマンスに秀でたクレジットカードですが、どのようにして手に入れることができるのでしょう。
エポスプラチナカードは、インビテーション(招待制)によってのみ取得することができるクレジットカードです。
「プラチナカード」と言うと、取得するハードルが高いように思われがちですが、エポスカードに限ってそこまでハードルは高くないように思えます。
自分で申し込みができるエポスゴールドカードからエポスプラチナカード取得にチャレンジしても良いですが、一般のエポスカードからゴールド→プラチナとアップグレードを目指すことがおすすめです。なぜならエポスゴールドカードは自分で申し込みをした場合、エポスゴールドカードの年会費5,000円が必要になりますが、インビテーションからのアップグレードに限って、年会費が永年無料になります。
エポスプラチナカードのインビテーションの基準は公表されていませんが、エポスゴールドカードで年間100万円以上決済すれば、エポスプラチナカードのインビテーションが届くようです。エポスプラチナカードの年間100万円の利用は、光熱費などをを含む公共料金や普段の買い物、携帯電話代などをエポスプラチナカードで支払うことでクリアーできると思います。
エポスプラチナカードは年会費を払っても十分お得になる特典満載ですので、是非この際にエポスプラチナカードの取得を目指してみてはいかがでしょう。

242c3b98c615ca80f5dfcd808af4f972_s海外旅行で便利なクレジットカードのおすすめは?学生の方へ

80e8ea9483b2eef2e4a70eae32286aea_sイオンカードセレクトは、解約せずにただ所持しておくという手もある!


sponsored link

関連記事

  1. invitation6

    エポスカードのプラチナインビテーションを受ける方法について

    エポスカードには最上位カードであるプラチナカードがあります。このエポスカードのプラチナカードは自分で…

  2. 088e7e3d032fe73d87b08d0cfcb0a9c2_s

    ANAカードプレミアム:年会費は高額でも充実の特典!

    ANAカードのプレミアムカードは、ANAゴールドカードの上位カードになりますので、ANAカードのプラ…

  3. 59df637291164c8cb4ab52b28ed461a6_s

    エポスカードのプラチナカード限度額について

    エポスカードのプラチナカードはマルイが発行する最上位のクレジットカードで、エポスプラチナカードという…

  4. 4c85c24fdbe36549c184b6b4c94d55b9_s

    ANAカードのプレミアムカード:ANA JCBカード プレミアム…

    「ANA JCBカードPREMIUM(プレミアム)」は、ANAとJCBがゴールドカードよりも上位のク…

  5. 4cd33c9f79c197d4b2b68da157861f7f_s

    ダイナースカード年会費およびダイナースカードポイントの貯め方使い…

    ダイナースカードの年会費はいくら位でしょうか。ダイナースカードはアメリカン・エキスプレスと並んで…

  6. 1b646d98b3afe130deb483c05f405e84_s

    JCBの最上位カードならディズニーランドの特典も超高級!

    JCBカードは、東京ディズニーランド 、東京ディズニーシーのオフィシャルカードですので、JCBカード…

  7. images (3)

    エポスカード:プラチナカードに家族カードはないが特典は満載!

    エポスカードのプラチナカードは自分で申し込むことができない、インビテーション(招待)のみで入手するこ…

  8. images (7)

    アメリカンエキスプレスプラチナカードの年会費および特典について

    アメリカンエキスプレスプラチナカードは、アメリカンエキスプレスが発行するプラチナカードで、現在発行さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP