menu

sponsored link

エポスカードのプラチナインビテーションを受ける方法について

sponsored link

エポスカードには最上位カードであるプラチナカードがあります。このエポスカードのプラチナカードは自分で申し込めるクレジットカードではありません。エポスカードのプラチナカードを所有したい場合はインビテーション(招待)を待たなければなりません。

invitation6

プラチナカードのインビテーションについて

クレジットカードは所有する人のライフスタイルやクレジットカードの機能に合わせて選択しますが、クレジットカードを申し込んだとしても必ず所有できるというものではありません。
クレジットカードにはすべて審査があり、クレジットカードの審査ではクレジットカードの申込者がクレジット決済した金額をきちんと支払うことができるかどうかがチェックされます。
プラチナカードなどのステータスの高いクレジットカードは、申し込んだからといって審査を受けられものではありません。まずは一般カードやゴールドカードを所持して優良ユーザーであるという信頼を得たうえで、クレジットカード会社の方からさらに上位のクラスのクレジットカードを持ちませんか、という招待を受けなくては申込むことができないクレジットカードもあります。
意外に知らない人も多いですが、クレジットカードは長期にわたり、支払いの延滞なく使うことで自分の信頼が高まり、クレジットカード会社から優良顧客とみなされ、もっとランクの高いクレジットカードが発行されます。

招待を受けてクレジットカードがランクアップする順番
一般カード⇒ゴールドカード⇒プラチナカード

クレジットカードのインビテーションについて

クレジットカード会社から、上位カードへの招待を受けることをインビテーションと呼びます。
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードなど、一部のインビテーションカードの中には、インビテーションを受けたクレジットカードの利用者がクレジットカードの審査の申し込みをしてから審査がされるため、インビテーションを受けたからといって必ずしもそのクレジットカードを持つことができるわけではないものも中にはあります。
ほとんどのクレジットカードのインビテーションでは、信頼があるユーザーだからこそ送るインビテーション(=招待)ですので、クレジットカードの審査に落ちることは多くはありません。ただしクレジットカード会社ごとのゴールドやプラチナなどのステータスカードは、一般クレジットカードと比較して格段に審査基準も厳しくなっていますし、審査基準について公表しているクレジットカード会社はありません。
ですから、まずはクレジットカードのインビテーションを貰うためにできること、またクレジットカードのインビテーションが欲しい人がやってはいけないことを確認していきたいと思います。

インビテーションを貰うためにしておくことについて

インビテーションを貰うためにはクレジットカード会社にとって優良顧客であることをアピールする必要があります。
ゴールドカードであれば自ら申し込めるゴールドも多いのですが、プラチナ以上のクレジットカードは、ほとんどがインビテーション制度をとっています。クレジットカード会社としてもプラチナカードが高いステータスのあるクレジットカードであることをユーザーにPRすることで、プラチナカードの希少性やステータス性を高めていくという狙いがあります。

インビテーションを貰うためにしておくこと
1.クレジットカードを頻繁に利用する
クレジットカード会社は、クレジットカードの利用者がクレジットカード決済を行った店舗から手数料を貰うことで運営をしています。ですから、クレジットカードの利用者が頻繁にクレジットカードを使うことによって、クレジットカードの優良利用者である印象をクレジットカード会社に与えることができます。
複数枚のクレジットカードを少しずつ使っているなど、毎月数千円程度のクレジットカードの利用の場合インビテーションが来る可能性が低くなりますので、インビテーションを貰うために所持しているクレジットカードは、メインカードとして積極的に使うようにしましょう。

2.クレジットカードのサービスや特典を利用する
クレジットカードにはそれぞれに特典やサービスが付いいます。たとえば空港ラウンジサービスや海外デスクサービス、旅行中の宿泊先の案内や演劇やスポーツのチケットの手配サービスなどが付帯しています。有料、無料に関わらずクレジットカードのサービスを利用することによって、クレジットカード会社にクレジットカードの特典利用の実績が残りますので、インビテーション後にランクアップしたクレジットカードを所持したら、クレジットカードを使いこなせるクレジットカードの利用者であると認識されます。

3.インビテーションを受けたいことを伝える
クレジットカードのインビテーションはクレジットカードを利用し、トラブルのない優良なクレジットカード利用者であることだけではなく、クレジットカード会社と連絡をを取っておくこともインビテーションを貰うためには有効です。
たとえばコールセンターやサポートデスクなどに問い合わせをして、インビテーションを受けたいクレジットカードについて質問をしたり、インビテーションを受けたいことを伝えておくと、クレジットカード会社に意思が伝わりやすくなります。

インビテーションを貰うのにしてはいけないこと
クレジットカード利用代金の未納や滞納、その他のトラブル
クレジットカード決済をした代金を支払わなかったり、指定の銀行口座から引き落とすことができなかった場合には、クレジットカードの利用料金の未納や滞納扱いになります。このクレジットカードの利用料金の未納や滞納の記録は、クレジットカード会社の中で履歴が残るだけでなく、クレジットカード情報が記録されている信用情報機関にクレジットヒストリーとして記録されてしまいますので、クレジットカードのインビテーションが貰いにくくなるだけでなく、新規にクレジットカードの申し込みをするときや、クレジットカードの更新時のマイナス要素になってしまいます。

images (24)

エポスカードのプラチナインビテーションを貰う方法について

インビテーション制のクレジットカードを持つためには、いずれインビテーションを受けたいクレジットカードの1段階または2段階下のクレジットカードを持ってクレジットカードを利用し続けることが必要です。

「エポスカード」の場合は、エポスカード(一般カード)は申し込みをして審査を通過すれば所持できる一般カードです。エポスカード(一般カード)のワンランク上のエポスゴールドカードは申し込むこともできますし、エポスから一般カードの利用者にインビテーションが送られることもあります。さらに最上位のエポスプラチナカードは、エポスゴールドカードの利用者にのみインビテーションが送られて、所持することができます。
ですからエポスカードのプラチナカードを持ちたい人は、エポスカード(一般カード)からインビテーションを受けてエポスゴールドカードを持ち、さらにインビテーションを受けてプラチナカードを持つか、またはエポスゴールドカードの申し込みをしてクレジットカードを持ち、さらにプラチナカードのインビテーションを受けるという2つの方法があります。

エポスプラチナカードを所持したい場合には、エポスゴールドカードの申し込みをしてからインビテーションを受ける方法がもっとも早くプラチナカードを所持できる方法ですが、申込条件はエポスカード(一般カード)は高校生を除く18歳以上の方、エポスゴールドカードは20歳以上で本人に安定継続収入のある方となっていますので、まだ20歳になっていない人やクレジットカードの審査に不安があるという人は、まずはエポスカード(一般カード)を持ってからインビテーションを待ちましょう。

また自分でエポスゴールドカードに申し込むと、年会費5,000円+税がかかり、翌年度のエポスゴールドカードの年会費を無料にするためには年間50万円以上クレジットカード決済する必要があります。しかしエポスカード(一般カード)からインビテーションを受けてエポスゴールドカードにランクアップする場合には、条件なしでエポスゴールドカードの年会費が無料になりますので、クレジットカードの年会費を節約したい場合にもエポスカード(一般カード)を所持してからインビテーションを受けてランクアップする方法をおすすめします。

08195bd0b98111b4ff04ba259c4c49bf_s

まとめ

エポスプラチナカードのインビテーションを受けるためには、まずクレジットカードで決済した代金を未納や滞納なく支払い、できるだけメインカードとして利用する、エポスカード(一般カード)であれば会員優待特典を利用する、ETCカードを併せて使う、エポスゴールドカードであれば空港ラウンジを使う、エポスゴールドカード会員限定のグルメサービス「くつろぎのカフェ&レストラン」や旅行サービス「癒し満喫の湯宿」などの付帯サービスを活用しながらインビテーションを受けるためのアピールをしていきましょう。

クレジットカード:学生でも即日発行できるおすすめのクレジットカードについて

セゾンカードのポイント交換アイテム:おすすめ3つ


sponsored link

関連記事

  1. エポスカードを解約したい:注意点まとめ

    エポスカードを解約したい場合、解約自体は電話をかけるだけですので、いたって簡単です。けれどもエポスカ…

  2. エポスカードの海外旅行保険の評判は?年会費無料で高額補償!高い評…

    エポスカードの海外旅行傷害保険の評判はどうでしょうか。エポスカードが他の年会費無料のクレジットカ…

  3. ライフカードの保険:学生用カード海外旅行保険まとめ

    学生専用ライフカードは、海外旅行や海外留学、ワーキングホリデーなど海外渡航の機会が多い学生さんにとっ…

  4. JALカードの年会費は高いか:決済金額と獲得マイル数によって考え…

    JALカードの年会費は高いのでしょうか。JALカードの年会費はクレジットカードのランク別、発行ク…

  5. クレジットカードは学生も必携:留学・海外旅行でクレジットカードは…

    クレジットカードを持っていない学生さんでも留学の際はクレジットカードは必携です。クレジットカード…

  6. エポスカードの解約に必要なものは?解約注意点まとめ

    エポスカードを解約するときに必要なものをまとめました。エポスカードを解約するときに必要なもの…

  7. エポスカードの海外旅行保険特典サービスまとめ

    エポスカード(EPOS CARD)は、クレジットカードの年会費が無料であるにもかかわらず海外旅行保険…

  8. イオンカード:ゴールドカード招待条件2016年最新まとめ

    イオンカードは、2016/6/1からイオングループの対象店舗であればイオンカードのクレジット支払いの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP