menu

sponsored link

クレジットカードでTポイントを貯める:Tポイントが貯まるおすすめクレジットカードについて

sponsored link

Tポイントとは、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の共通ポイントのことです。「Tポイント」はスーパーマーケットやコンビニエンスストアで加盟店が多く、実店舗でも使いやすい国内最大手の共通ポイントです。

tcad

Tポイントカードについて

「Tポイントカード」のポイントプログラムは「Tポイント」です。元々はレンタル大手のTSUTAYAのポイント制度でしたが、徐々に提携店舗を増やし、2014年にはインターネット大手のYahoo!や、携帯電話のSoftBankとも連携し、国内最大級の共通ポイントシステムとなっています。
Tポイントの貯め方
①「ショッピングポイント」Tポイントカードを見せるだけで貯まるTポイント
Tカードを提示する「Tポイント」の貯め方には2種類あります。1つ目が実店舗へ来店し、購入する際にTポイントをカード掲示するだけで貯まる「ショッピングポイン」です。見せるだけで良いので、このTポイントはクレジット機能無しの「Tポイントカード」でも貯まる「Tポイント」です。支払い方法が現金払い、電子マネー払いでも貯めることができ、クレジットカードで支払う必要はありません。
Tポイント加盟店で買い物をする時に「Tポイント」マークがあるカードを見せるだけで、そのカードのIDに、現金払いでも200円ごとに「Tポイント」が1ポイント貯まります(還元率0.5%)。

②「クレジットポイント」クレジットカード支払いで貯まるTポイント
もうひとつがクレジットカード利用で貯まるTポイントです。クレジット機能付き「Tポイントカード」の場合は、公共料金の支払いやショッピングなどの利用で、200円ごとに「クレジットカードポイント」の「Tポイント」が1ポイント貯まります(還元率0.5%)。

ですからTポイント加盟店で、クレジットカードを利用して支払いをすれば、①「ショッピングポイント」のTポイントと、②「クレジットカードポイント」のTポイントの、2種類のTポイントを獲得することができます。

Tポイントカードの種類について

クレジット機能付きは10種類ほど。ポイントカードは数十種類
2015年1月末の時点で、Tポイントカードを1年以内に利用している人口は5242万人です。Tポイントが利用できるお店の数は348,803店で、122企業がTポイントに参加しています。コンビニでは「ファミリーマート」「スリーエフ」、スーパーマーケットは「マルエツ」、もちろん本家の「蔦谷書店」やレンタルの「TSUTAYA」でもポイントが使えます。
「クレジット機能付」のTポイントカードは種類はそれほど多くなく10種類ほどしかありません。しかし「クレジット機能なし」のTポイントカードは提携するコンビニ、スーパーなどの多さから、数十種類発行されています。

多くの人がTSUTAYAの会員証か、ファミリーマートのTポイントカードを使っていることと思います。
クレジット機能なしのTポイントカードでもポイントは貯められますので問題はありませんが、このクレジット機能なしのTポイントカードにクレジット機能をつけるだけで、さらにお得にTポイントを貯めることができます。
Tポイント加盟店でクレジット払いを利用すれば、Tカードについたポイントとは別に、毎月のクレジット決済分に対してTポイントが付与されますのでTポイントが二重取りできるということです。

Tポイントカードはクレジットカード審査の基準となるクレジットカードである
「Tポイントカード」は、個人事業主、専業主婦(主夫)、フリーターでも申し込めるクレジットカードとして人気があります。必ずクレジットカード審査に通る保証はありませんが、他のクレジットカードよりも審査に通りやすいとの評判です。そのためクレジットカード審査に落ちて自信がない人が、まず申し込むべき基準のクレジットカードの1つとなっています。

クレジットカードでTポイントを貯める:おすすめのクレジットカード

現在、クレジットカードでTポイントを貯めることができるカードはおよそ10種類ありますので、用途に応じて選びましょう。
インターネット通販をよく利用するのであれば『Yahoo! JAPANカード』がおすすめですし、コンビニによく行くのであれば『ファミマTカード』がよいでしょう。

「Tポイントカード」は提示だけでショッピングポイントも付与されますので、クレジットカード払いでクレジットカードの独自ポイントが貯まります。そのためTポイントカードはショッピングポイントの獲得だけに使い、決済は他の高還元率のクレジットカードを利用する方法もあります。この方法で決済を行えば最大還元率を常に2.0%以上にすることもできます。

Tポイントカードは、Tポイント加盟店では掲示だけで0.5%還元され、クレジットカードの利用で更に0.5%還元されます。Tポイントは加盟店で1ポイント=1円で、1円から利用できるため、加盟店での還元率は1.0%となります。
Tポイントの有効期限は1年ですが、最後にポイントを獲得した月から1年以内にポイントを獲得したり利用したりすれば、自動でまた1年間延長されます。そのためTポイントの有効期限はTポイントを利用している限り実質無期限となります。

電子マネーnanacoチャージで税金を1%安くする
「Tポイントカード(JCB)」は、電子マネー「nanaco」チャージでTポイントが200円につき1ポイント貯まります(還元率0.5%)。さらに「nanaco」は利用時に「nanacoポイント」が100円につき1ポイント貯まります(還元率1%)。そのためチャージの際の0.5%と、nanaco利用時の1%を合わせて、合計で1.5%のポイント2重取りが可能です(還元率1.5%)。
この2重取りができる「Tポイントカード」の国際ブランドは「JCB」です。特殊なクレジットカードを除き、VISA/マスターカードではこの裏技は利用できません。
電子マネーnanacoは、実は税金を支払うことができる日本で唯一の電子マネーとして有名です。税金や公共料金の支払いではnanacoポイントは貯まりませんが、もちろんnanacoにチャージした時のクレジットカードポイントは貯まります。
またJCBの『ファミマTカード』でチャージすれば、0.5%の節税になります。もちろんおすすめはJCBの『Yahoo! JAPANカード』です。還元率は1%なので、節税になるのも税金の1%です。

ダウンロード (14)

『Yahoo! JAPANカード』
『Yahoo!JAPANカード』は、旧『Yahoo!JAPAN JCBカード』がリニューアルしたヤフーのクレジットカードです。国際ブランドはJCBだけでなく、VISA、マスターカードも選択できるようになりました。通常ポイント還元率は1%~3%と高還元率で、ヤフオクやYahoo!プレミアムなどYahoo!JAPANのサービスでは優待特典が受けられます。Tポイント加盟店ではTポイントの二重取りが可能です。
nanacoは税金の支払いにも使える日本で唯一の電子マネーです。この税金支払い用途に利用するのにも還元率1.0%の『Yahoo! JAPANカード』がおすすめです。活用すれば国民年金や国民健康保険料、住民税などの支払いが1.0%お得になります。住民税が20万円なら2,000円相当のTポイントが貯まりますので是非利用しましょう。

famimatcard200

『ファミマTカード』
ファミリーマートでお得な割引きが受けられるTポイント付きクレジットカードです。ファミリーマートではファミマTカード会員限定価格の割引きを受けられる上、カードの日にクレジットカード払いをすれば、若者応援特典も含めて還元率は6倍になりますので、最大3.0%のポイント還元を受けることができます。さらにTポイントが貯まる、使える提携先店舗では掲示だけでTポイントが貯められ、支払いにもりようすることができます。信販系クレジットカードなのでクレジットカードの審査基準は消費者金融系クレジットカードに準じるレベルです。学生、パート・アルバイトの人だけでなく、配偶者に安定収入があれば専業主婦でも申し込み可能です。クレジットカードヒストリーを積みたい人、ファミリーマートを日常的に利用している人に特におすすめです。

1

『Tカードプラス(TSUTAYA)』
『Tカードプラス(TSUTAYA)』は、レンタル大手のツタヤを始めとして、Tポイント加盟店でお得にTポイントを貯めることができるクレジットカードです。ツタヤではポイント還元率が高くレンタル更新料なども無料になりますので、よくTSUTAYAを利用する人におすすめです。また「Tカード」は提示するだけでTポイントが貯まりますので、支払いには別の高還元率クレジットカードと組み合わせての利用もおすすめです。

73c596797dacd1d08af190291d371461_s

まとめ

Tポイントを貯める場合、クレジット機能のないTポイントカードよりもクレジットカード機能付きのTポイントカードであれば効率よくTポイントを貯めることができます。おすすめクレジットカードは国際ブランドがJCBのTポイントカード(クレジットカード)で、このJCBのTポイントカードから電子マネーnanacoにチャージするとTポイントが貯まりますし、nanacoの利用でさらにポイントを貯めることができます。
Tポイントカードはクレジット機能なしのTポイントカードは数十種類ありますが、クレジット機能付きは10種類ほどしかありません。
自分の用途にあったTポイントカードをみつけて、効率よくTポイントを貯めていきましょう。

楽天カードの審査は学生でも通過可能

ゆうちょ銀行のクレジットカードで学生生活を豊かにしよう!


sponsored link

関連記事

  1. visaプリペイドカードをamazonで利用する:Vプリカ使い方…

    visaのプリペイドカードでamazonで使うには、どのvisaプリペイドカードが使い勝手が良いでし…

  2. 免許取得に使える学生ローンについて

    免許を取りたいんだけど、学生ローンは組めるの?と考えている学生さんは多いと思います。生活…

  3. セゾンカードの締め日と支払い日:遅れたときの対処法まとめ

    セゾンカードの締め日についてセゾンカードから発行されているクレジットカードの締め日は毎月末で…

  4. セゾンカードのポイント交換はマイルへ:お得な旅をしよう

    セゾンカードのポイントは永久不滅ポイントです。通常のクレジットカードの利用で貯めることのでき…

  5. ゆうちょ銀行のクレジットカードで学生生活を豊かにしよう!

    学生になるとクレジットカードを利用したいと考える学生さんも多いでしょう。ゆうちょ銀行のクレジットカー…

  6. クレジットカードは学生でも作れるの?

    クレジットカードを学生は持つことができるのでしょうか?大学生、専門学校生で18歳以上であれば…

  7. セゾンカードのポイント交換アイテム:おすすめ3つ

    セゾンカードのポイント交換アイテムで、もっともお得な商品は何でしょうか。今回はセゾンカードのポイント…

  8. アメリカンエキスプレスの年会費は高い:充実したサービスで年会費以…

    アメリカンエキスプレスカードは、誰もが憧れる人気のクレジットカードです。またアメリカンエキスプレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP