menu

sponsored link

VISAプリペイド比較「Vプリカ」「eさいふ」「バニラVisa」ネット決済が安心安全

sponsored link

プリペイドカードは、クレジッドカード、デビットカードに次ぐ第3の決済手段として注目を集めています。プリペイドカードは入会審査や本人確認がないため18才以上なら誰でも購入することができます。家族や友人にプレゼントしたり、家計管理に利用したり、その使い道もさまざまです。また海外旅行では現地通貨が引き出せる専用プリペイドカードもあります。
今回はプリペイドカードについて詳しくみていくとともに、VISAプリペイドカードの詳細、ネット決済専用のVISAプリペイドカードを比較してみました。

f08def813415311da13070f5905f1e39_s

プリペイドカードとは

プリペイドカードとは、一定の金額を前払いし、その金額分だけ買い物ができるカードのことです。「Suica」や「WAON」「nanaco」などのプリペイド式の電子マネーを普段から利用し、プリペイドカードに慣れ親しんでいる人も多いでしょう。
電子マネーに限らず、最近はたくさんの種類のプリペイドカードが発売されています。少し前からコンビニやドラッグストアなどでもプリペイドカードのコーナーを見かけます。それも1~2種類ではなく、10数種類のプリペイドカードがズラリと並んでいます。また店頭だけでなくマルチメディア端末で購入できるプリペイドカードもあります。
コンビニのプリペイドカードの大半は「LINEプリペイドカード」や「iTunes Card」「Google Play カード」「GREEプリペイドカード」「モバコインカード」「DMMカード」など、オンラインサービスで利用できるプリペイドカードです。
これらのプリペイドカードは基本的に用途が決まっているものが多く、「LINEプリペイドカード」ならLINEスタンプやゲームの購入時に利用することができます。「iTunes Card」であればiTunesストアでのアプリや音楽の買い物に利用できます。
また用途が決まっていないプリペイドカードもあります。

VISAプリペイドカードについて

「バニラVISA」や「Vプリカ」という名称をよく聞くことがあると思います。これらのカードはVISAプリペイドカードで、クレジットカードと同様にインターネットで利用することのできるプリペイドカードです。
クレジットカードは「信頼カード」という意味ですので、誰でも作れるわけではありません。けれどもプリペイドカードは事前にお金をチャージして決済に利用するので審査不要です。つまり誰でも購入することができ、クレジットカードと同じようにインターネット上で買い物ができます。

VISAプリペイドカードのメリット
VISAプリペイドカードのメリットといえば、誰にでも簡単に作ることができる点です。
VISAプリペイドカードを作るには、書類不要、本人確認書類も不要、引き落とし先の銀行口座も不要と面倒な手続きは一切不要で年会費も無料です。
クレジットカードの申し込みには、免許証などの身分証明書を提示や自分の収入状況などを報告する必要があり手間が掛かりますが、プリペイドカードはそれらの「審査」自体が不要で利用することができますので、クレジットカードを何らかの事情で作れない人にとっては大変便利なカードといえるでしょう。
AppleStoreなどのクレジットカード情報登録にも、プリペイドカードはクレジットカードと同じように使えます。インターネットショッピングでどうしてもクレジットカード情報登録が必要な場合でもプリペイドカードは利用できますのでおすすめです。
またプリペイドカードは年会費も無料ですので、あまりクレジットカードを使わない人でも利用しやすいでしょう。ただしVISAプリペイドカードは「日本に在住している18歳以上の人」を対象にして販売されていますので、18歳未満であれば親と相談して購入してもらいましょう。

VISAプリペイドカードのデメリット
次にVISAプリペイドカードのデメリットについてみていきましょう。
VISAプリペイドカードのデメリットとしてまず挙げられるのは、手数料が必要なことです。クレジットカードは年会費無料のカードもあり手数料もかかりません(クレジットカードを利用する店舗には手数料が掛かりますが、利用者側には直接関係がありません)。
VISAプリペイドカードは、購入時に手数料が必要です。VISAでの決済を手軽に利用するために、コンビニやクレジットカード会社を介して発行してもらうため、それだけの手数料がかかります。
次にVISAプリペイドカードにはクレジットカードのようなポイントシステムがありません
クレジットカードを利用する理由の一つにポイント制度があります。例えば楽天カードであれば100円ごとに1ポイントのポイントが付与されますので、実質1%の割引きになります。このようにクレジットカードで支払いをすると支払い金額に応じてポイントが還元されますので現金で支払うよりお得になります。
しかしプリペイドカードにはそのようなポイント制度がありませんので、プリペイドカードで支払っても現金払いと同様に実質的な割引きはありません。

1960ad37e4f3e41a067bdd3da5b2c799_s

ネット決済用VISAプリペイドカードの比較

用途が限定されないタイプのプリペイドカードの中では、ネット上のVISA加盟店であれば利用できる「Vプリカ」や「eさいふ」「バニラVisaオンライン」などが知名度が高く人気があります。
「いつもiTunesでしかネット決済しない」など、決まったところでしかネット決済しないのであれば、コンビニで販売されている専用のプリペイドカードを利用すれば良いでしょう。しかし、幅広くネットショッピングをし、買い物の回数も多ければ、用途が限定されていて使いきったら終わりのプリペイドカードでは、いちいち購入するには手間がかかります。
そんな人に向いているのが多くのネットショップで利用でき、チャージして何度も使い続けられるタイプのインターネット決済専用のプリペイドカードです。いくつか種類もありますが代表的なVISAプリペイドカードは「Vプリカ」と「eさいふ」です。
なお幅広いネットショップで利用できるプリペイドカードといえば「バニラVisaオンライン」も人気があります。ただ「バニラVisaオンライン」は使い切り型なので「Vプリカ」や「eさいふ」のようにチャージして使い続けることはできません(その点以外は「Vプリカ」「eさいふ」とよく似た仕組みのプリペイドカードです)。
「Vプリカ」も「eさいふ」も「バニラVisaオンライン」も国際ブランドのVISAと提携しているプリペイドカードで、ネット上のVISAが使えるショップであれば、基本的に世界中どのネットショップでも利用することができます(一部使えないこともあります)
どのVISAプリペイドカードも、実際のプラスチックカードが発行されないバーチャルカードです。バーチャルカードにも普通のクレジットカードと同じようにカード名義・カード番号(16桁)・有効期限・セキュリティコードが発行されます。ネットショッピングではこれらの情報さえあれば、実際のプラスチックカードがなくても決済することができます

h01-img-1

「バニラVisaオンライン」
Visaのロゴマークが表記されたネットショップで使えるネット決済専用のプリペイドカードです。ファミリーマートやセブン-イレブン、イオン、ヤマダ電機など全国約3万店舗で購入できます。無審査・無記名で決済できるので初めて利用する店や海外のネット通販でも気軽に決済できます。1枚あたりの利用額は最大10万円(残高移行要)となっています。
発行元:SBI カード
国際ブランド;Visa
券種:5290 円(利用可能金額5000 円)/1万490円(利用可能金額1万円)/2万890円(利用可能金額2万円)
有効期限:購入日の2年後の月末

h01-img-2

「vプリカ」
18才以上で日本国内在住であれば誰でもインターネットやコンビニで24時間購入できます。ネットでアカウントを開設(無料)すると即時にVisa加盟店でネットショッピングに利用できます。カードデザインは全17種類から選択可能です。ネット限定で知人や家族にプレゼントできる「Vプリカギフト」では500 円/1000 円のカードも販売されています。
発行元:ライフカード
国際ブランド:Visa
券種:3000 円~2万9000 円まで6種類(手数料は券種によって200円~280円。ただしライフカードで購入の場合は手数料無料)
有効期限:発行日の1年後の月末

h01-img-3

「Eさいふ」
ネットショッピング専用のプリペイドカードでインターネットやコンビニなどで購入できます。e-さいふサイトで口座開設後、Visa 加盟店で利用できる最大3セットの専用番号を取得の後、即日利用可能です。さらにe-さいふ会員専用サイト「POINT名人.com」を経由すれば利用額の最大12%が残高として還元されます。
発行元:三菱UJFニコス
国際ブランド:Visa
券種:3000円(販売価格3300円)/5000円(販売価格5300円)/1万円(販売価格1万400円)
※Visaバーチャルプリカの場合
有効期限:なし(Visaバーチャルプリカの有効期限は2年。期限後にはe-さいふ口座に返却され、別のVisaバーチャルプリカに充当可能)

まとめ

Life学生カード徹底解説!海外利用が特におすすめ

ANA学生カード保険内容:海外旅行保険内容は不十分!他社カードで補てんしておこう


sponsored link

関連記事

  1. カードローンとキャッシングの違いとは?

    急きょお金が必要なことがおきたが、財布の中にも銀行口座にもお金がない、どうすればいい?そのよ…

  2. 学生のクレジットカードのキャッシング利用について

    学生でもクレジットカードでキャッシングできるのでしょうか。今回は学生さんがクレジットカードでキャ…

  3. セゾンカード解約の電話番号まとめ

    セゾンカードを解約したいが、どこに電話すればいいかわからずそのままにしておいている人は多いのではない…

  4. セゾンカードのポイント交換はマイルへ:お得な旅をしよう

    セゾンカードのポイントは永久不滅ポイントです。通常のクレジットカードの利用で貯めることのでき…

  5. JALカードの解約は電話でできるか:JALカード解約方法まとめ

    JALカードの解約は電話でできるのでしょうか。今回はJALカードの電話での解約方法および、その他…

  6. クレジットカードは学生でも作れるの?

    クレジットカードを学生は持つことができるのでしょうか?大学生、専門学校生で18歳以上であれば…

  7. クレジットカードのセキュリティコードとは:セキュリティーコードは…

    クレジットカードのセキュリティーコードとはクレジットカードのセキュリティーコードとは、インターネ…

  8. JCBカードのポイント交換方法まとめ

    JCBカードの利用で付与されるポイントは「Oki Dokiポイント」という名称で、「Oki Doki…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP