menu

sponsored link

ANAカードの種類を知りたい方へANAカード最新種類まとめ

sponsored link

dde518ec3fa7ac2cf2e78bb7586cdca4_s
ANAカードをつくてみたいけど、ANAカードの種類が多すぎてどのANAカードを作ったらよいかわからない、ANAカードを持っているけれどこのANAカードが一番マイルが貯まるんだろうか、と思っている人は多いと思います。
ANAカードをこれから選びたい人も、ANAカードでもっとマイルを貯めたいと思っている人も、もう一度ANAカードの種類を知って、自分にあったANAカードを探してみましょう。
ANAカードのなかでマイルが多く貯まるANAカードを中心に、ANAカードの種類をみて行きたいと思います。

ANAカードをグレードで分ける

ANAカードはグレード別に4つに分けることができます。(年会費は全て税別)
ANA 一般カード(年会費 2,000~7,000円)
ANA ワイドカード(年会費 7,250円)
ANA ワイドゴールドカード(年会費 14,000~31,000円)
ANA カードプレミアム(プラチナカード)(年会費 70,000~155,000円)

ANAカードのグレード別の特徴

ANAカードのグレード別の特徴をみてみましょう。

20151017190105

ANA一般カード(年会費 2,000~7,000円)

ANA一般カードはVISA、Master、Suica、TOP&ClubQ、JCB、JCB ZERO、ソラチカ、アメリカン・エキスプレスの8枚です。
ANA一般カードのうち、JCB ZEROだけは年会費無料でマイル還元率は0.5%、他のANA一般カードは基本的にマイル還元率はすべて1%になっています。

ANA一般カードのなかでアメリカン・エキスプレス一枚だけが年会費が7,000円と高いですが、年間6,000円のポイント移行コースに登録すれば、ポイントに有効期限がなくなることがアメリカン・エキスプレスのメリットです。クレジットカード決済だけでポイントを長期間貯めたい場合にはよいですが、コストが高くつきますので、あまりおすすめしません。

ANA一般カードのうち三井住友カードから発行されている4枚は、マイ・ペイすリボに登録した後、一年に最低1回クレジットカード決済を利用すれば、クレジットカードの年会費がそれぞれVISAとMasterは1,025円、SuicaとTOP&ClubQは751円に割引きされます。

この三井住友カードから発行されている4枚をすべて所持した場合、年会費は4枚の合計で3,552円になります。毎年、継続ボーナスとして1枚につき1,000マイルもらえるので、バイマイル(マイルを購入すること)と考えると1マイル=0.96円になります。この4枚を決済利用せず、ただ所持することで、毎年4千マイルがもらえることになります。
継続ボーナスはクレジットカードのポイントとしてではなく、ANA本体からマイル口座に直接ANAマイルが振り込まれるので、マイル移行費は不要です。新規入会キャンペーンなどの条件が良いときに、順に申し込みをしてみてはどうでしょう。

気をつけたいのは、ANA VISAワイドゴールドカードとANA VISA一般カードは重複して所持できません。ANA VISAワイドゴールドを持つならば、その他の3枚(Master、Suica、TOP&ClubQ)を申し込みましょう。

ANA JCB一般カードにはクレジットカードの年会費の割引はありませんが、毎年クレジットカードの年会費2,000円でクレジットカードの継続ボーナスとして1,000マイルもらえますので、バイマイルとして考えると1マイル=2円になります。ANA JCB一般カードも入会キャンペーンなど条件がいいときに申し込んでみましょう。

20151019212017

ANAワイドカード(年会費 7,250円)

ANAワイドカードとANA一般カードがよく比較されます。ANAワイドカードとANA一般カードとの違いをみてみましょう。

フライトマイルの積算率は、ANA一般カードは10%ですが、ANAワイドカードは25%に設定されています。
ANAワイドカードにはゴールドカードに相当する付帯保険がります。
ANAワイドカードには新規入会時と毎年の継続ボーナスマイルがANA一般カードの倍の2,000マイルもらえます。
ANAワイドカードのマイル移行手数料はANA一般カードと同じです。

ANAワイドカードの年会費は7,250円(税別)と高めなうえ、マイル移行手数料がJCBは5,000円(税別)、VISAは6,000円(税別)かかりますので、ANAワイドカードを所持するのであれば、マイル移行費が無料のANAワイドゴールドカードにしたほうがよいでしょう。

20151017194226

ANAワイドゴールドカード(年会費 14,000~31,000円)

ANAワイドゴールドカードはVISA、Master、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースの5枚があります。
ダイナースは券面が金色ではありませんが、ゴールドカード扱いになっています。

ANAワイドゴールドカードは新規入会時と毎年の継続ボーナスに付与されるマイルはANAワイドカードと同じ2,000マイルです。ANAワイドゴールドカードはフライトマイル積算率もANAワイドカードと同じです。ベネフィット(特典)は多少ANAワイドゴールドカードの方が多いです。

ANAワイドゴールドカードはショッピング枠が100万円以上あるので、たくさん買い物をしても簡単にクレジットカードのショッピング利用限度額に達してしまうことはありません。ANAワイドゴールドカードを使い続けていると200万円、300万円までもショッピング枠を増額することができます。

ANAワイドゴールドカードの一番のメリットは、ANAワイドゴールドカードの決済利用で付与されるポイントのマイル移行費用が無料という点です。
三井住友カードが発行する2枚、ANA VISAワイドゴールドカードと、ANA Masterワイドゴールドカードは、マイ・ペイすリボとWEB明細サービスへの登録でクレジットカードの年会費が9,500円にまで割引きになり、クレジットカードのポイント還元率も高くなるので非常にお得な
ANAワイドゴールドカードといえます。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドと、ANAダイナースの2枚にはクレジットカードの年会費がさらに高額です。しかしこのANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドと、ANAダイナースの2枚は、ANAワイドゴールドカードの新規入会特典のマイルが他のANAワイドゴールドカードの新規入会キャンペーンでもらえるマイルに比べて、かなり多くなっています。またポイントサイト経由での新規入会でもらえる大量ポイントもあります。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドと、ANAダイナースの2枚の新規入会キャンペーン例をみてみますと、
「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドと、ANAダイナースの2枚は新規入会から○ヶ月以内に○○万円利用で数万マイル、そしてポイントサイト経由での新規入会で数万ポイント」

この2つの新規入会キャンペーンを上手に組み合わせると、2015~2016年のANAダイナースの新規入会キャンペーンのように、ANAダイナースの新規入会のみで6万から7万マイルてにはいることもあります。このANAダイナースの新規入会キャンペーンは3ヶ月間で30万~40万円のクレジットカード決済がキャンペーン条件になるので、普段から月に10万円以上クレジットカードの利用代金の支払いがあれば達成しやすい金額ですので、申し込んでみると良いと思います。
新規入会キャンペーンやポイントサイト経由の入会でもらえる大量のマイルは、一旦クレジットカードが発行されてしてしまうと2回目はありませんので、時期によって新規入会キャンペーンの内容に多少の違いがありますので、よく見極めて、ANAワイドゴールドカードの申し込みをするようにしましょう。キャンペーンで大量のマイル付をもらった後は、2年目のクレジットカードの年会費がかかる前に、ANAワイドゴールドカードを継続するか、または解約するか、ANAワイドゴールドカードの使い勝手を考えて決めるとよいでしょう。

ANAワイドゴールドカードはANAワイドカードと同じく、海外旅行傷害保険の付帯保険がついていますが、年会費無料のクレジットカードで海外旅行傷害保険付のものがありますので、そちらを数枚発行するほうがお得です。ですからANAワイドゴールドカードを選ぶ時の考慮点にはいれなくてよいでしょう。

ANAワイドゴールドカードのメリットでもうひとつ大事なことは、ANAマイル→ANA SKYコインへの交換比率が高いことです。ANA一般カードは、5万マイルの交換で1.5倍となる75,000コインですが、ANAワイドゴールドカードでしたら、5万マイルの交換1.6倍の80,000コインになります。
20151017200048

ANAカードプレミアム(年会費 70,000~155,000円)

ANAカードプレミアム(プラチナカード)はステータスを感じたい、コンシェルジュサービスをうけたい、という人には、高額なクレジットカードの年会費(70,000~155,000円)を支払う価値があるでしょう。
ANAダイナースプレミアカードは、年会費155,000円でマイル還元率が全ANAカード中最も高い2%となりますが、一年間で800万円ほどのクレジットカード決済が必要です。これでクレジットカードの年会費分の元が取れるくらいですので、一年間に1,000万円以上クレジットカード決済する人でないと、お得にはならないでしょう。

ANAカードのなかでマイルが多く貯まるANAカードを中心に、ANAカードの種類をみてきました。
たくさんの種類のANAカードがありますが、自分にあったANAカードはありましたか。マイルを貯めるのであれば、ANA VISAワイドゴールドカードをおすすめします。
是非ANAカードを申し込んで、たくさんのマイルを貯めてみてはいかがでしょうか。

クレジットカードを学生でも即日発行してくれるクレジットカード会社について

ANAカードの解約方法ー後悔しないためにしておくこと


sponsored link

関連記事

  1. ANAカードプレミアム:年会費は高額でも充実の特典!

    ANAカードのプレミアムカードは、ANAゴールドカードの上位カードになりますので、ANAカードのプラ…

  2. JALカードのETC利用でマイルを効率よく貯める!

    JALカードは、JALマイルの貯まるクレジットカードです。JALカードを買い物で使うとマイルを貰うこ…

  3. ANAカード:ゴールドカードのメリットについて

    ANAカードは種類が多すぎてどのANAカードを作ったらよいかわからない、と思っている人は多いでしょう…

  4. TSUTAYAの年会費が無料になる「TSUTAYA Tカードプラ…

    TSUTAYAの年会費は無料にすることができます。TSUTAYAのレンタル会員を継続するためには…

  5. セゾンカードのアメックスゴールドカードはJALカードよりマイルが…

    セゾンカードにはアメックスのゴールドカードがあります。アメックスのゴールドカードにもかかわらず年会費…

  6. JALカードの解約は電話でできるか:JALカード解約方法まとめ

    JALカードの解約は電話でできるのでしょうか。今回はJALカードの電話での解約方法および、その他…

  7. ANAカードのプレミアムポイントとは?マイルとどう違うの?

    ANAカードを利用すると「プレミアムポイント」というポイントが貯まりますが、この「プレミアムポイント…

  8. JALカードのマイルの貯め方:基本編

    JALカードは年に1度でも日本航空(JAL)を利用するのであれば必携のクレジットカードです。国海…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP