menu

sponsored link

海外旅行におすすめの学生カードについて:クレジットカード2枚持ちでさらに安心

sponsored link

海外旅行におすすめの学生用クレジットカードとはどんなクレジットカードでしょうか。
1回の海外旅行期間が90日以内であれば、年会費無料の海外旅行保険付きクレジットカードを作っておけば、海外旅行保険が実質無料になり旅行費用を節約することができます。
学生専用カードはいずれも本来であれば年会費有料のクレジットカードを、学生向けに年会費無料もしくは減額された大変お得なクレジットカードです。ですから一般向けの年会費無料クレジットカードでは付帯されることがないショッピング保険が付帯していますし、海外旅行保険付き学生カードの海外旅行保険は自動付帯(当該クレジットカードの決済利用の有無にかかわらず自動的に保険が適用される)などのメリットがあります。

海外旅行保険付きの学生用カードの注意点について
学生用カードに付帯されている海外旅行傷害保険の治療・疾病費用の補償額は100万円程度が普通ですので、安心して渡航するために、学生用カードのほかに別にもう1枚、年会費無料の海外旅行保険付きクレジットカード(疾病治療費用の補償額が200万円のもの)を作っておくことがおすすめです。
また学生用クレジットカードのデメリットはクレジットカード利用限度額の低さです。利用枠は平均10万円でキャッシング枠は3~5万円程度、キャッシング機能がない学生用カードもあります。海外で決済利用するのに限度額が10万円では心もとない場合、クレジットカード会社へ連絡して一時的に限度額を増額してもらうこともできます。

7d15823230b7f488b393922aebf27c3c_s

海外旅行時は学生でもクレジットカードを持つべき

学生のうちはクレジットカードは必要ないと思っている学生さんも多いでしょう。現金がなくても買い物できてしまうのが怖い、つい使い過ぎてしまいそうなど理由は様々ですが、クレジットカードは持たないという学生さんは意外と多いようです。
けれども海外旅行時は必ずクレジットカードを持って行きましょう。できれば2枚のクレジットカードを持って行くことをおすすめします。なぜ海外旅行時にはクレジットカードが必要なのでしょうか。
今回は海外旅行にクレジットカードをを持って行くべき理由と海外旅行におすすめのクレジットカードを紹介したいと思います。

海外旅行で学生でもクレジットカードを持つべき理由について

1.海外旅行保険が付帯しているので

意外と知られていないのですがクレジットカードには海外旅行時の保険が付帯されているものがあります。海外旅行時は旅行会社で海外旅行保険に申し込む人がほとんどでしょう。海外旅行保険の補償が充実しているクレジットカードを持っていれば、海外旅行のたびに保険に加入する必要がありません。クレジットカードの年会費(クレジットカードによっては0円)だけで海外旅行保険を利用することができますので、旅行費用の節約になります

クレジットカードの海外旅行保険の種類
クレジットカードの海外旅行保険には大きく分けて2つの種類があります。それは「自動付帯」と「利用付帯」といわれるものです。「自動付帯」とは、そのクレジットカードを保有しているだけで自動的に保険が適用となります。一方「利用付帯」は、当該クレジットカードを利用した時に海外旅行保険が適用されるというものですので、旅行費用の一部または全部をそのクレジットカードで決済利用する必要があります。このようにクレジットカードによって保険適用の条件が異なりますので、必ず確認しておきましょう。なおクレジットカード付帯の海外旅行保険は「自動付帯」をおすすめします。

どんな時に海外旅行保が必要か
一口に海外旅行保険といっても内容は様々です。例えば、死亡・高度障害を補償したもの、持ち物の盗難・破損を補償したもの、ホテルのものなどを破損してしまったときの賠償額を補償してくれるものなどがあります。ですから海外旅行保険が必要となる場面とは海外渡航時のトラブルを解決するのにお金が必要なも場合のほとんどといえるでしょう。その中でも特に重要なのが「治療費の補償」です。
日本国内で病院で治療を受けるとそれほどお金はかかりません。風邪で病院へ行くと診察料が1,200円と薬代が600円で合計1,800円くらいです。これは市販の風邪薬を買うよりわずかに高い金額です。国内の治療費の安さは保険証を持っているからで、この保険証は当然ですが海外では利用することができません。ですから海外の病院で治療を受けると定価の料金が請求されることになります。

海外では治療費はどのくらいかかるか
では実際に海外での治療費はどの程度かかるのでしょうか。これは一例ですが「アメリカでの盲腸手術で入院費込み約240万円」同じく「アメリカでの骨折で入院費込み約230万円」「中国での交通事故で骨折して入院費込み660万円」など非常に高額です。とても払える金額ではないと思います。

クレジットカードの海外旅行保険の注意点について
クレジットカード付帯の海外旅行保険の注意点は「補償日数が一般的に90日間である」ということです。短期の旅行であればまず問題ないと思いますが、留学される学生さんは要注意です。夏休み中の短期留学なら補償内に収まると思いますが、予定外に帰国が遅くなるなどした場合、クレジットカード付帯の海外旅行保険の補償外になってしまいますので注意しましょう。ですから長期の海外渡航であればクレジットカード付帯の海外旅行保険のみでなく、別途、損害保険会社の海外旅行保険などに加入しておきましょう。

1e003ebe4e497e4147e6f5221668c7ad_s

2.現金を持ち歩くのは危険なので

海外は日本ほど治安が良くない国が多いですので、単純に多額の現金を持ち歩くのは非常に危険です。特に観光客は狙われやすくなります。海外では現金の持ち歩きは必要最低限にして、おみやげやブランド品など大きな買い物はできるだけクレジットカードを利用するようにしましょう。

3.両替の手間がかからない

海外へ行ったことがある学生さんであればお分かりかと思いますが、現地通貨への両替は手間がかかります。しかも両替する場所とタイミングによってレートが違ったりしますので「あのとき両替しておけばよかった」と後悔したりすることもあります。とはいっても日本で大量に両替して現地のお金が余ってしまうのも困るでしょう。ですので海外ではクレジットカードを上手に使うのが賢い方法です。

海外旅行時はクレジットカードを2枚用意しよう

海外旅行時にはクレジットカードは最低2枚持っていくと安心です。なぜならクレジットカードが1枚だけであれば破損や盗難の被害に遭ってしまうと再発行までに時間がかかります。リスクを分散させるために海外旅行は最低2枚のクレジットカードを持っていくと安心できます。なお海外旅行へ持って行くクレジットカードは「VISA」と「MasterCard」など、カードブランドの違うカードにしておけば、支払いで困ることはまずありません。
【クレジットカードを複数枚所持すると補償が合算される】
海外旅行保険付きのクレジットカードを複数持っていると、それぞれの補償金額が合算されまする(死亡・高度障害除く)。つまり持っているクレジットカードの枚数が多ければ多いほどそれだけ手厚い補償が受けられることになります。(自動付帯のクレジットカードを選んで作っておきましょう。)
しかしクレジットカードをたくさん持つと、それだけ紛失や盗難のリスが高くなりますので、海外旅行へはクレジットカードを2枚持って行くくらいが妥当です。

a7be62f04cf45b8015855dc9c89c9b50_s

海外旅行保険の付帯した学生におすすめのクレジットカードについて

実際に学生さんは海外旅行時にどんなクレジットカードを持って行けば良いでしょうか。ここでは簡単におすすめの学生向けクレジットカードを紹介します。なお海外旅行時には2枚のクレジットカードを持って行くことを推奨していますので、海外旅行保険が付帯したおすすめの学生専用クレジットカードと、2枚目として学生さんでも申し込み可能な一般クレジットカードを紹介したいと思います。
学生専用クレジットカードは審査が緩く、年会費無料であることがメリットですが、一般的に限度額が10万円など海外で使うには限度額が低いことがデメリットです。そこで一般カードを併用することによってデメリットを補完できます。

学生専用ライフカード
学生の海外旅行・留学の必携カードともいえるのが学生専用ライフカード(年会費無料)です。高額補償の海外旅行保険(自動付帯)に加えて、海外でのクレジットカード決済利用分5%がキャッシュバックされるなど、旅費の節約に大きく貢献してくれる貴重な学生専用クレジットカードです。旅行や留学前に所持しておきたいおすすめの学生専用クレジットカードの1枚です。

エポスカード
エポスカードは学生専用のクレジットカードではありませんが、18歳から所持できる年会費無料のクレジットカードで海外旅行で役立つサービスがたくさん付帯しています。特に海外旅行保険の補償内容の中で重視しなければいけない「治療費」の補償額が最大270万円と高額で、年会費無料のクレジットカードではエポスカードの他にありません。また現地サポートサービスも充実していますので海外旅行へ行く学生さんにおすすめです。

クレジットカードの選び方:学生向け年会費無料のクレジットカードまとめ

クレジットカードの限度額は学生はいくら?


sponsored link

関連記事

  1. Tポイントカードのクレジットカードはどこで作ればお得?

    Tポイントカードをクレジットカード機能付きにすると、どんな「お得」があるのでしょうか。Tポイント…

  2. エポスカードの学生の限度額はいくら?限度額が足らない時はもう1枚…

    エポスカードはマルイのクレジットカードで、マルイ系列店での買い物でお得になるだけでなく、たくさんの優…

  3. JALカードの保険請求先まとめ:JALカード提携先によって保険請…

    JALカードには各種傷害保険が自動付帯されています。旅行傷害保険は、旅行回数・利用航空会社を問わ…

  4. 大学生の海外旅行におすすめのクレジットカードとは?

    大学生が海外旅行へ出掛けるのにおすすめのクレジットカードについてみていきましょう。大学生になると…

  5. クレジットカードで学生でもキャッシングできるか:キャッシング可能…

    クレジットカードで学生はキャッシングできるのでしょうか。クレジットカードには、ショッピッグ機能と…

  6. クレジットカードは学生さんには年会費無料カードがおすすめ

    クレジットカードは学生さんでも作ることができます。クレジットカードの中には学生専用クレジットカー…

  7. JALカードの年会費は高いか:決済金額と獲得マイル数によって考え…

    JALカードの年会費は高いのでしょうか。JALカードの年会費はクレジットカードのランク別、発行ク…

  8. UFJ学生カードはMUFGカードInitial(イニシャル)Ma…

    UFJ学生カードとは三菱UFJニコスから発行されているクレジットカードで「MUFGカードInitia…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP