menu

sponsored link

クレジットカード:審査に通りやすいクレジットカードについて

sponsored link

クレジットカードを所持するためには、まずはクレジットカード審査を通過しなければなりません。クレジットカード審査の基準はクレジットカード会社によって異なりますが、やはりグレードやステータス性の高いクレジットカードは審査の基準が厳しいようです。では、安定した収入のない主婦やフリーター、フリーランスの人でも所持できる「クレジットカード審査に通りやすい」クレジットカードとはどのようなもでしょうか。おすすめは「消費者金融」系クレジットカードとキャッシング機能付きの「流通」系クレジットカードです。今回は、クレジットカード審査に通りやすい、消費者金融系クレジットカードと、流通系クレジットカードついて具体的にみていきたいと思います。

59cac843098efa173cd1d1e7420e8c50_s

消費者金融系クレジットカードについて

消費者金融系クレジットカードで一番のおすすめは、消費者金融のアコムから発行されている『アコムACマスターカード』です。クレジットカードとしての審査と言うよりも、消費者金融としてのお金の貸付審査に近い審査が行われているといわれています。通常クレジットカードを利用して付与されるポイントもありませんし、支払い方法もリボルビング払いのみなので、まさに消費者金融と同じシステムになっています。ですから収入のない無職の学生、専業主婦(主夫)が申し込めないのも同じ理由です。

『アコムACマスターカード』について
消費者金融系クレジットカードは、本来のクレジットカード審査とは審査体系が異なっていますので、他のクレジットカード審査に落ちた人でも審査通過の可能性は十分にあります。ただし消費者金融クラスの審査ですので、自分の信用度について徹底した審査が行われます。ブラックリスト入りした人でも審査通過の可能性があるといいますので当然なのかも知れません。

『ライフカード』について
ライフカードは2011年に消費者金融系になりました。ライフカード株式会社は消費者金融アイフルの完全子会社です。『アコムACマスターカード』の審査や保証を行う会社がアコムであるように、『ライフカード』の審査会社・保証会社もアイフル行っています。ライフカードの審査は「信販」系と「消費者金融」系の両方の要素を含んでいます。
『ライフカード』は、学生や専業主婦(主夫)も所持できるクレジットカードとして人気があります。『学生専用ライフカード』は、海外旅行先でのクレジットカード利用総額の5%がキャッシュバックされますので、海外旅行に行く学生さんに人気があり、夏休みや春休み前には入会申込が殺到します。また収入が無くても所持できる「信販」系クレジットカードは他にほとんどありませんので、ライフカードの利用者が多いです。

『ファミマTカード』について
その他の消費者金融系クレジットカードに、ファミリーマートの『ファミマTカード』があります。以前は発行会社のポケットカードは消費者金融の三洋信販が親会社でした。現在は吸収合併がくり返された結果、三井住友フィナンシャルグループの関係会社になっています。もともとは消費者金融系であったこと、キャッシング利用を促進していることなどからクレジットカード審査に通りやすいといわれています。

流通系クレジットカードについて

エポスカードは丸井から発行されたクレジットカードです。エポスカードは流通系クレジットカードに分類されますが、クレジットカード審査を通りやすくして若者の消費を促進することで、金利や手数料で利益をあげています。実は「エポスカード」の手数料や利息収入は、本業の小売業(120億円)を大きく凌ぐ220億円となっています。マルイはショッピングでの消費を念頭に、クレジットカード・キャッシングでさらに儲けるビジネスモデルを構築しています。お金を使わせて儲けるビジネスモデルが確立している、つまり消費とキャッシング利用を前提にしていますのでクレジットカード審査が通りやすいのです。

クレジットカード審査に通りやすい流通系クレジットカードの見分け方

キャッシングサービスの利用条件が掲載されている
『イオンカード』の申し込みページを見てみましょう。イオンカードの申し込みページにキャッシングサービスの利用条件が掲載されています。
どのイオンカードでも、申し込みページの1番下に「キャッシングサービスのご利用条件(貸付条件)」が掲載されています。もちろん『アコムACマスターカード』、『エポスカード』にも掲載されています。同じくキャッシングの利用を強調しているのです。
また『セゾンカード』も申し込みページには「ショッピングはもちろん、キャッシングにも頼れるこの1枚」と書かれています。最短即日発行なのも、年会費永久無料なのも、すべては自社グループでのショッピング利用、そしてキャッシング利用を狙ったものです。

イオンカードやセゾンカードをよく利用しているのは、ショッピングセンターであるイオンや西友を利用する主婦層です。その主婦層はキャッシングサービスの優良顧客ですので、イオンカードはこの優良顧客を獲得するために、まずはクレジットカードの発行からアプローチを行っています。これは若者層をターゲットにしたマルイの『エポスカード』と同じ戦略です。ですからこれらの流通系クレジットカードは審査に通りやすいクレジットカードとして定評があります。
元々はダイエーであった「セディナカード(旧OMCカード)」の『セディナカード クラシック』なども同様です。
キャッシングしたい人のための情報が掲載されている=キャッシング利用が多い=クレジットカード審査に通りやすい、この法則を見落とさないようにしましょう。

fef6bd6ad8facf779b43443c88660af5_s

クレジットカード審査に通りやすいクレジットカードの選び方

クレジットカード審査に通過できるかどうか不安な人は、「クレジットカード審査に通りやすい」といわれているクレジットカードから申し込みをしましょう。なぜなら、クレジットカードは申し込んだだけでその記録が残ります。つまり「審査に落ちた記録も残る」からです。

1.審査基準の低いクレジットカードを選ぶ
クレジットカード審査に不安のある人は、クレジットカード審査基準の高いカードへの申込は避けましょう。
クレジットカードの審査基準の高さは一般的には、以下の順になっています。
①「国際ブランド」系(JCBカード、アメックスなど)
②「銀行」系(三井住友VISA、三菱UFJニコスなど)
③「信販」系(ジャックス、オリコなど)
④「流通」系(楽天カード、セディナカードなど)
⑤「消費者金融」系(アコム)」

クレジットヒストリーのない人は「流通」系の『イオンカード』や、『セゾンカード インターナショナル』から申し込んでみましょう。過去にブラックリストになったり、返済の延滞や債務整理などの金融事故がある人は、「消費者金融」系から実績を積んでください。

2.「消費者金融」系はブラックリストの人向け
「消費者金融」系のクレジットカードの代表は『アコムACマスターカード』です。アコムACマスターカードはポイント付与がなかったり、リボルビング払いのみしか選択できないなど、メインで利用するクレジットカードとしてはほとんど魅力はありません。
けれどもアコムACマスターカードを利用することで確実にクレジットカード・ヒストリー(信用履歴)は積み上がりますので、次に申し込むクレジットカード審査に通りやすくなります。定期的にこのアコムACマスターカードを決済利用して返済実績を積みあげましょう。

3.専業主婦は「信販」系の『ライフカード』がおすすめ
どんな目的でクレジットカードを発行したいのかは人それぞれだと思います。光熱費などをクレジットカード払いにしたいのか、ショッピングで利用したいのか、マイルやポイントを貯めたいのか、キャッシング機能が欲しいのかなど、求めているメリットによって最適なクレジットカードは変わります。
たとえば「信販」系の『ライフカード』は年会費無料で、専業主婦(主夫)でも申込できますので人気があるクレジットカードです。「流通」系クレジットカードほど安っぽくありません。ゴールドカードほどではありませんが、財布の中に入れていて恥ずかしくないクレジットカードです。誕生月には5倍還元という特典もあり、ポイントを重視しているクレジットカード利用者にも注目されています。
ライフカードは種類が多く、その種類によっては光熱費の引き落としができなかったり、キャッシング枠がないものなど、色々な特徴がありますので、その特徴を調べた上で申し込みをしましょう。

4.『楽天カード』は専業主婦(主夫)でも審査に通りやすい
「現金よりクレジットカードの方がお得」といわれている理由は、クレジットカード払いによってポイントが付与されるからです。1,000円のものを現金1,000円で購入しても、1,000円で購入した物しか残りませんが、クレジットカードを利用して購入すると、その支払った金額に対してポイントが付与されます。
還元率1.0%の『楽天カード』なら100円で1ポイントが貯まります。付与されたポイントの利用方法はクレジットカード会社によって異なっていますが、現金と同じように使える商品券や共通ポイントへの還元率で考えると、1%以上であれば高還元のクレジットカードといえます。
『楽天カード』は1%以上のポイント還元率です。つまり、楽天カードで支払うと100円で1円分お得になります。クレジットカードを申し込むときはポイントのメリットも考慮して選びましょう。

9cfc6cdc5b2b7dd64bea219b7fb6cb8a_s

まとめ

クレジットカード審査の基準はクレジットカード会社によって異なっています。その中でも「クレジットカード審査に通りやすい」クレジットカードは「消費者金融」系クレジットカードとキャッシング機能付きの「流通」系クレジットカードといわれています。クレジットカード審査に不安のある人は、クレジットカード審査に通りやすい、消費者金融系クレジットカードと、流通系クレジットカードの申込を検討しましょう。
審査に通りやすいクレジットカードを所持・利用することで、確実にクレジットカード・ヒストリー(信用履歴)は積み上がります。所持したクレジットカードを支払いの遅滞・延滞なく適正に利用していけば、いずれは自分の希望する(仮に審査が厳しくても)クレジットカードを難なく所持することができるでしょう。

セゾンカードのキャッシング:返済方法まとめ完全版

キャッシング返済方法:これを知らないと後悔する!


sponsored link

関連記事

  1. アメリカンエキスプレスの審査は厳しいの?

    アメリカンエキスプレスカードの審査は厳しいのでしょうか。仕事も収入も安定して年齢も重ねてきた方は…

  2. クレジットカードの審査が緩い:金融系・流通系クレジットカードがお…

    クレジットカードの審査の緩いクレジットカード会社はどこでしょうか。クレジットカードが欲しい場合、…

  3. クレジットカードのおすすめは?学生さんは学生向けクレジットカード…

    クレジットカードの中で特におすすめなのは、18歳以上の学生(高校生は除く)さんであれば、学生向けクレ…

  4. クレジットカードを作れない人ってどんな人?

    クレジットカードを作れない人とは、どんな人でしょうか。またクレジットカードを作れない人にはど…

  5. JALカードの学生の審査は厳しいか?「JALカードnavi」は学…

    JALカードを申し込みたい学生の場合、クレジットカード審査は厳しいのでしょうか。JALカードを所…

  6. クレジットカードの発行枚数を増やすには:複数枚所持のための注意点…

    クレジットカードの発行枚数は、日本国内では「2億5,979万枚」であると2014年に公表されました。…

  7. JCBカード審査難易度は高いがスコアリングとクレヒスで通過可能

    JCBは日本発唯一の国際ブランドで、JCB(一般)カードはそのJCBから発行されている、世界中で8,…

  8. クレジットカードの学生の審査はきびしいの?

    クレジットカードは学生でも作ることができるのでしょうか?その答えは、「はい、できます。」です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP