menu

sponsored link

クレジットカード審査に通らない理由とは

sponsored link

クレジットカードの審査に通らない理由はなんでしょうか。
学生さんであれば収入がなくても基本的にはクレジットカード審査は通りやすくなっています。
なぜかといいますとクレジットカード会社は「学生は将来自社のクレジットカードを利用してくれる優良顧客になる可能性が高い」と考えているからです。
クレジットカードによっては学生さんでは審査に通りにくいものもありますが、学生さんでも審査に通りやすいクレジットカードを申し込めば、一部の学生さんを除いて審査に落ちることはまずありません。それにもかかわらずクレジットカード審査に通らない場合、その理由はなんでしょう。
今回はクレジットカード審査に通らない学生さんの、その審査に通らない理由について考えてみましょう。

065d4508ddfb2a4527d7e958515cee3c_s

クレジットカード審査に通らない理由:学生の場合

前述しましたが、学生さんであれば基本的にクレジットカードの審査に通らないことはまずありません。
学生さんがクレジットカード審査に通らない場合、理由として以下の点が考えられます。

1.携帯電話本体の支払いを延滞したことがある
携帯電話本体(端末)代金の支払いを3ヶ月以上遅延してしまい、クレジットカード審査に通らないという学生さんが多いです。
携帯電話通話料金の滞納は信用情報機関に登録されませんが、携帯電話端末代の滞納、延滞は個人信用情報機関へ登録されてしまいます。3ヶ月以上滞納したり、連続で複数回滞納したりすると「異動」という事故情報が個人信用情報機関へ登録され、その後5年間は悪い信用情報が残りますのでクレジットカードの審査に通らないということになります。
携帯電話端末代金の支払いの1ヶ月以上3ヶ月未満の滞納の場合は「一時的未入金」という「異動」よりも軽い履歴が個人信用情報機関へ登録されますが、その場合でもクレジットカード審査に通らないこともあります。
ですから携帯電話を新規購入・機種変更した際に、携帯電話端末代を一括払ではなく、毎月の利用料金とあわせて分割で支払っている学生さんは注意が必要です。

2.過去にクレジットカード代金の滞納やカードローンの返済滞納がある
学生さんが2枚目、3枚目のクレジットカードを申し込んで審査に通らないのは、過去にクレジットカード料金の滞納が理由になっている可能性があります。またカードローンの滞納履歴も個人信用情報機関に記録されますので、クレジットカード会社もその情報を確認することができます。
過去に金融取引で支払い延滞があった学生さんは上記の理由でクレジットカード審査に通らないと考えてよいでしょう。

3.保証会社と契約していて家賃の滞納がある
不動産会社は個人信用情報機関の照会ができませんので、不動産に対する家賃の滞納があっても信用情報に事故情報が記録されることはなくクレジットカード審査に影響が出ることはありません。 けれども賃貸契約で信販系保証会社に加入していて家賃の滞納があった場合には信販会社の社内情報として家賃延滞の履歴が残り、その信販会社から発行されているクレジットカード審査に通らないということになります。さらに家賃の延滞で個人信用情報機関に金融事故情報(異動情報)が記録される場合もあります。

4.親権者や配偶者の信用情報に事故情報がある
クレジットカードの審査は、CICやJICCといった「個人信用情報機関」に登録されている信用情報や、クレジットカード会社に残されている過去の利用状況などが参考にされます。
過去に親権者が自己破産などの金融事故を起こしていた場合、個人信用情報機関やクレジットカード会社内に事故情報が残ってしまい、未成年の学生の場合に限りクレジットカード審査で通らないことがあります。
金融事故情報が個人信用情報機関に残っても、家族や子供がいわゆる「ブラック」扱いになってしまうわけではありませんが、クレジットカード発行のためには親権者の同意が必要ですので、同意書類からクレジットカード会社に残っている親権者の「社内ブラック情報」が見つかりクレジットカード審査に落とされることになります。

4e8ec8795ebae5f711d621b38e6d2ad9_s

5.世帯年収が少ない
学生本人に収入がなくても世帯年収のよってクレジットカードの審査をするクレジットカード会社もあります。
一般的なクレジットカードは世帯年収が200万円~300万円以上であれば審査に通過できるといわれています。クレジットカード審査に通らない理由がわからない学生さんは、ご家族の年収を確認してみましょう。

6.未成年で親権者の同意が得られていない
18歳以上であれば申込可能なクレジットカードが多いですが、未成年者(20歳未満)がクレジットカードを申し込むには親権者の同意(親の同意)が必要です。
クレジットカード会社から親権者の方に「クレジットカードの申し込みがありましたが、クレジットカード発行に同意して頂いていますか?」と電話があります。未成年の学生さんがクレジットカードの申し込みを親に伝えていなかった場合はクレジットカード発行の同意が得られずに審査に通らないことになります。

7.クレジットカードの申し込み条件を満たしていない
それぞれのクレジットカードには申し込み条件があり、クレジットカードの中には20歳以上からでないと作れないクレジットカードや、学生さんは申し込み不可のクレジットカードもあります
ゴールドカードやプラチナカードなど「ステータスカード」といわれるクレジットカードは、特に申し込み条件が厳しく設定されているため、学生では申し込むことができません。

8.短期間に複数のクレジットカードの申込みをした
1ヵ月に3社以上のクレジットカード会社に申し込んだ場合「申し込みブラック」となり、その後6ヵ月間はクレジットカード審査に通らなくなります。これはクレジットカードを悪用させないための処置であり一時的なものですので、申し込みから最大6ヶ月後には新たにクレジットカードの申し込みが可能になります。
また同時に複数のクレジットカードを申し込む「多重申込」をした場合もクレジットカード会社からクレジットカードの悪用を疑われますので、クレジットカード審査に通らない可能性が高くなります。

9.在籍確認の電話に出ていない
クレジットカードを申し込むと、クレジットカード会社から在籍確認の電話がかかってくることがあります。必ず電話がかかってくるわけではありませんが、在籍確認の電話がかかったにも関わらず電話に出ないとクレジットカード審査に通らないことになります。
クレジットカードの審査中は知らない電話番号からの電話でも出られるようにしておきましょう。

10.1人暮らしで住民票の住所移動手続きをしていない
1人暮らしをしている学生さんで住民票を移していないため登録住所が実家の住所となっている場合は、個人信用情報機関に記録されている住所とクレジットカード申し込み時の住所が異なっているため審査に通らないことがあります。 住民票を移して申し込みするか、実家の住所を記入しましょう。実家の住所で申し込んだ場合はクレジットカードの郵送先も実家になりますので注意してください。

上述の10の点のどれかに当てはまった場合、クレジットカード審査に通ることは難しいようです。
しかしクレジットカードにも審査に通りやすいものと、通りにくいものがあり、その中でも特に審査が緩いといわれている「楽天カード」や、消費者金融系カードの「アコムACマスターカード」であれば、審査通過の可能性があります。

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

学生がクレジットカード審査に通るために

たとえクレジットカード審査に落ちてしまっても、次は通過するためにできることからはじめましょう。学生さんがクレジットカード審査に通るために今後何をすればよいか順番にみていきましょう。

1.審査に通りやすいクレジットカードを利用してクレヒスを積み上げる
クレジットカード審査で重要視される項目の中に、今までクレジットカードを利用して、その利用した代金を毎月支払えているかという情報「クレジットヒストリー(クレヒス)」があります。
審査が緩いといわれるクレジットカードを発行して、クレジットヒストリーを半年~1年以上積み重ねてからクレジットカード審査に再チャレンジしてみましょう

2.支払いの延滞・遅延をしないこと
毎月の支払額は経済的に余裕のある金額にすることを強くおすすめします。
学生のうちから支払いの延滞・遅延を繰り返していると、個人信用情報機関に記録されている信用情報に事故情報が登録され、その事故情報がCICという個人信用情報機関で5年間は記録されますので、社会人になって新しいクレジットカードを作りたいと思っても、クレジットカード審査に通らないことになります。
社会人になると買い物の金額も高くなりますし、クレジットカードを利用する機会も増えますので、学生向けの限度額が低いクレジットカードでは、すぐに限度額がいっぱいになってしまうでしょう。
社会人になり自分の希望するクレジットカードを問題なく所持するために、金融事故を起こさず良い信用情報を作っていくという考え方でクレジットカードを利用しましょう。

VISAとMasterCardのどっちを選ぶ?国際ブランドを理解しよう

銀行カードローンはアルバイト学生は利用可能:おすすめ銀行のカードローンについて


sponsored link

関連記事

  1. ANAカードのマイルの使い方:もっともお得な使い方について

    ANAカードで貯めたマイルの使い方は人それぞれだと思います。特典航空券に交換するという人もい…

  2. ANAカードの年会費が割引に:お得なANAカードでマイルを貯める…

    ANAカードの年会費は一般的に高いです。このANAカードの年会費が割引できたら、さらにお得にマイルを…

  3. JALカードでwaonをチャージする一番お得な方法について

    JALカードでWAONをチャージすると、どんな点でお得なのでしょうか。今回はJALカードでWAO…

  4. JCBカード審査難易度は高いがスコアリングとクレヒスで通過可能

    JCBは日本発唯一の国際ブランドで、JCB(一般)カードはそのJCBから発行されている、世界中で8,…

  5. セディナカード 解約時注意点まとめ

    セディナカードを利用していたけれども、今後利用することがないので解約したい、セディナカードを作ってみ…

  6. 学生向けクレジットカード比較:おすすめ学生カード決定版!

    学生向けクレジットカードを比較して、おすすめできる学生向けクレジットカードをまとめました。また学生向…

  7. JCBカードの審査期間およびクレジットカードの審査から発行までの…

    JCBカードの審査期間はどのくらいなのでしょう?JCBカードの入会申し込みをしたら、審査を通過するに…

  8. クレジットカード還元率比較:最新版

    クレジットカードの還元率をご存知ですか。クレジットカードを利用するとその利用代金に応じてポイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP