menu

sponsored link

クレジットカードの学生の審査はきびしいの?

sponsored link

クレジットカードは学生でも作ることができるのでしょうか?
その答えは、「はい、できます。」です。
クレジットカードは学生でも作ることができます。
実は学生向けクレジットカードというものを発行しているクレジット会社が多数あります。
ただし学生向けクレジットカードを学生が作る場合、多少の制約があります。
61c0d0f0a407f67aa537645c45accf85_s

学生向けクレジットカードを作る場合、どんな制約があるの?

学生向けクレジットカードを作れるのは一般的に高校生を除く、大学生、短大生、大学院生、専門学校生、などです。
学生向けクレジットカードは18歳から25歳くらいの方を対象にしたクレジットカードで、学生以外の人は作ることができません。
以下に分かりやすくまとめてみました。

【大学生】作れます。大学名に関係なく学生向けクレジットカードを作ることができます。
【専門学校生】作れます。専門学校生なら学生向けクレジットカードを作ることができます。
【短大生】作れます。短大生なら学生向けクレジットカードを作ることができます。
【大学院生】作れます。大学院生でも学生向けクレジットカードを作ることはできますが、学生向けクレジットカードによっては年齢制限があるため作れない場合もあります。
【高校生】作れません。高校生は原則、18歳でも19歳でも学生向けクレジットカードを作ることはできません。
【高専生】作れることもあります。4年制や5年制の高専生であれば、18歳以上に限って学生向けクレジットカードが作れることもあります。
【中学生】作れません。中学生は学生向けクレジットカードを作ることができません。
以上のように、中学生や高校生といった18歳未満の人は、学生向けクレジットカードを作ることができません。
同様に18歳であっても高校生では学生向けクレジットカード作ることが出来ない点も注意してください。(留年した19歳の高校生でも高校生であるので、学生向けクレジットカードを作ることはできません)

4年制や5年制の高専生(高校専門学校生)である場合、18歳以上であれば学生向けのクレジットカードが作れることもあるようです。高専生の人でクレジットカードを作りたい場合は、各クレジットカード会社まで問い合わせをしてください。
学生向けクレジットカードと似たものに、25歳以下の人限定など年齢制限を設けたクレジットカードもありますが、基本的には同じ種類のクレジットカードです。

42aef1ba0c1fd49ee69bd4d65208bc54_s

学生向けクレジットカードの申込時に何が必要?

学生向けクレジットカードを申し込む場合、まずは学生向けクレジットカードの申込書が必要です。
その学生向けクレジットカードの申込書に書かなければならない情報を挙げてみましょう。

学生が学生向けクレジットカードを作るときには、就職をしていないつまり職場がありませんので、
一般的な社会人がクレジットカードの申込書に通常記入する職場の情報の代わりに以下の情報を書くことになります。

▶学生向けクレジットカードの申込書に必ず記入する項目
学校名
学年
卒業年月日
年収(アルバイト)
親権者・実家の住所
親権者・実家の電話番号

※年収はアルバイトの収入を記入する欄があり、そこには実際のアルバイトの収入を書き込めば大丈夫です。アルバイトをしていない場合収入がないのであればは0と記入すれば大丈夫です。

▶学生向けクレジットカードの申込書に記入する場合もある項目
キャッシング状況(現在お金を借りているかの状況)
親の同意

※キャッシング状況は、学生であっても学生ローンなどで借りている場合は必ず記入して下さい。
※親の同意については18歳以上20歳未満の学生の場合は送られてくる書類に親権者の同意欄があるので、そこへの親権者のサインが必要です。
9449c9fc9591d907840026ec04838676_s

クレジットカードの学生の審査って、きびしいの?

学生向けクレジットカードを作りたいけれども、クレジットカード会社の審査に通るかどうか不安という人もいるかもしれません。
しかし大学生や専門学校生の申し込む学生向けクレジットカードの審査はかなりゆるく、クレジットカードをまだ一枚も作ったことがないという学生であれば、審査で落ちることはまずありません。そのくらい学生向けクレジットカードを作るのは簡単です。

学生向けクレジットカードの審査がなぜ簡単なのかといいますと、
クレジットカード会社は、学生であれば保護者から資金援助を受けている人がほとんどで、クレジットカードを発行して、もしその学生がクレジットカードの利用代金を支払わなかったとしても、保護者からクレジットカードの利用代金を回収できると考えているからです。
またクレジットカード会社は、学生に自社のクレジットカードを利用してもらい、将来学生が社会人になったときにそのままそのクレジットカードを利用し続けて優良な顧客になってくれるかもしれない、学生向けクレジットカードを利用する学生が多ければ多いほど将来的に自社の利益に繋がるので1枚でも多く発行したい、と考えているからのようです。
クレジットカードを社会人になってから申し込む場合、一般のクレジットカード審査基準が適用されるますが、学生の間にクレジットカードを申し込むと、学生向けのクレジットカードの審査基準が適用されます。つまり、クレジットカードを申し込む場合、学生の間である方がクレジットカードの審査基準がゆるいわけです。
学生向けクレジットカードの申し込みの審査で、学生であれば年収(アルバイトの収入一年分です)などの審査はそれほど厳しくないです。クレジットカード会社は学生に自社のクレジットカードを利用してもらいたいのは確実です。名前や年収(収入)など必要項目を偽りなく正確に記入することだけを注意してください。
ただ、まれに審査に落ちることもあります。それは、親権者の信頼情報によってクレジットカードが発行されないという場合です。また他にクレジットカードの審査に落ちる原因としては、過去のケータイ料金の延滞などがあげられます。
24fc3f662caf4ff0bdd7f61947be8baa_s

学生向けクレジットカードにはたくさんのメリットがあります!

学生向けクレジットカードの利用限度額は、一般的なクレジットカードのクレジットカード利用限度額より低めの10万円~30万円で設定されています。しかしクレジットカードの利用限度額こそ低いものの、クレジットカード会社としては、できるだけ多くの大学生や専門学校生に自社のクレジットカードを利用してもらいたいという気持ちがあるため、学生向けのクレジットカードには一般のクレジットカードにはないたくさんのメリットが設けられています。
例えばクレジットカードの利用ポイントが常に2倍であるとか、クレジットカードの海外での利用でキャッシュバックがあるとか、学生はクレジットカードの年会費が無料であるとか、学生の間にクレジットカードを作っておくと社会人になって一般のクレジットカードを作ったときには受けられない様々な特典を得ることができるので、かなりお得です。

学生向けクレジットカードの審査に落ちるのではないかと思って躊躇している人は思い切って申し込んでみて下さい。そして学生の間だけ享受できる学生向けクレジットカードの特典を十分に活用してはいかがでしょうか?

クレジットカードの還元率とは?

クレジットカードの作り方、銀行のクレジットカードって?


sponsored link

関連記事

  1. クレジットカードの学生の審査では何を審査されるの?

    クレジットカードを学生さんが申し込むと具体的にどのような審査がされるのでしょうか。社会人と比較し…

  2. クレジットカードの作り方、銀行のクレジットカードって?

    クレジットカードには種類があることを知っていますか?あなたが今お手持ちのクレジットカードは、どこ…

  3. セディナカード 解約時注意点まとめ

    セディナカードを利用していたけれども、今後利用することがないので解約したい、セディナカードを作ってみ…

  4. クレジットカードの作り方:決定版

    クレジットカードを作りたいけれど、クレジットカードってどんな作り方をするの?新規にクレジットカードの…

  5. UFJニコスの学生向けクレジットカード:MUFGカードIniti…

    三菱UFJニコスから発行されている学生向けクレジットカードについてみていきましょう。三菱UFJニ…

  6. 銀行カードローンは学生でも利用できるか?

    銀行のカードローンは学生でも利用できるのでしょうか。今回は、銀行のカードローンの学生の利用方法、…

  7. クレカの学生の審査は緩い?学生は何を審査されるか及び審査通過する…

    クレカの学生対象の審査は緩いと言われていますが、本当のところはどうでしょうか。またクレカを学生が申し…

  8. アメリカンエキスプレスの審査は厳しいの?

    アメリカンエキスプレスカードの審査は厳しいのでしょうか。仕事も収入も安定して年齢も重ねてきた方は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP