menu

sponsored link

キャッシング返済方法:これを知らないと後悔する!

sponsored link

キャッシングとは、クレジットカードやキャッシングカードを利用して、消費者金融の窓口やATM、キャッシュディスペンサーなどからお金を借りることです。
キャッシングとともに「カードローン」という言葉もよく聞きます。この「カードローン」もお金を借りるという点でキャッシングと同しです。キャッシングもカードローンも急きょお金が必要になったときには便利なサービスですが、支払い方法に違いがあります。

キャッシングとカードローンの違いは支払い方法
キャッシングの返済は一括払い
カードローンの返済は分割払い
キャッシングやカードローンは、どちらも事前に審査を受けてカードを作っておけば、必要なときにいつでも利用できます。
キャッシングとカードローンには以上のような違いがありますが、現在ではカードローンのこともキャッシングと呼んだり、分割払いでもキャッシングと呼んだり広義でお金を借りることすべてがキャッシングと呼ばれているようです。

7fd4a04c231d6b7a828e69bebedaa7e5_s

キャッシングの返済方法について

お金を借りる時には一生懸命でも、お金を返す時には必死にはなりません。けれどもが気づかない間に借金は大変なことになっているかもしれません。
「毎月きちんと返済しているのに、なかなか借金が減らない」そんなことがないでしょうか。キャッシングの返済方法のポイントが分かっていれば、自分の知らない間に損をしたり、生活が破たんしたりするような事態を防ぐことができます。
今回はキャッシングの返済方法と、キャッシングの返済方法で注意するべきポイントをまとめてみました。当たり前のことも書きますが、とても大事なことですのでぜひ目を通してみてください。

1.とにかく1日でも早く返済する・一括返済が理想
キャッシングで借りたお金は1日でも早く返済しましょう。できれば一括返済が理想です。お金を借りている期間が長くなるほど支払わなければならない金額が大きくなります。例えば、50万円を年利18%で1年間借りると、利息は9万円になります。50万円は自分が必要だったお金ですが、9万円は自分で使えるわけでもないのに返済しなければならないお金です。利息が増えることがいかに勿体ないのかが分かります。
返済期間が短ければ利息は少なくてすみます。年利18%で借りた50万円を1ヶ月で返済すれば、利息は7千円くらいで済みます。また返済が2回以内なら利息なしという金融会社もあります。
早く返済するために、借りる時に返済期間が長くならないよう注意しましょう。分割回数を多くしすぎたり、リボ払いで月々の支払額を低くおさえすぎたりすると、返済期間が長くなります。
また金銭的な余裕がある時には繰り上げ返済や一括返済をするなどして、少しでも元本を減らすようにしましょう。特に消費者金融に多い日割り計算の場合は1日でも早く返済すると支払う利息もその分少なくてすみます。

2.キャッシングの「見える化」をする
キャッシングを利用してお金を借りている人の中で、月々の返済額・支払い利息額・借入残高・完済予定日などを正確に把握している人はどのくらいいるでしょう。
実は借金に苦しむ人のほとんどが、自分の正確なキャッシング金額や利息の金額、完済するまでの期間をよく分かっていません。そのために借金を重ねたり、返済期間が長期化してしまうことになります。毎月きちんと支払っているから大丈夫だと思っていたのに、実は利息を払っていただけで元金は減っていなかった、ということもあります。
そんな状態になるのを防ぐには、キャッシングの明細を常に確認しておくことです。キャッシングをするとキャッシングの明細がもらえます。(貰えない場合は金融会社に請求しましょう)この明細の「借入金額」「返済額」「元金残高」は必ず確認しましょう。そうすれば借金がどのくらい減っているのかはっきり分かりますし、どのくらいで完済できるのかも予測できます。

3.おまとめローンで借金を一本化する
キャッシングしたら明細の管理が大切ですが、キャッシングの借り入れ先が複数になるとそれもなかなか大変です。返済日や支払方法も違えば、精神的にも落ち着きませんね。
別々の金融業者からの借り入れを一本化できるのがおまとめローンです。基本的に借入金額が大きいほど金利は下がりますので、複数件のキャッシングをひとつにすることで金利が低くなることをねらいます。
ただし、現在の金利よりも低くならないと意味がありません。18%と25%の金利のキャッシングを29%にまとめたら、逆に損をします。また借金を一本化したい人をねらった悪徳業者も存在しますので、金利の仕組みや金融業者の実態などをよくチェックしてから利用しましょう。

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

4.返済の延滞をしない
キャッシング返済日に支払いを怠ると、どういうことになるのでしょうか。
まず返済が遅れた分の遅延損害金を請求されます。遅延損害金利率は各金融会社によってまちまちですが、実質年率の1.46倍以内なら設定しても良いことになっています。また融資枠が減らされる可能性があります。
さらにキャッシングの返済を長期間放置した場合、遅延の記録が金融業界のデータベースに記録されます。1ヶ月たつと金融機関のデータベースに、3ヶ月延滞すると個人信用情報機関に情報が共有されます。金融機関からの信用を失うと、その後新たなキャッシングは難しくなります。
ですから、どうしても支払えない理由がある時には、その旨を金融会社に電話などで伝えておきましょう。催促があってから説明するのとでは印象がまったく違います。

5.返済をスムーズにするための工夫
キャッシングの返済を延滞せずに、できるだけ早く返済するにはどうしたら良いのでしょうか。
まずは、キャッシングの支払を自動振り込みや引落しなど強制的に返済されるようにしておきましょう。自分で銀行やATMまで出向いて返済するより手間も時間もかからず確実です。ただし口座にお金がないと「延滞・遅滞」になりますので、忘れずにお金は口座に入れておきましょう。
また「うっかり」返済が遅れてしまう人が多いですので、いつも使っているカレンダーに返済日を記入するなど忘れないように工夫しましょう。最近では大手や中堅の金融業者であれば返済日を知らせてくれるメールサービスをおこなっているところもあります。またキャッシングの返済は月々の引落しのほかに、好きな時にATMで追加返済できたり、インターネットバンキングが使えるなど、キャッシングの返済自由度が上がっています。これらのサービスを利用して、なるべく早く返済する習慣をつけましょう。

6.リボ払いはできれば利用しない
リボ払いはカードローンやクレジットカードのキャッシング、消費者金融サービスでの一般的な返済方法です。毎月の支払いを一定額にできることと、限度額の範囲内であれば何度でも借りられることがメリットです。
リボ払いはキャッシング返済の負担が軽くて便利な方法ですが、実は以下のような落とし穴があります。

・返済期間が長期化する
・借金をしている意識が薄くなる
月々の支払い金額が少なければ少ないほど返済期間は長期になります。返済期間が長期化するれば余分な金利を払わなければなりません。また月々の返済金額が少ないので、負担が軽いと錯覚してしまいます。
リボ払いはできるだけ月々の返済額をあまり低額にし過ぎないようにして、金銭的な余裕のある時には追加返済、返済額アップ、一括返済などにまわすようにしましょう。

31c920a05854c5cfcf4f91ab17658b26_s

7.どうしても返済できなくなった場合
キャッシングの借入額が大きくなりすぎて、どうやっても返済できそうにない状態になったら、債務整理で借金を整理することできます。借金整理というと「自己破産」を想像しますが、債務整理にはそれ以外にも方法があります。

主な債務整理方法は以下の4つです。

<特定調停>
簡易裁判所に債権者との間に入ってもらい、借入額の減額や返済方法の変更を話し合います。専門家を通さず自分で申請でき、申し立て費用も1社につき1,000円と安く済みます。

<任意整理>
弁護士や司法書士に依頼して、借入額の減額や返済方法の変更を債権者と交渉してもらいます。弁護士費用が必要ですが、うまくいけば借金が半分になるとか、完全になくなるという成果もあります。

<個人再生>
住宅ローン以外の借金を3年で返済する計画を立てて、裁判所から認められれば残りは免除されます。最大元本を10分の1まで減らす個とができます。自己破産と違い自宅を手放す必要がなく、職業上の制限もありません。

<自己破産>
裁判所に申し立てをおこない、借金の返済を免除してもらいます。他の方法ではどうにも返済できない場合に選択します。ただし所持している不動産や株式などの資産はすべて処分されますし、一定期間特定の職業につくことはできず、ローンやクレジットは使えなくなります。

特定調停、任意整理、個人再生は、借金を減額して現実的に返済できる計画に立てなおす方法です。自己破産は一定の制限を受けることで借金を免除され、生活の再建をはかる方法です。
債務整理の申請をおこなうと、金融業者は債務者に取り立てをしてはいけないことになっています。自己破産しない限り返済義務は残りますが、精神的にも金銭的にもずいぶん楽になるでしょう。借金に追い詰められても、解決する道があることを知っておきましょう。

クレジットカード:審査に通りやすいクレジットカードについて

JALカードのマイルを確認する:確認方法まとめ


sponsored link

関連記事

  1. ビザの商品券「VJAギフトカード」はどこで使う?コンビニで利用可…

    ビザの商品券はどこで使えるのでしょうか。今回はビザの商品券の基本情報についてまとめました。またコ…

  2. クレジットカードで学生でもキャッシングできるか:キャッシング可能…

    クレジットカードで学生はキャッシングできるのでしょうか。クレジットカードには、ショッピッグ機能と…

  3. クレジットカードのセキュリティコードは教えていいの?

    クレジットカードは、現在の日本で、多くの有名企業からその会社独自のものが発行されています。ま…

  4. 楽天カードのキャッシングは学生は利用できない!学生が利用可能なキ…

    楽天カードのキャッシングは学生は利用できない楽天カードは学生でも申し込み可能なクレジット…

  5. イオンカード:ときめきポイントとwaonの違いとは?

    イオンカードの「ときめきポイント」WAONカードの「WAON」「WAONポイント」とは、いったい何が…

  6. クレジットカードでTポイントを貯める:Tポイントが貯まるおすすめ…

    Tポイントとは、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の共通ポイントのことです。「Tポイント」…

  7. 18歳ではカードローンを利用できない!学生ローンまたはクレジット…

    18歳の人はカードローンを利用できるのでしょうか。18歳ではカードローンを利用できないカード…

  8. 楽天カードで学生はキャッシングできるか?

    楽天カードで学生はキャッシングができるのでしょうか。結論からいえば、楽天カードでは学生はキャッシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP