menu

sponsored link

カードローンの審査基準は学生には厳しいか?カードローン審査を有利にする方法とは

sponsored link

カードローンを利用する前に知っておきたい学生の審査基準についてまとめました。
学生でもカードローンを利用できるのでしょうか?
カードローンは一般的に20歳以上で安定した収入があれば、学生でも申込みすることができます。
学生がカードローンを申込む場合、学生なので審査が厳しくなったりすることがあるのでしょうか。
今回はカードローンの申し込みをしたい学生の審査基準について調べてみました。

カードローンを学生でも申込めるか

カードローンは一般的な申込資格は「20歳以上で安定収入のある方」とされています。ですから、学生さんでもカードローンの申込みは可能です。カードローンの申込資格は各金融業者によって異なっています。年齢/安定した収入以外の申込資格が設定されている場合には、その条件も満たす必要があります。
【未成年の学生は申込可能か】
カードローンの申込資格は「20歳以上」ですので18~19歳の未成年の学生は申込みできないことになりますが、実際はどうなのでしょうか。
民法により、基本的に未成年者の契約行為は認められていません(親の同意がある場合を除く)。銀行や消費者金融業者が未成年にお金を貸しても、親権者から契約取消しの申し出があれば契約は無効になり、お金を回収できなくなってしまいます。ですから銀行や消費者金融業者は「未成年は申込み不可」としています。
一方18歳以上で、親権者の承認を得られれば申込み可能な金融業者もあります。実際にカードローンの契約をする場合には親権者に連帯保証人になってもらい、万が一、本人(学生)が返済できないときは親権者に請求することになります。

07c47fd8d6cc0a893a5082c477c785e8_s

カードローンはアルバイトをしていないと申込めないか

定収入がある学生さんといえば、ほとんどがアルバイトであると思います。
では、カードローンはアルバイトをしていなかったら申込めないのでしょうか。
アルバイトをしていない学生さんは、返済財源がないとみなされます。ですから仮にカードローンの申込みをしたとしても審査に通りません。
一方、アルバイトをしていなくてもカードローンを申込める金融業者もあります。
親の仕送りなどで年間に300万円以上受け取っていればアルバイトをしていない学生さんでのカードローンの申込みは可能です。その場合、両親どちらかの勤務先や年収を申告してもらい、その申告内容でカードローンの審査をすることになります。
【仕送りは安定収入とみなされるか】
親元から離れて暮らしている学生さんは、仕送りをもらっていることと思います。
では仕送りは「安定収入」とみなされるのでしょうか。仕送りは、どの金融業者でも安定収入とはみなしません。しかし、一部の金融業者は仕送りの金額をカードローンの貸付の参考にしているようです。つまり仕送りを安定収入とみなすことはありませんが、返済能力には関係するので金額を確認し、利用限度額を決める際の参考としています。

810593401bba9ebdccbc270e0363a5d0_s

カードローンの申し込みには親の同意が必要か

カードローンの申し込みには学生さんであっても基本的に、成人していれば親の同意は必要ありません。成人していれば、親の承認なくお金を借りることができます。
ただし、一部の金融業者はカードローンの申し込み者が学生の場合、親の同意を必要とします。カードローンの申込みの段階で、学生であれば親権者の同意書が必要な場合もあります。

【親の連絡先を伝える必要があるか】
これはあくまで、返済が滞ったときのためです。
返済が滞り、なおかつ本人と連絡が取れない場合、親に連絡することもあります。
返済が滞るなど、万が一に備えて親の連絡先を聞いているだけです。基本的に、親に借金のことを話すことはありません。
連絡先が本人の電話のみだと、引越しした場合に所在確認が難しくなるので、必ず親の連絡先を聞きます。

【親を保証人にする必要があるか】
カードローンは原則として保証人は不要です。しかし申込者が未成年、安定した収入がない、もしくは学生の場合は親に連帯保証人となってもらう必要のある金融業者もあります。
またローンやクレジットカード(金融業者の種類問わず)で300万円以上の借入れがある場合には、親に連帯保証人となってもらう場合があります。

カードローンの一般的な審査基準について

以下は一般的な「カードローン審査に落ちる条件」です。
下記に当てはまる項目が場合は、学生であるかどうかにかかわらずカードローンの審査に落ちる可能性が高いでしょう。
1.過去に金融事故を起こしている
2.過去に、ローンやクレジットカード等の支払いを延滞した経験がある
3.他社での借入金額・借入件数が多い
4.直近で他社のカードローンにも申込みしている
5.安定した収入がない(月1回以上の収入がない)
6.反社会勢力の関係会社や、水商売・風俗業で働いている
7.勤続期間が短い
8.家賃や住宅ローンの負担が大きい
9.在籍確認の結果在籍していないことがわかった、もしくは在籍しているかわからなかった

金融事故とは、長期にわたる支払い延滞や債務整理などのトラブルのことです。長期延滞は、ローンやクレジットカード等の支払いを2ヶ月以上滞らせている状態です。債務整理とは、法律のもとにローンやクレジットカード等の支払いを減額する手続きのことです。

記事中の「ローン」にはあらゆるローンが含まれます。キャッシング(クレジットカードのキャッシング含む)やカードローンはもちろん、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、フリーローン、その他目的別ローン、奨学金、携帯電話の分割払いなどです。金融業者の種類も問いません。銀行・信金のローンも、クレジットカード会社のローンも、消費者金融のローンも含まれます。

学生はカードローン審査基準が厳しくなるか

学生の場合、一般の社会人よりもカードローンの審査基準が厳しくなることもあります。
学生の場合、その親が金融事故を起こしていたらカードローン審査に通らないこともあります。通常は、本人以外の金融事故がカードローン審査に影響することはありませんが、審査通過させない金融業者もあります。
以下は学生がカードローン審査に落ちる条件です。
1.他にローンを借りている時点でカードローン審査には通らない(ただし携帯端末の分割払いはOK)
2.過去1年間でクレジットカードやローンの支払いを1週間以上延滞した
3.月収5万円以上ない(少なくても月収5~8万円は必要)
このように、学生さんのカードローンの審査基準が厳しくなるところもあります。

【学生も在籍確認は必須か】
在籍確認とは、カードローン申込者が申込書に「勤務先」として記した企業に、本当に勤めているかを確認する作業です。
カードローン審査では必ず行われますので、学生さんの場合も例外ではありません。在籍確認をすれば実際に働いているかどうかを確かめられます。
在籍確認の方法は、大きく分けて2つです。
・金融業者の審査担当者が勤務先(アルバイト先)に電話して確認する
・カードローン申込者が、在籍を証明できる書類(給与明細/源泉徴収票/給与受取口座の通帳など)を提出する

8c2a999b6377160a595058e3e1085ec7_s

学生がカードローン審査を有利にする方法について

カードローンの学生の審査が有利になるポイントには、どんなものがあるでしょうか。
学生さんであれば一人暮らしより実家暮らしのほうが有利になります。実家暮らしであれば所在が確認しやすいし、家賃や食費といった支出が少なくてすみます。さらに「居住年数が長い」「住宅ローン完済済み」などの条件が重なると、一層有利になります。
その他のポイントを下記にまとめました。
・アルバイトの勤続期間が1年以上
・カードローンの申込みをするのが初めて
・カードローンの申し込み理由が「旅行代金」「資格取得の費用」など明確で健全な場合
・卒業間近の大学4年生で社会人になる日が近い
・クレジットカードやローンの契約件数が計5件未満
・親権者に安定した収入がある

カードローン審査で不利になるのはどんな学生か
では反対にカードローン審査で不利になる学生はどんな人でしょうか。
・留年している
・携帯電話料金、公共料金、家賃を滞納・支払い延滞している。
特に支払いの延滞履歴がある場合はカードローンの審査基準を満たしませんので、日ごろから支払いは期日を守って確実に行っておきましょう。

信用情報に記録がない学生はカードローン審査が不利になるか
信用情報とはクレジットカードやローンなどの利用状況の記録のことです。カードローン審査では、金融業者は申込者の信用情報を必ず調べます。そして「過去に金融事故を起こしていないか」「他からお金を借りすぎていないか」を確認し、カードローン審査基準を満たしているかどうかの参考にします。
以下の条件にすべてあてはまる場合には自身の信用情報に一切記録がない可能性があります。
・これまでに一度もクレジットカードやローンを利用したことがない(申込みしたこともない)
・携帯電話を分割で購入したことがない
・奨学金を利用していない
信用情報に一切記録がないこは「スーパーホワイト」と呼ばれ、一般にスーパーホワイトはクレジットカードやカードローン審査に不利といわれています。しかし、カードローン申込者が学生の場合はまったく問題はありません。
学生は信用情報の記録が当然であり、むしろ記録がないほうがカードローン審査には有利になります。これまでローンやクレジットカードを利用したことがなかったとしても、学生であればカードローン審査基準を満たしていることになります。

クレジットカードは学生が卒業したらどうなるか?登録情報を変更していっそう便利にカードを使う

イオンカードは学生にもおすすめ:学生のイオンカード申込条件・審査基準まとめ


sponsored link

関連記事

  1. 大学生がゴールドカードを作る:大学生におすすめのゴールドカードに…

    大学生でもゴールドカードを所持することができるのでしょうか。クレジットカードの中には、一般カード…

  2. 大学生はお金を借りることができるか?

    大学生はお金を借りることができるのでしょうか。大学生の方がお金を借りたい場合、20歳以上で何かア…

  3. エポスカードのポイントの使い方:貯まったエポスポイントを現金とし…

    エポスカードとはマルイのクレジットカードで、マルイやVISA提携のお店で利用できます。マルイや他の店…

  4. ANAカードの年会費が高いと思っている方へ:ANAカードの年会費…

    ANAカードの年会費は高いと思っている方が多いようです。ただANAマイルを貯めるためにはANAカード…

  5. JCBギフトカードはコンビニで使うことができる?

    JCBギフトカードは、スーパー、百貨店、飲食店など全国50万店以上のさまざまな場所で、現金と同じよう…

  6. クレジットカードの審査は学生にやさしい:学生にお得なクレジットカ…

    クレジットカード審査は学生には学生は緩いといわれていますが、ほんとうのところはどうでしょう。クレ…

  7. イオンカーを解約したい:解約問い合わせ先まとめ

    イオンカードは、イオンやマックスバリュ、ビブレなどのイオン系列店を利用するのに特典が満載のクレジット…

  8. クレジットカード:学生におすすめのゆうちょ銀行のクレジットカード…

    クレジットカードの中で学生におすすめの「ゆうちょのクレジットカード」にはどんなものがあるのでしょうか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP