menu

sponsored link

カードローンの一括返済について:方法およびメリットまとめ

sponsored link

b835e3eb7f6b3e526a61a4b6c762eb2a_s

カードローンの一括返済とは、カードローンで借りたお金を全額一度に返すことです。通常、カードローンでお金を借りた場合、毎月分割して支払っていきますが、それを一度に支払ってしまうというものです。
カードローンでお金を借りて最初の返済日に全額払うのも一括返済です。また何回か支払った後に残りのお金を一度に支払うのも一括返済です。
なおカードローンの支払い残金が1か月分の場合は「完済」になりますので「一括返済」ではありません。
カードローンの一括返済はボーナスなどのまとまった収入があったときに、借りたお金を全額返済する方法の他に、「おまとめローン」を使って一括返済する方法もあります。

最近では、カードローンで一括返済の予定でお金を借りたあと、リボ払い(分割払い)に変更する逆のパターンもできるようになりました。
「1回払いでお金を借りたけれど、来月は予定が変わって全額返済できない」といったときに便利なシステムです。
カードローンの一括返済をリボ払い(分割払い)に変更するのは、ほとんどのカードローン取り扱い金融機関で採用されていて、インターネットサイトから自分で簡単に変更することがきます。

お金を借りると、必ず金利を支払わなければなりません。カードローンの一括返済をすると、後々つく予定だった金利を支払わなくて済すますので、まとまったお金ができたときには一括返済をするほうがいいでしょう。

77dc8772d9b5cf7342d2a0325680e2be_s

カードローンの一括返済のメリットについて

カードローンを返済するときは、何よりも金利を考慮したいものです。早くお金を返すことで利息が安くなることは基本です。カードローンにはいくつかの返済方法がありますが、最も金利が安くなるのは一括返済です。

カードローンでお金を借りて最初の返済日になった時に、一括返済ですべての金額を返済することができれば借入期間が短いので利息が安くなります。しかしながら、実際のところは借入金額が大きかったり、収入に余裕がないこともあるりますので、そうそう簡単に一括返済で完済することは難しいでしょう。

カードローンを一括返済するためには結局お金が必要ですので、いかにして返済額を準備するのかがポイントです。最も簡単な方法はボーナスなどの臨時収入を支払いに充てることです。大きな収入の見込みがあるときは、そのタイミングに合わせて一括返済をしましょう。また、このように臨時収入で一括返済するとき、返済日まで待って返済日に支払うよりも、1日あたりの利息を考慮するなら任意返済から一括返済した方が利息は安くなります。
※任意返済というのは返済日とは別に返済することです。任意返済をしても支払い残金が残っているなら返済日に支払いをしなければなりません。
任意返済の方法はATMから支払いをするか、インターネットから支払いをするのが便利です。店頭窓口でも支払いをすることができる会社もあります。
カードローンで金利を少しでも低く抑えたい場合は、カードローンの利用後少しでも早い時期に一括返済することが効果的です。利息は1日でも早く元金が減ることで安くなりますし、返済期間が短くなることで安くなります。ですからカードローンの返済で、どこかで一括返済するにしても、その一括返済する時までに少しでも借金の元金を減らしておくことも大事です。カードローンの返済は工夫をすることで、利息を安くすることができますので、返済計画をしっかりと立てておきましょう。

カードローンで一括返済する方法について

カードローンを一括返済すると、利息の分も含めて返済総額が少なくなります。近年銀行系カードローンの金利はかなり安くなってきていますが、金利がつくことには変わりませんので、金利を最小限にできればそれに越したことはありません。
カードローンの一括返済で返済する金額は、現在借りているお金と、返済する日までの金利を合計した金額になります。
カードローンの一括返済の方法は金融機関よって異なりますが、返済するお金が用意できたら、まず金融会社に電話をしてカードローンの一括返済の意思を伝えましょう。
カードローンを一括返済は、通常であれば金額を確認の上、銀行振込で返済しますが、会社によってはATMで入金できるところもあります。
カードローンをの一括返済がATMでできる場合は、ATMで支払残高を確認して、そのまま全額入金すれば一括返済は完了です。

「おまとめローン」について
複数のカードローンを利用している場合は「おまとめローン」と呼ばれるローンを利用して一括返済する方法があります。
複数の金融会社からの借り入れの総額を、1つの金融会社からいったん借りて全部返済してしまって、1つの金融会社だけに月々返済していく方法です。
「おまとめローン」の場合、借金がなくなるわけではありませんが、金融会社によって金利が異なって、個別に手数料などを取られていたりいますので、返済先を1社に絞り込むことは結果的に総支払金額を減らすことができます。

カードローンの一括返済の注意点
カードローンで借りたお金を一括返済すると、どの程度金利が抑えられるかというと、かなり金利が減るのは間違いありません。だからといって無理をして一括返済してしまえば、後々生活費が足りなくなり再度借り入れをするという、本末転倒なことが起こりうるので無理をして一括返済するべきではありません。お金に余裕があるときにだけ一括返済をしましょう。

カードローンを一括返済すると金利がどのくらい抑えられるかですが、基本的に抑えられる金利というのは借りた金額によります。銀行系カードローンでは年利15%の場合が多いですが、この場合10万円の借り入れ金額であれば1年間で1万5千円の利息を支払わないといけません。これを最後の3ヶ月だけ早めるようなことができれば、単純計算をすればおよそ3000円ほど金利の支払いを減らすことができます。
金利は日割り計算ですので1日数十円程度の金利が必ずかかっています。ですから1日でも早く完済すれば、数十円かも知れませんがその金利分の数十円を節約することができます。しかし積もり積もって数千円になるのであればかなり大きな金額ですが、逆に言えばその程度のお金を節約するために、無理をしてまで一括返済をする必要はないとも言えるでしょう。
カードローンを一括返済で完済してしまった場合金利分のお金を節約できたかもしれませんが、生活費などが足らなくなり、新たに借り入れをすれば、その分の返済をする必要がでてきます。新たにお金を借りなくていいようなレベルで一括返済をするように考えましょう。

f7f5b957a0796d1f27c3f6a25d5b4784_s

まとめ及びカードローン利用の注意点について

カードローンの一括返済とは、カードローンで借りたお金を全額一度に返すことです。カードローンを一括返済すると、利息の分も含めて返済総額が少なくなります。1日でも早く完済すれば、利息分のお金を節約することができます。
カードローンを一括返済で完済してしまった場合、利息分のお金を節約できるかもしれませんが、生活費などが足らなくなり、新たに借り入れをすれることは本末転倒ですので、新たにお金を借りなくてすむ、無理をしない程度で一括返済をするように考えましょう。

カードローンは「とにかく手軽で便利」です。ローンカードの発行には数日かかることが多いですが、その後の「借りる」「返す」は本当に簡単です。ローンカードを持って近所のコンビニに行けば、ATM手数料無料でいつでもお金を借りることができます。
また、どれだけ返済残高があるのか、利息はいくらになっているのか、今後の返済スケジュールはどうなのかなど、インターネットですぐに確認することもできます。返済も、毎月の口座引き落としの他に任意返済やATMからの返済、振込による返済もできます。
ただし、カードローンの「手軽さや便利さ」が「安易な利用」につながることもありますので、カードローンを正しく利用することが大切です。返済が進んでいないのにカードローンの借り入れを繰り返し、「ローン依存の生活」になることは避けましょう。
「インターネットで常に支払い残高を確認したり、利用は月○万円まで、完済してから次の利用をする」など、自分なりのカードローンの利用ルールを決めるとよいでしょう。

ライフカードの保険:学生用カード海外旅行保険まとめ

イオンカードのゴールドカードのメリット:年会無料で特典満載!


sponsored link

関連記事

  1. クレジットカードの還元率について:高還元率カードはこんなにお得!…

    クレジットカードをお得に利用するためには、ポイントの還元率は重要です。クレジットカードで…

  2. JCBカードのポイントで交換できる商品券まとめ:最新版2016

    JCBカードのポイントで交換できる商品券にはどんなものがあるのでしょうか。JCBは様々な企業と提…

  3. JALカードの解約は電話でできるか:JALカード解約方法まとめ

    JALカードの解約は電話でできるのでしょうか。今回はJALカードの電話での解約方法および、その他…

  4. JALカードでマイルを貯める:効率よいマイルの貯め方決定版

    JALカードでマイルを貯めて、特典航空券に交換し旅行に行きたいと考えている方は多いと思います。JAL…

  5. 学生がお金を借りたいときどこで借りればよいか:おすすめローン会社…

    学生さんでもお金を借りたいときがあります。自動車を購入するなどの高額な買い物をするときに、たいて…

  6. ANAカードのマイルの期限を無期限にできるクレジットカードについ…

    ANAカードのマイルの期限は3年です。ANAマイレージクラブのマイルを貯めている人の多くは、「マイル…

  7. クレジットカード: 学生から社会人になっても便利に使えるクレジッ…

    クレジットカードは学生から社会人になるときに、どのような手続きが必要でしょうか。またクレジットカード…

  8. ANAカードでラウンジを無料で利用するには「ANAアメリカンエキ…

    ANAカードで空港のラウンジが無料で利用できるなら、そのANAカードを所持してみたいですね。今回はA…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP