menu

sponsored link

クレジットカードの作り方は?VISAカード

sponsored link

VISAカードを作りたいけど、どうやってVISAカードを作ればいいの?
VISAカードはどこに申し込めば作れるのか、困ったことはないですか?

VISAはクレジットカード発行会社ではない

VISAはバンク・オブ・アメリカという銀行の「BANK AMERICARD」から発生した「ブランド」です。VISAはクレジットカード発行会社ではありません。VISAインターナショナルという機関が管理している「VISA」という決済機構なので、VISAが自社で発行しているクレジットカードというものは存在しないのです。

VISAカードが世界中で発行されているのはなぜかというと、VISAインターナショナルとVISAカードを発行しても良いというライセンス契約を結んだ世界中の会社がVISAカードを発行しているからです。三井住友VISAカードも、VISAインターナショナルから直接に許可を得ている会社のうちの一社です。VISAインターナショナルから直接にVISAカードの発行許可を得ている会社は、プリンシパルメンバーと呼ばれます。

VISAインターナショナルから直接にVISAカードの発行許可を得ているプリンシパルメンバーになることは簡単なことではありません。大変厳しい審査や高額の契約料が必要ですので、プリンシパルメンバーになることができない会社もあります。ですから「VISAインターナショナルから直にVISAカードの発行契約を結んでいる会社と提携し、そのライセンスでVISAカードを発行する会社」もあります。つまり、VISAカードの発行ライセンスを借りて、自社のVISAカードを発行しているということです。

ですから、どこのクレジットカードを持っているか聞かれて、自分のクレジットカードはVISAカードだと答えるのは、VISAがついているということでは間違いではありませんが正確ではありません。なぜならVISAカードと答えるのは、どこのクレジットカード会社が発行したクレジットカードを持っているのかがわからないからです。VISAカードを持っているという答えは、「国際ブランドのVISAのロゴマークのついているどこかのクレジットカード会社が発行しているクレジットカードを持っている」という意味になります。

国際ブランドとクレジットカード発行会社(イシュア)の違いって?

同じVISAでもクレジットカード発行会社(イシュアと呼ばれます)が違えばクレジットカードのサービス内容がが全く違ってきます。これは、VISAだけの話ではありません。次に、よく誤解されている、国際ブランドとクレジットカード発行会社(イシュア)の違いと関係についてみてみましょう。

国際ブランドとは

国際ブランドとは世界中で利用できる決済機構のことです。 VISA、 MasterCard、 Amex、 Diners Club、JCBの5つが主な国際ブランドです。

brand_sample
クレジットカード会社それぞれで、全世界に自社のクレジットカードの加盟店を開拓することはまず不可能です。ですから、国際ブランドという決済機構を利用して、自社のクレジットカードの決済性を高めています。
日本で今現在発行されているクレジットカードには、ほぼ国際ブランドのどれかがついています。一般的にクレジットカードの表面に、国際ブランドのロゴマークがついています。ですから、国際ブランドはすぐにわかると思います。
左の画像は国際ブランドのVISAがついているクレジットカードです。一般的にクレジットカードの表面の右下に国際ブランドのロゴマークがついています。

クレジットカード発行会社(イシュア)とは

クレジットカード発行会社は、そのクレジットカードを発行している会社のことです。
クレジットカード裏面に、クレジットカードのサポートデスクの電話番号と合わせてクレジットカード発行会社名が記載されています。クレジットカードによっては2社より多くの会社名がかかれていることもあります。その場合はその中の一社がクレジットカード発行会社になります。クレジットカードの利用明細を送付してくる方がクレジットカード発行会社と知っておいてください。
クレジットカード発行会社(イシュア)は、クレジットカードのサービスやサポート、クレジットカードの入会の審査やクレジットカード利用者の管理など、クレジットカードに関する全ての業務を行っています。ですから、クレジットカード利用者の毎月のクレジットカード利用明細書や、更新されたクレジットカードも、このクレジットカード発行会社から届くようになっています。
issuer_sample
この画像のクレジットカードは、先ほどのクレジットカードの裏面になります。この裏面を見るとクレジットカード発行会社は三井住友カード株式会社ということがわかります。このクレジットカードの表面にVISAのロゴマークがついていましたが、このクレジットカードは国際ブランドであるVISAから発行われているわけではありません。三井住友カード株式会社が、VISAから発行ライセンスを供与されて、VISAのロゴマークのついている三井住友カードを発行しているのです。

これは、VISAだけの話ではありません。国際ブランドのMasterCard、 Amex、 Diners Club、JCBがついたクレジットカードを発行しているのは、これらMasterCard、 Amex、 Diners Club、JCBの国際ブランドの発行ライセンスを供与された、クレジットカード発行会社ということです。
ですから、クレジットカードを所有しようと思ったときは、国際ブランドとクレジットカード発行会社の2点について、どのクレジットカードを選択するのか考えなければならない、ということです。

同じVISAのついているカードでも、クレジットカード発行会社によってサービスが違う

同じVISAのロゴマークのついたクレジットカードでも、クレジットカード発行会社によってクレジットカードのサービスが大きく違ってきます。クレジットカードのサービスを提供しているのは、クレジットカード発行会社のほうです。国際ブランドは、決済性を高めるだけのためについているだけで、クレジットカードのサービスには全く関係がありません。ですからクレジットカード発行会社が違えば、クレジットカードのサービスは全く違ってくることになります。

αとβというクレジットカード発行会社があり、あったとし、αとβがそれぞれVISAカードを発行しているとします。同じVISAのロゴマークが右下についていますし、もちろん全世界のVISA加盟店の商品購入決済に使えます。
けれどもクレジットカードに関する一連の業務(クレジットカードの審査基準、クレジットカードの限度額やクレジットカードのサービス内容など)は、α社とβ社がその会社独自で担当していますので、全く違うものです。

α社のVISAカードは限度額が高い、β社のVISAカード海外旅行時の損害保険が充実している、クレジットカードの年会費も違うし、クレジットカードの入会審査の厳しさも違う、かもしれないです。
つまり、同じVISAがついているクレジットカードでも、クレジットカード発行会社によって全く違うクレジットカードになるということです。

VISAが選ばれる理由

VISAが選ばれる理由として、世界中にVISAカード加盟店がとてもたくさんあり、2016年現在世界シェアのトップなので海外旅行をする人にとっては(MasterCardと並んで)持っていたい国際ブランドであるからだと思います。日本国内でも、クレジットカード決済できるところでVISAを使えないところはまずないでしょう。
VISAは、日本ではブランドイメージが確立されているようで、国際ブランドとしてとても人気があります。大スターが出演するCMなどの効果もあるのでしょう。クレジットカードの勧誘の現場でも、VISA、MasterCard、JCBが選べるクレジットカードの場合でしたらVISAのクレジットカードを選ぶ人がとても多いと聞きます。ですので、クレジットカードを作り、国際ブランドを選択するときはVISAカードにしておけば、特に不自由もなくクレジットカードを利用できると思います。

VISAのついた、どこのクレジットカードを作ればいいの?

クレジットカードの申し込み時に、国際ブランドとしてVISAを選ぶことは決まりましたが、どこのクレジットカード会社にクレジットカードの申し込みをすればいいのでしょう?
クレジットカード選びに迷ってなかなか決まらないのであれば、自分がどんな時、どんなところでクレジットカード利用したいのか考えて、その時の場面に見合ったクレジットカードを探してみて下さい。

VISAのついたクレジットカードでおすすめのクレジットカードをひとつご紹介しておきます。
三井住友VISAカード
ituiviza
三井住友VISAカードは日本で初めてVISAカードを発行した老舗です。銀行系クレジットカードで信頼と安心のブランドで多くの利用者を獲得しています。三井住友VISAカードは、クレジットカードの年会費が安いのもうれしいです。三井住友VISAカードのほぼすべてが年会費初年度無料で、翌年度以降の年会費も、カードの利用明細書を「WEB明細」にしたり、支払いをリボ払いにしたりすることで無料または半額になります。クレジットカード決済のポイント還元率は0.5%で、還元率だけをみるとクレジットカード業界では平均的ですが、三井住友VISAカードは、利用すればするほどポイントが貯まりやすくなっていきます。また三井住友VISAカードには、カードを不正に利用された場合に損害額を補償するサービスや、カードで購入した商品の損害を補償する「ショッピング補償」があります。リボ払いや分割払いで購入した商品が破損したり盗まれたりしたとき、購入から90日間損害が補償されます。また海外では日本語サポートが充実しており海外旅行も安心です。
三井住友VISAカードは以上のようにオールマイティに利用可能ですので、クレジットカードの枚数を増やしたくない人や、クレジットカードの初心者に人に特に人気があります。
VISAカードは持ちたいけれど、どこのクレジットカード会社が発行したVISAつきのクレジットカードにすればよいか迷って決められなのであれば、三井住友VISAカードはとてもおすすめですし、三井住友VISAカードを利用すればきっと満足できることと思います。

クレジットカードの作り方は?三菱東京ufj-VISAカード

クレジットカードを高校生は作れるの?


sponsored link

関連記事

  1. クレジットカード: 学生から社会人になっても便利に使えるクレジッ…

    クレジットカードは学生から社会人になるときに、どのような手続きが必要でしょうか。またクレジットカード…

  2. VISAからMasterへ変更する:国際ブランドの変更方法・注意…

    VISA、Master、JCBなどの国際ブランドを変更することはできるのでしょうか。今回はVIS…

  3. 学生のクレジットカードの限度額っていくら?限度額の上げ方まとめ

    学生さんが保有できるクレジットカードの限度額は、基本的にどこのクレジットカード会社でも10万円から3…

  4. エポスカードのポイントの使い方:貯まったエポスポイントを現金とし…

    エポスカードとはマルイのクレジットカードで、マルイやVISA提携のお店で利用できます。マルイや他の店…

  5. JAL学生カード「JALカードnavi」の限度額について:学生カ…

    JAの学生カードの、限度額はいくらに設定されているのでしょうか。今回はJALの学生カードである「…

  6. 学生ローンの利子はなぜ高いか

    学生ローンの利子はどのくらいでしょうか。また学生ローンの利子は一般的にみて高いのでしょうか、それとも…

  7. ライフカードの学生専用カードは限度額はいくらに設定されているか

    ライフカードの学生専用クレジットカードは、限度額はいくらくらいでしょうか。人生で初めて所持したク…

  8. ANAカードは学生から社会人になると一般カードへ切り替えが必要:…

    ANAカードの学生専用カードを所持していた学生さんが卒業して社会人になった場合、ANAカードの切り替…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP