menu

sponsored link

クレジットカードの審査たいさく方法とは?

sponsored link

クレジットカードを作成したいと思ってるのだけれども、クレジットカードの審査になかなか通らない、クレジットカードの審査で落ちてしまう、クレジットカードの審査で落ちてしまうのが恐くて、どのクレジットカードへの審査を通そうとすればいいのかわからない人が今の日本にはとても多いです。
現在のクレジットカードの審査はクレジットカード会社によって審査基準が異なります。
なので、クレジットカードの審査通過のために、知っておくべき審査基準は何なのか?
そして、クレジットカードの信用審査で通らない人の原因はなにが多いのか?
クレジットカード審査でのよくある申込の間違い、審査が通りやすいクレジットカードの情報など。
先に知っておくべきクレジットカードの審査情報があれば、あなたの理想とするクレジットカードの利用にたどり着けるはずです。
当サイトの当記事でクレジットカード審査たさいく方法への理解を深めて、再度クレジットカードの申込にチャレンジしてみてください。
クレジットカードの審査たいさく方法として参考になれば嬉しく思います。

3d2553a65d0de93fabd508b30639efe4_s

多くのクレジットカード会社が考える「クレジットカードの審査」に通りにくい3つのケースとは?

クレジットカード審査たいさく方法としてお伝えします。

その1:お仕事勤務形態

正社員ではなく、派遣社員、パート・アルバイト勤務である。
もしくは勤続年数1年未満の正社員、もしくは専業主婦、もしくは専業主婦に準じるもの。

その2:年収・給与金額

本日現在の年収・年間給与所得が280万円以下。※カード会社によって様々なのであくまで参考値であり、気にすることではありません。

その3:金融機関からの信用状況及び過去の経歴

今までにクレジットカードを持ったことが一度もない、もしくはクレジットカードの利用履歴がない。

以上、3つのケース全てに心当たりがある場合には、クレジットカードの審査には一般的には通過しにくいと言われていることも少なくありません。

その理由としては、クレジットカードの利用歴が浅いことで金融機関から今までの信用が思うようについていない、年収が280万円以下であるためにクレジットカード会社から支払いの力量が少ないとどうしても判断されてしまう、クレジットカードで大きな金額の買い物を分割払いでした際に、毎月の支払いを滞りなく支払える能力があるか、という確信が持てないない場合には、クレジットカードの審査は通りにくくなるようです。

クレジットカード審査のたいさくは厳しいの?

105-145x106

クレジットカードというのは、残念ながらほんとの意味で誰でも所有できるものではありません。
というのも「クレジット」という単語は英語で「信用」という意味になります。
つまり、クレジットカードの発行会社が、あなたを信用できる人間であると認める場合にしか、クレジットカードは発行されないのです。
ゆえに、クレジットカード発行の審査を申請すると、発行する会社やその系列会社が、申請した人が支払い能力など信用できるに辺りするのかを審査するのです。
どれだけ日々真面目に過ごしていたとしても残念ながらこの部分で、条件に合わないとカード会社に判断されてしまう人は審査のたいさくをしたとしても、審査に合格することができず、クレジットカードを発行することができません。。

しかし、クレジットカードの審査が厳しいかというと、そうではありませんし、クレジットカードの審査対策方法はあります。

というのも上で述べているように、基本的には、クレジットカード発行の年齢条件を満たして、ある程度安定した収入があると認められれば、ほとんどの人は合格できると考えられています。
上の紹介では年収280万円と記載をしましたが、年収200万円でもカードの審査が通過できた、発行できたという例や報告は日本全国多々あります。

しかし、アルバイトやパートタイマーを始めたばかりで安定した収入がない、過去にローンの返済が滞った時期がある、などの金融関係の事故をおこしたことがある、他社のカードのローンを今も少し抱えてしまっている等があれば、クレジットカードの審査たいさくをどれだけしても、合格・発行されないケースも少なくないようです。

クレジットカードの審査たいさく2つの手段、審査に落ちた時の最終手段とは?

326a6_768_ec00ff11_5d951b7e

クレジットカードの審査たいさく基準がわかったところで、いざ申込!
しかし、カード会社側の都合で審査に落ちてしまうことも少なくありません。
クレジットカード会社の審査状況や審査基準については各会社独自の基準になるので私たちに知り得ることはないのですが、ここでは参考程度に、クレジットカードの審査にもし落ちてしまったときでも、次回の申込(再審査)までに取組んでおくと良いと思われる2つの方法をお伝えしておきます。
クレジットカードの審査たいさく方法として参考にしてみてください。

クレジットカード審査たいさく方法その1:半年ほど待ち再度審査を依頼する

クレジットカードの申込履歴というものは「個人信用情報機関」という場所に誰でも必ず登録されるようになっています。
なので、もし別のクレジットカードに申込をする場合でも、必ず3ヶ月~6ヶ月の数ヶ月間は期間をあけると良いと言われています。

というのも、一人の人間が、あまりにたくさんのクレジットカード申込履歴がある場合は、カード会社の判断としてはクレジットカードの発行に慎重になるのです。
なので、直近で沢山のカードを作成した、もしくは、3枚前後のカードを新規で申込をした場合には、それらのカードの申し込み履歴が消える3ヶ月~6ヶ月の数ヶ月間程度は、他のクレジットカードやキャッシング等の申込をしないようにすると、「個人信用情報機関」の情報が綺麗になり、次のカードを発行しやすくなるのです。

クレジットカード審査たいさく方法その2:審査上、不利な状況になっていないかを確認し改善する

上にも述べているように、「一般的」な観点では以下のようなケースではカードの審査・合格には不利となってしまうと言われています。

・無職・求職中のケース
・アルバイトやパート勤務が短いケース
・正社員、派遣社員であっても、今の勤務先の勤続年数が極端に短いケース

これらは条件が厳しいといわれることが多いケースです。
専業主婦と言う場合を除き、無職な状況ではどうしても審査の信用面、カード審査はとても厳しくなるのが現実です。
またアルバイトやパートターマーという働き方についても、少し前に比べると今の日本はかなり認められるようになっていますが、それでもカード会社側の審査では、どうしても厳しい判断をされることも少なくないようです。

ですので、自分自身がそれら不利な状況になっていないかを確認し、現在の状況を改善できるように努力することもクレジットカードの審査のたいさく方法として、とても大事な対策方法であると言えるでしょう。

クレジットカードのセキュリティコードの場所はどこ?


sponsored link

関連記事

  1. クレジットカードのセキュリティコードとはどこの数字のこと?

    クレジットカードのセキュリティーコードとは、どこにある数字でしょうか。インターネット通販でクレジ…

  2. JALカードの保険請求先まとめ:JALカード提携先によって保険請…

    JALカードには各種傷害保険が自動付帯されています。旅行傷害保険は、旅行回数・利用航空会社を問わ…

  3. セゾンカードのキャッシング枠を利用・増額する:カードローンとどち…

    セゾンカードのキャッシング枠を利用したり増額したい場合、金利はいくらで、どの位お金を借りられるのでし…

  4. クレジットカードのおすすめは?学生さんは学生向けクレジットカード…

    クレジットカードの中で特におすすめなのは、18歳以上の学生(高校生は除く)さんであれば、学生向けクレ…

  5. クレジットカード:審査に通りやすいクレジットカードについて

    クレジットカードを所持するためには、まずはクレジットカード審査を通過しなければなりません。クレジット…

  6. クレジットカード審査とその対策について

    クレジットカードを作りたくて申し込みをするけれども、クレジットカードの審査に通らない、という人も多い…

  7. JCBカードのポイント交換方法まとめ

    JCBカードの利用で付与されるポイントは「Oki Dokiポイント」という名称で、「Oki Doki…

  8. Tポイントカードを作る:Tポイントカード作成可能店まとめ

    Tポイントカードを作るには、どこで作れば良いのでしょうか。Tポイントカードとは、全国にあるTポイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP