menu

sponsored link

クレジットカードの審査に落ちる理由とは?

sponsored link

クレジットカードの審査に落ちた人には必ず理由があります。
クレジットカードの審査に落ちた人の中には、「なぜ自分がクレジットカードの審査に落ちたのか納得がいかないので、
クレジットカードの審査に落ちた理由を知りたい」と思う人も多いことと思います。
クレジットカード会社に、なぜ自分がクレジットカードの審査に落ちたのか理由を尋ねるため直接問い合わせをしても、「弊社の規定により残念ながらお答えできません」という回答しか返ってこず、クレジットカードの審査に落ちた明確な理由が分かることはありません。

クレジットカードの審査に落ちたら、なぜ自分が審査に落とされたのか何とかしてその理由が知りたいですよね。そして、その問題を解決して新たにクレジットカードの申し込みをして無事にクレジットカードの審査を通過したいですよね。

それではクレジットカードの審査に落ちる理由と、クレジットカードの審査に通らなかった場合にどのような解決法があるのかを考えてみましょう。クレジットカードの審査に落ちたことのある人、いまからクレジットカードを作ろうと思っているけれど自分がクレジットカードの審査に通るのか不安がある人は、よく読んでみてください。

9815ebc05f637f3e859199ecf383155b_s

クレジットカードの審査に落ちる理由は2つある

正確には、クレジットカードの審査に落ちたはっきりとした理由を、私たちが知ることはできません。クレジットカードの審査に落ちた理由はクレジットカードの審査を担当したクレジットカード会社のクレジットカードの審査担当者にしか分からないのです。
クレジットカードの審査は、職業、年収、過去の借入状況、住所など多種多様な情報を総合的に考慮しておこなわれますので、何か一つの情報を指して「これがクレジットカードの審査に落ちた理由だ」とは言えないのです。
しかしクレジットカードの審査に落ちたということは、必ずなんらかの理由があるはずです。その考えられる理由を1つずつ解決していけば必ずクレジットカードの審査に通りますので、あきらめないでください。
クレジットカードの審査に落ちる理由は、大きく分けると2つあります。

①過去に支払いが遅れたなど、なにがしかの事故情報が個人信用情報機関に残っている場合。
②総量規制の枠組みを超えた借入が既にある場合。

それでは順番にみていきましょう。

①過去に事故情報があった場合

過去にクレジットカードのの利用代金の支払いの延滞やローンの支払いの延滞があった場合、クレジットカードの審査は通りにくくなります。このような延滞の事故情報があるからといって必ずしも100%クレジットカードの審査に通らないわけではありません。クレジットカードの審査担当者の判断によってはクレジットカードの審査に通ることもあります。
しかし、事故情報があるにもかかわらずクレジットカードの審査に通るのはまれなことで、事故情報があると、まずクレジットカードの審査に通ることはありません。

この事故情報とは、なんでしょう?
事故情報というのは専門用語です。たくさんの人の耳慣れた言葉に言い換えると「ブラックリスト」にあたります。
信用情報機関に事故情報が記録される事を、わかりやす言うと「ブラックリストに載る」ということです。

信用情報機関というのは、私たちのお金に関する様々な情報を保有している機関で、銀行、クレジットカード会社、消費者金融など全ての金融機関が私たちのお金に関する情報を記録して共有しています。

例えば、Aさんがα銀行で100万円借りたとすると、Aさんが100万円借りているという情報が信用情報機関に記録され、その情報はβというクレジットカード会社も見ることができます。
自動車ローンや住宅ローンを組んだりすると、その自動車ローンや住宅ローンの借入金額や返済情報が個人信用情報機関に報告されつぎつぎに記録されていきます。
クレジットカードの審査やローンに新たに申し込んだ時に、個人信用情報機関の記録が調べられ、複数の会社から多額の借入をしているとか、返済が滞っているなどの記録があった場合は審査に落とされることとなります。
つまり「このクレジットカード会社の返済は遅れているけれど、今からクレジットカードを申し込むのは別のクレジットカード会社だし
大丈夫だろう。」というのは通用しないということです。

クレジットカードの審査に落ちた人は、ショッピングの分割払い、自動車ローン、住宅ローン、消費者金融での借入など、借りたお金が多額になっていませんか?ローンや分割払いの返済が滞ったりしていないでしょうか?
これらは、全て信用情報機関に記録され共有されています。もしあなたに思い当たる事があれば、ただちに返済して借入金を少しでも減らしていくようにしましょう。

借入金が多額である、返済が延滞しているということについて思い当たらなかったり、忘れているかもしれないと思う人は、信用情報機関に問い合わせて自分の個人信用情報を確認してみるのがよいでしょう。
自分の個人信用情報を確認するのには1,000円くらいのお金がかかりますが、是非確認してみてください。

信用情報機関の代表的なものは次の3つです。この3つ信用情報機関の信用情報を見ればほぼ全て分かります。

全国銀行個人信用情報センター(全銀協)
JICC
CIC

自分の信用情報を確認して、クレジットカードの利用代金の返済が滞っていたり、ローンの返済の延滞があればすぐに返済してください。そして少しでも借入金の返済を早めて借金の入総額を減らしましょう。また、もし消費者金融からの借入があれば、すぐに全額を返済しましょう。
クレジットカードの審査に通るためには、以上のようにしてあなたのお金に関する個人信用情報をきれいにすることが大切です。
クレジットカードのクレジットというのはcreditという英語であり、日本語で「信用」という意味です。
クレジットカードの審査に通るためには、お金に関して「信用」を作ることが重要です。

42196bd7e03cf2ec2722e041ab313b69_s

②総量規制の枠組みを超えた借入が既にある場合

総量規制というのは、お金を借りるとき、自分の年収の3分の1を超える借入はできないということです。これは貸金業法という法律が改正されて2010年から実施されている制度で、消費者がお金を借り入れるときには、年収の3分の1を超える借入をできなくする事によって消費者が借金で破たんすることを防ぐための制度です。
事実、返済できないほどの多額の借金をしてしまい、生活が苦しくなり、借金の取り立てによって追いつめられ自殺をするという事件もあり、個人が返済できないほどの多額の借金をすることが深刻な社会問題となっていました。
その多額の借金のために起こる事件をなくすため、法律で個人が年収の3分の1を超える借金をできないようにしました。

例を挙げますと、年収300万円の人が個人の借入金で100万円の借入があったとします。このケースでは、新規にクレジットカードの申し込みをしても総量規制によって、クレジットカードの審査には通りません。(※)

総量規制が理由でクレジットカードの審査に落ちた場合は自分で判断しやすいと思います。その場合はできるだけ早くお金を返済して借入金を減らし、借入金を年収の3分の1未満にしておくことが重要になります。

(※)総量規制はショッピング枠には不適用で、キャッシング枠にのみ適用されるので、厳密にいえばキャッシング枠のあるクレジットカードを申し込んだ場合のみという事になる。ただし、キャッシング枠の無いクレジットカードの申し込みでも、他の借入がある場合にはクレジットカードの審査で不利になり落とされる事がある。

クレジットカードの審査に通らない主な理由は、過去に支払いが遅れたなど、なにがしかの事故情報が個人信用情報機関に残っている場合と
総量規制の枠組みを超えた借入が既にある場合の2つですが、もう一つ気を付けて欲しい点があります。それはクレジットカードを複数申し込むと審査に通らない、ということです。

4d32a57c10e1d7455795831bbacd1e73_s

クレジットカードを複数申し込むと審査に通らない

信用情報機関には、個人の借入金額や返済情報が記録されますが、もう1つ信用情報機関に記録されるものがあります。
それは、クレジットカードやローンの申し込みの記録です。
クレジットカード審査やローン審査に通ったかどうかは関係なく、クレジットカードやローンの申し込みがあったという事実が記録されます。
クレジットカードの審査に通るかどうかが不安だから、1つでいいからクレジットカードの審査に通りたいと思って、同時に2つ以上のクレジットカードを申し込む人がいます。しかしこれは逆効果で、クレジットカードの審査に落ちる可能性が高くなります。
クレジットカード会社は、クレジットカードの審査をする際にはクレジットカードの申込者の信用情報を、信用情報機関に問い合わせて確認します。
その時に、複数のクレジットカードを短期間のうちに申し込んでいるという事が分かります。すると、クレジットカードの審査担当者は、
「この人は複数のクレジットカードを申し込んでいる。他のクレジットカード会社のクレジットカードの審査に落とされたから今回うちの会社のクレジットカードの審査にきたんだろう。他のクレジットカード会社がクレジットカードの審査で落としたという事はこの人には何か問題があるんだろう。怖いからうちの会社も念のために落としておこう。」
となります。
またクレジットカード会社が懸念するのは、短期間の間にクレジットカードを大量に作って、全てのクレジットカードを限度額いっぱいまで使ってしまって返済せずに逃げるのではないかという事です。ですからクレジットカード会社は短期間の間にたくさんのクレジットカードの申し込みをしている人をクレジットカードの審査に落とすのです。
クレジットカードを申し込むときは、1つのクレジットカード会社に絞って申し込むようにして下さい。
ただしこれもクレジットカードの審査の際の判断材料の1つにすぎませんので、信用情報が優良な人であれば2つ3つのクレジットカードを短期間に申し込んで全て審査に通るという場合もあります。

今までみてきたように、クレジットカードの審査はクレジットカードの申請者のたくさんの個人情報をもとに総合的に判断されます。その中でもお金に関する個人の信用情報がクレジットカードの審査を通過するためには大きく影響します。ですからできるだけ借入金を減らし、返済の延滞をしない等の信用を積み上げていけば、クレジットカードの審査を無事に通過できると考えられます。

クレジットカードの引き落としの時間は?

カードローンとキャッシングの違いとは?


sponsored link

関連記事

  1. エポスカードのポイントは何に交換すればお得になるか?

    エポスカード(EPOS CARD)は全国のマルイでお得に買い物ができるクレジットカードです。エポスカ…

  2. クレジットカードの還元率ランキング:もっともお得なカードを選ぶ

    今回はクレジットカードの還元率をランキング形式でみていきましょう。クレジットカードを選ぶとき…

  3. Tポイントの使い方:ネットショッピングでお得に使おう

    Tポイントの使い方について、今回はみていきたいと思います。Tポイントは、昔から共通ポ…

  4. セゾンカードのアメックスブルーは安い年会費でも高いステータス、日…

    セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(Saison Blue American E…

  5. イオンカードセレクトは、解約せずにただ所持しておくという手もある…

    イオンカードセレクトというクレジットカードはイオン銀行のキャッシュカードとイオンカード、電子…

  6. クレジットカードのキャッシングの金利は高い!銀行系カードローンが…

    クレジットカードでキャッシングする場合、金利はどのくらいでしょうか。クレジットカードを所持してい…

  7. エポスカードの限度額は学生でも上げることができるか:一時的増枠は…

    エポスカードの限度額は学生の場合いくらに設定されているのでしょうか。またエポスカードの限度額は学生で…

  8. JCBカード審査状況の確認方法について

    JCBカードに申し込みをしたら、次に気になるのがJCBカードの審査状況です。今回はJCBカードの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP