menu

sponsored link

クレジットカードを高校生は作れるの?

sponsored link

クレジットカードを高校生が持つことについて賛成か反対かはが議論が必要かとは思いますが、ネットショッピングの利用や修学旅行など、高校生でもクレジットカードを持っていた方が便利なことは多くあると思います。

d84ac807d681207115f0820228fa2396_s

クレジットカードを高校生は持つことができない

クレジットカードを高校生は、高校在学中に作ることはできません。クレジットカードの規約ではクレジットカードは18歳から作ることができるのですが、どこのクレジットカード会社も「高校生不可」という旨がクレジットカード規約に記されています。

なぜなら、クレジットカードというものはクレジットカード会社にクレジットカードの利用者がお金を借りるというものだからです。これはキャッシングのことのみを指すのではなく、クレジットカードを利用して買い物をする場合も同様です。なぜならクレジットカードを利用するショッピングは、商品代金をクレジットカード会社が店に先払いして、その先払いしてもらった代金を銀行口座から毎月クレジットカード会社に支払うという仕組みだからです。

一般的に、お金を借りるには収入があることが前提です。高校生には、基本的に決まった収入はありません。高校生がアルバイトをしているとしても、そのアルバイト代の収入が安定してるとは言い難いのでクレジットカード審査の対象にはならないのです。といっても、クレジットカードがあると便利な場合もあります。実は自分のクレジットカード、あるいはクレジットカードということにこだわりがなければ解決する方法は2つあります。

高校生がカードを持つには

高校生がカードを持つには
1.クレジットカードの家族カードを作る
2.国際ブランド(VISA, JCB)のついたデビットカードを作る
の、2つの方法があります。
それぞれをみてみましょう。

1.クレジットカードの家族カードを高校生が持てることもある

親のクレジットカードで高校生の子どもの家族カードを作ると、高校生の子ども名義のクレジットカードを持つ事ができます。家族カードの利用料金の引き落とし銀行口座は親の銀行口座になります。

家族カードでも基本的に高校生は所持できません。ただひとつクレジットカードの家族カードを高校生が持てるのは、その高校生が海外留学する場合です。お手持ちのクレジットカードの発行会社に確認してみましょう。

高校生がクレジットカードの家族カードを発行してもらえるのは海外留学という特別な状況だけなので、日常生活でクレジットカードを利用したい高校生にはあてはまらないでしょう。それでは、もうひとつの解決方法のデビットカードについてみてみましょう。

2.国際ブランド(VISA、JCB)のついたデビットカードを作る

VISA、JCBの国際ブランドのついた銀行が発行するデビットカードというものがあります。ショッピッグをするときVISAやJCBのクレジットカードが使えるお店であれば、ショッピングの決済に、ほぼデビットカードも利用が可能です。日本国内のみでなく海外でも同じようにデビットカードは普通のクレジットカード払いと同じように使うことができます。またネットショッピングも可能(一部不可)と、デビットカードはクレジットカードと機能の面ではほとんど変わらないといってよいでしょう。
ただ携帯電話料金の支払いなど、クレジットカードではできるのに、デビットカードにはできないとこともあります。しかし街中でVISAやJCBのロゴマークが掲示されている店では全てデビットカードが利用できると思って差し支えありません。

ed5dd31a6f8a376e23d134791ef54b4e_s

デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードとクレジットカードは、それではどこが違うのでしょう。

デビットカードもクレジットカードも、どちらも買い物の際に現金が不要です。デビットカードもクレジットカードもカード利用の引き落とし銀行口座が必要で、そこからカード利用で支払った金額が引き落とされるという点も同じです。

デビットカードとクレジットカードの一番大きな違いはカード決済で支払った金額の引き落としのタイミングです。

デビットカードデビットカードの利用者が自分の銀行口座から支払う。デビットカードを利用したその場でデビットカードの引き落とし銀行口座から引き落とされる

クレジットカード➡クレジットカード会社が支払い、それをクレジットカード利用者がクレジットカード会社に後払いする

以上のように、デビットカードとクレジットカードのどちらもショッピングの際、現金がいらないのは同じですが、カード利用のお金が銀行口座から引き落とされるタイミングが違います。

クレジットカードを利用した支払いのとき、クレジットカード会社が利用料金を一旦たてかえます。そうしてクレジットカード会社が支払った金額を、クレジットカードの利用者が、月に1度決まった日に銀行口座からクレジットカード会社へと支払うかたちになっています。デビットカードの場合、買い物をするのと同時に、銀行口座からその金額が引き落とされるのです。

その他いろいろな違いがありますので、支払い方法もふくめた表で確認してみましょう。

 

カードの種類 クレジットカード デビットカード
支払い回数 複数回可 1回のみ
引き落としのタイミング 後払い 即時
審査 あり なし
不正利用時の補償 あり なし
キャッシング 不可
利用可能年齢 18歳以上  15歳以上
ポイント還元 あり 一部あり(還元率は低め)
ネットショッピング  可 一部可

デビットカードとクレジットカードの違いの、もう1つ重要な点は、カード審査があるか、ないかです。クレジットカードの申し込みには職業、収入などの審査が必ずありますが、デビットカードには審査がありません。

デビットカードには審査がない
デビットカードとクレジットカードとの大きなの違いはカード加入時に審査があるかないかということです。デビットカードには審査がありませんので、15歳以上(中学生を除く)であれば誰でもデビットカードを持つことができます。高校生をはじめとして未成年の人もデビットカードを作れますし、それから過去にローンの返済の延滞をしたりしてブラックリストに載っている人でもデビットカードを作れるのです。

なぜデビットカードには審査がないの?
なぜデビットカードには審査がないのでしょうか。デビットカードに審査がない理由は、デビットカードを利用して使ったお金の支払いのタイミングのの違いにあるのです。上の表にもあるりますが、デビットカードは店で支払いに使うと、それと同時にデビットカードの利用者の銀行口座からお金が引き落とされます。しかしクレジットカードは連日クレジットカードで支払いをしても、クレジットカードの利用登録された銀行口座からの引き落としは月に1回だけです。つまりクレジットカードの場合、クレジットカードを支払いに使ってから引き落としされるまでの間、クレジットカード会社からお金を借りている状態になっているのです。お金を借りるのに必要なものは「信用」です。ですからクレジットカードにはその「信用」を測るための審査があります。そのためクレジットカードの申込者がお金を貸せるだけの信用がないとクレジットカード会社が判断すると、クレジットカードの申し込み審査に落ちてしまうのです。
デビットカードは支払いがデビットカードの利用直後にデビットカードの利用者の銀行口座から行われます。ですから銀行口座に残金があればデビットカードは利用可能ですので、デビットカードの利用者の信用審査は必要ないのです。

a9c337068eed1bbe4fec07d1f8f43886_s

デビットカードを作るには

デビットカードの発行の申し込みはクレジットカード会社ではなく銀行ですので、間違えないようにしましょう。デビットカードはは地方銀行では取り扱いのないところが多いですが、大手都市銀行であればどこでも作ってもらえます。
デビットカードを作れる年齢は、15歳から作成可能、16歳から作成可能とそれぞれの銀行によって違いますが、高校生本人用の銀行口座を作り、その年齢に達しているなら誰でも申し込むことができます。デビットカードはクレジットカードのようにお金を借りるのではないので、デビットカードの申し込みに審査は不要です。

クレジットカードを日常生活で利用したいと思っている高校生には、銀行口座に直接つながっているデビットカードの利用が、一番良いように思われます。デビットカードはクレジットカードと同じくらいの利便性がありますし、何より自分の銀行口座残高以上の金額を使う事ができません。
高校生の間はデビットカードを利用してカード決済をしながらお金の管理を学べは、後に大学生あるいは社会人になってクレジットカードを利用し始めたときには、きっとうまくクレジットカードを使いこなせるようになるでしょう。

クレジットカードの作り方は?VISAカード

イオンカードのゴールドカードは年会費が無料なの?


sponsored link

関連記事

  1. VISAとMasterどちらを選べばよい?国際ブランドについて知…

    VISAとMaster、どちらにしたらいいの?クレジットカードを作るときに国際ブランドを選ぶ場面…

  2. パソコンをローンで学生が買う方法まとめ

    パソコンをローンで買うのに、学生さんはローンを組めるのでしょうか。今回はパソコンをローン(分割払…

  3. カードローンとキャッシングの違いとは?

    急きょお金が必要なことがおきたが、財布の中にも銀行口座にもお金がない、どうすればいい?そのよ…

  4. セゾンカードのポイント交換はマイルへ:お得な旅をしよう

    セゾンカードのポイントは永久不滅ポイントです。通常のクレジットカードの利用で貯めることのでき…

  5. 学生は借り入れをどこですれば良いか?学生が借り入れ可能な金融機関…

    学生が借り入れをしたい場合、どこで借り入れをすればよいでしょうか。学生さんが借り入れをしたい場合…

  6. JALカードsuica退会について:退会方法・注意点まとめ

    「JALカードSuica」は、JR東日本グループカードのビューカードの1種類です。一般的にクレジット…

  7. JALカードは学生の限度額はいくら?JALカードnaviは限度額…

    JALカードは学生さんの場合、限度額はいくらでしょうか。今回はJALカードの限度額は学生さんの場合い…

  8. ライフカードで学生はいくらキャッシングできるか?キャッシンッグ方…

    ライフカードは誕生月にはポイントが5倍(ポイント還元率2.5%)になるため人気のあるクレジットカード…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP