menu

sponsored link

学生のクレジットカードの限度額はいくらか?学生のクレジットカードの限度額についての考え方

sponsored link

学生のクレジットカードの限度額はいくらでしょうか。学生はクレジットカードの限度額を引き上げることができるのでしょうか。また学生のクレジットカードの限度額はいくらくらいが適正でしょうか。
今回は学生のクレジットカードの限度額についてまとめした。

クレジットカードの限度額について

クレジットカードの限度額とはなにか
全てのクレジットカードには「限度額」が設定されています。「限度額」とはこのクレジットカードでいくらまで買い物などのサービスの支払いができるかという金額設定のことです。つまり「この金額までなら自由に支払いで使ってもらって構いません」という金額のことです。例えば、限度額が30万円のクレジットカードであれば30万円まで自由に買い物で使えますし、限度額が100万円のクレジットカードであれば100万まで使うことができます。「限度額」は、そのクレジットカードで使える上限の金額です。
この「限度額」は利用限度枠やショッピング枠と呼ばれたり、与信枠やS枠と呼ばれたりもしますが、これらはどれも全く同じ意味です。
クレジットカードの限度額は、クレジットカード所持者の返済能力に応じた金額に設定されています。ですから学生で何百万円のクレジットカードの限度額というのは設定することはできません。

クレジットカードの限度額の仕組みについて
次にクレジットカードの限度額の仕組みについてみていきましょう。
例えば30万円の限度額のクレジットカードで10万円を使った場合、30万円-10万円で、残り20万円まで利用できますが、この残り20万円という金額が「利用可能額」もしくは「利用可能残高」と呼ばれるものです。あといくらまでそのクレジットカードで支払いができるのかという金額が「利用可能額」「利用可能残高」にあたります。
クレジットカードの限度額を越えて使ってしまうと、クレジットカードの利用はできなくなります。ですからクレジットカードは限度額いっぱいまで使うのではなく、余裕を持って利用しましょう。

支払い日を過ぎれば利用可能額は戻る
では利用可能額が20万円になったこのクレジットカードは、今後も20万円までしか支払いに使うことができないのかといえば、そうではありません。クレジットカードの利用可能額はクレジットカード会社へ支払い(振替)をすればまた元に戻る仕組みです。ですから毎月きちんとクレジットカード代金の支払いをしていれば、常に利用可能額は回復していきます。

611a2410258f334a9b83e8698cf76cc0_s

学生のクレジットカードの限度額について

学生のクレジットカードの限度額は一般的に10万円~30万円です。学生の間はクレジットカードの使い過ぎを止めるため10万円~30万円程度の限度額に設定されています。
学生さんのクレジットカードの限度額の恒久的な引き上げはまずできません。しかし一時的な限度額の引き上げなら可能です。
普段は学生さんの所持するクレジットカードの限度額が10万円でも困ることはないと思いますが、海外旅行に行く場合など、たくさんのお金が必要にな時には、クレジットカードの限度額が10万円というのは安心できないと思います。そんな場合にはクレジットカード会社に問い合わせれば、一時的に限度額を引き上げてもらえることがあります。

学生のクレジットカードの限度額の引き上げについて

クレジットカードで公共料金やインターネット、携帯代金を支払い、さらにネットショッピングをしたりすると、クレジットカードの限度額が低ければ、急にクレジットカード利用が必要な時には、クレジットカードの限度額が足りなくなる時があります。
海外旅行の際も現金をたくさん持って行くのは不便ですので、クレジットカードを利用するでしょう。このときクレジットカードの限度額が少ないと、現地で利用できなくなったりする恐れもあります。
そんな場合にはクレジットカード会社に事前に申請しておけば、一時的に1ヵ月などの一定期間のみ限度額以上の金額がクレジットカードで支払うことができるようになります。これが「クレジットカードの限度額の一時的な増枠」です。
このように学生のクレジットカードでは一時的には限度額を引き上げて貰えますが、恒久的に限度額を引き上げて貰えることはまずできません。

78d2bd670a5eabf8c53ca9a4217dd3e8_s

学生のクレジットカードの限度額引き上げ方法について

クレジットカードの限度額を一時的に引き上げるには、クレジットカード会社に事前に申請が必要です。インターネットで申請する方法と、電話にて申請する方法がありますので、詳細はそれぞれのクレジットカード会社で確認して下さい。
またクレジットカードの限度額を引き上げるにも審査がありますので、審査に通らないと限度額の引き上げはできません。

もう1枚クレジットカードを作る
学生のクレジットカードでは一時的には限度額を引き上げて貰えますが、申請によって恒久的に限度額を引き上げて貰えることはまずできないと思って良いでしょう。ですから学生さんがクレジットカードの限度額を増額するためには、もう一枚クレジットカードを作るという手もあります。2枚のクレジットカードを所持していれば、1枚のクレジットカードの限度額が10万円でも、2枚あれば20万円のクレジットカードの限度額があることと同じになります。

クレジットカードの良い利用履歴を作る
特に学生カードでは基本的に限度額が10万円固定のものが多いのですが、最大で恒常的に30万円までクレジットカードの限度額引き上げが可能なクレジットカード会社もあります。ただし申請ではなく、あくまでもクレジットカード会社の判断で引き上げられるものですので、学生んさん自身ができることは「クレジットカードを適正に利用する」ということしかありません。また確実に限度額が引き上げられるというものではありません。

家族カードを利用する
学生であれば、親権者が本会員のクレジットカードの家族カードを利用するという方法もあります。ただし、家族カードの場合で、クレジットカードの限度額が高額になっている場合は、使えるからと言って親御さんと決めた金額以上のお金を使ってしまう可能性もありますので十分に注意して利用しましょう。

学生のクレジットカードの限度額についての考え方

限度額は高ければ高いほどよいか
クレジットカードが限度額に達してしまうとそのクレジットカードは使えなくなりますので、限度額は高い方が良いように思えます。しかし、リスクを考えると一概に高ければ高いほどいいとは言えないでしょう。あまりクレジットカードの限度額が高いと、限度額いっぱいに使ってしまった場合、支払いが困難になることもあります。
クレジットカードは、現金を使うのとは違いお金を使っているという実感が薄れてしまいますので、学生さんのようにクレジットカード初心者の方にとっては限度額が高いクレジットカードを所持することはおすすめできません。さらに保険はありますが、クレジットカードを第三者に不正利用されてしまうと、クレジットカードの限度額いっぱいまで使われてしまう可能性もあります。
このようなリスクを減らすには、クレジットカードの限度額も適正でなければならないでしょう。
クレジットカードの限度額は減らす(引き下げる)こともできます。限度額を引き上げてもらうときと同じように、クレジットカード会社に連絡することで限度額の引き下げに対応してもらえます。またキャッシングできる金額も減らすことができるので、キャッシング枠を利用しないという学生さんは0円にしてもらいましょ。

学生のクレジットカードの理想の限度額はいくらか
学生さんのクレジットカードの限度額は高すぎても低すぎても不都合で、ちょうど良い金額が理想であることは分かりました。
では「学生のクレジットカードの限度額の理想はいくらか」となると、その人次第になるので難しいのですが、一応の目安となる考え方はあります。
目安として、月10万円使う学生さんであれば最低30万円くらいがクレジットカードの限度額の理想といえるでしょう。当月分と翌月分は最低限必要で、少し余裕を持たせて1ヶ月に使う金額の3倍位がちょうど良いでしょう。
また学生さんは旅行に行く時だけ、などの一時的なクレジットカードの限度額の引き上げは堅実なクレジットカードの使い方と言えますので、必要に応じて利用しましょう。
それ以外の方法としては少し時間はがかかりますが、とりあえずクレジットカードを使っていき、限度額が高すぎると思った場合は少しずつ下げていく、ということをします。こうすればクレジットカードの限度額は自然とちょうど良い金額に調整されます。

85fcfca142cb5cf92d84341917552916_s

まとめ

学生のクレジットカードの限度額は、学生でそもそも収入がありませんので高額な設定はできません。一般的に学生さんのクレジットカードの限度額は10万円~30万円です。また学生さんでは申請してクレジットカードの限度額を恒常的に増枠することはできませんが。最大で恒常的に30万円まで限度額引き上げ可能なクレジットカード会社もあります。恒常的にクレジットカードの限度額の増枠が欲しいのであれば、所持しているクレジットカードを適正に利用し、良いクレジットカードの利用履歴を作るほかはありません。
学生さんが万が一30万円以上の出費が必要な場合には、クレジットカード会社に一時的なクレジットカードの限度額の増枠を申請する、クレジットカードを数枚用意する、親権者が本会員のクレジットカードの家族カードを利用する、という方法があります。
いずれにしろ学生のクレジットカードの理想の限度額は学生さん個々人によって異なります。クレジットカードを計画的に利用しながら見極めていくことが大切でしょう。

クレジットカードは未成年でも作ることができるか?社会人・学生のクレジットカード審査の違いについて

教育ローンは本人が契約できる?教育ローンの融資額・返済方法について


sponsored link

関連記事

  1. カードローンの審査基準およびカードローンの審査通過条件まとめ

    カードローンの審査基準についてカードローンは急な出費が重なったときなどには頼りになりますが、いざ…

  2. JALマイレージを活用したい学生は「JALカードnavi」を利用…

    JALのマイレージをより活用するために学生さんにはどんな手段があるのでしょうか。【マイレージとは…

  3. カードローンの審査に通らない理由とその対策について

    カードローンの審査に通らない理由はなんでしょうか。今回はカードローンの審査に通らない3つの理由とその…

  4. ライフカードのキャッシュバックは学生のみの特典:学生専用ライフカ…

    ライフカードにはキャッシュバックできる特典があります。このライフカードのキャッシュバックは学生専用ラ…

  5. アメリカンエキスプレスカードは年会費以上の特典および満足感あり

    アメリカンエキスプレスカードの年会費は高いです。今現在日本では特典の充実した年会費無料のクレ…

  6. 学生のクレジットカード審査は緩い:お得な学生カードを探す!

    学生さんでもクレジットカードを作ることはできます。クレジットカードを作りたい学生さんが一番気になるの…

  7. クレジットカードを高校生は作れるの?

    クレジットカードを高校生が持つことについて賛成か反対かはが議論が必要かとは思いますが、ネットショッピ…

  8. 学生は借金を30万円することができるか?複数社からの借入で30万…

    学生が借金を30万円することは可能でしょうか。20歳を過ぎると基本的にはどんな人でも借金をするこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP