menu

sponsored link

VISA・Master・JCBのどれを選べばクレジットカード審査に通過しやすいか:国際ブランドとは何か?クレジットカード審査との関係について

sponsored link

VISA、Master、JCBのどれを選ぶとクレジットカード審査に通りやすいのでしょうか。確かにVISA、Master、JCBのどれを選ぶとクレジットカード審査に有利だということがわかれば、申し込みの際のテクニックになります。
今回は、VISA、Master、JCBの違いとクレジットカード審査について、簡単にみていきましょう。VISA、Master、JCBのどれがよいか気になっている方は是非、読んでみてください。

1c5cad5d58098f6c97d1a5a740610f10_s

VISA、Master、JCBについて

VISA Master JCB とは
VISA、Master(Card)、JCBとは、そもそも店頭やオンラインショップで買い物する際に、クレジットカードでの支払いの決済機能を提供している会社のことです(クレジットカードの右下のロゴマークのこと)
VISA、Master、JCBはクレジットカードの国際ブランドと呼ばれ、この他にもAmericanExpress(アメリカンエキスプレス)とDiners Club(ダイナースクラブ)を合わせて5大国際ブランドともいわれています。
また、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discoverの2社を加えて7大国際ブランドといわれることもあります。

国際ブランドとは
国際ブランドとは24時間世界中どこでも利用可能な決済システムを提供している会社のことで、上記の5大国際ブランド(VISA・ MasterCard・JCB・AmericanExpress・Diners Club)の他、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discoverの2社を加えて全部で7社あります。
さらに、国際ブランドは大きく2つの種類に分けることができます。
1つ目は、決済機能の使いやすさにこだわった「決済カードブランド」で、VISA、MasterCardがこれに当てはまります。
2つ目は、旅行先での保険やサービスデスクなどクレジットカード会員向けのサービス・サポートを重視した「T&E(Travel & Entertainment)カードブランド」で、JCB、AmericanExpress、DinersClubがこれに当てはまります。
会員数および加盟店舗数では「決済カードブランド」であるVISAとMasterCardの2大ブランドが他をしのいでいますので、海外旅行の出発前にクレジットカードを選ぶのであれば、このVISA、Master、2つのブランドを選ぶと良いでしょう。また日本国内でのクレジットカード利用がほとんどという人であれば、JCBを選ぶと様々なキャンペーンが随時開催されますのでメリットは大きいでしょう。

プロパーカードとは
VISAとMasterCardは決済機能の提供のみで、自社のクレジットカードは発行していません。一方、JCB、AmericanExpress、DinersClubなどの国際ブランドは自社でクレジットカードを発行しています。
この国際ブランドから発行されたクレジットカードはプロパーカードと呼ばれていて、プロパーカードは、他のクレジットカードに比べてステータス性やサービス性が高いのが特徴です。

VISA、Master、JCB、各国際ブランドの特徴について

VISA、Master、JCBなど国際ブランドの歴史は、およそ50年前にDinersClubのクレジットカード発行に始まりました。次にVISA、Master、JCBそれぞれの国際ブランドの特徴についてみていきましょう。

ダウンロード

VISA(ビザ)
VISAはValue Issuer Service Areaの頭文字を取ったもので、1958年にバンク・オブ・アメリカにより創業されたのが始まりで、本社はアメリカです。
国際決済業務では世界1位であり、VISAカードとは、VISAがライセンスを与えた企業が発行したクレジットカードを意味しています。VISA独自でクレジットカードの発行はしていません。ですから日本国内ではVISAカードの代名詞ともいえる三井住友VISAカードもライセンスを受けた会社のひとつです
VISAはクレジットカード決済サービス以外にも、デビットカード、プリペイドカードのサービスを提供しています。国内外でクレジットカードが使える場所は、ほぼ間違いなくVISAは利用可能と考えられます。

ダウンロード (1)

MasterCard(マスターカード)
MasterCardはVISAに次ぐ世界2位の決済業務会社です。ドイツの「EuroCard(ユーロカード)」との合併によりスタートしたためにヨーロッパ圏で利便性が高いといわれていましたが、現在ではVISAの利用可能範囲とほとんど変わりません。
本社はアメリカでVISAと同様、MasterCardはクレジットカード自体は発行しておらず、ライセンス契約した企業がクレジットカードを発行しています。
日本国内では、三井住友カード会社がVISAとMasterCardを取り扱っているため、利用可能店舗はVISAの利用範囲とほとんど同じといわれています。

ダウンロード

JCB
JCBは日本初の国際ブランドです。中国の銀聯カードが登場するまでアジア系唯一の国際ブランドでした。
JCBは韓国、台湾、シンガポールなどアジア諸国ではVISAやMasterCardと同様に利用できます。日本人がよく訪れるハワイやグアムなども問題なく利用可能です。
JCBはVISAやMasterCardに比べ、世界的には利用しづらいクレジットカードと思われますが、海外から日本語のサポートが受けられるなどのサービスがありますので、日本人にとっては利用価値が高いでしょう。
JCB自体もクレジットカードを発行しており、サービスやサポートが充実しているのが特徴です。
あまり知られていませんが、JCBはAmericanExpressと提携しており、JCBとAmericanExpressは互いの加盟店でクレジットカード決済を利用できます。ただし、海外のAmericanExpress加盟店でJCBを使う場合には、提携して使える旨を現地語で説明しなければならないケースもあります。

VISA、Master、JCBとクレジットカード審査について

VISA、Master、JCBの、どの国際ブランドを選ぶと、クレジットカード審査に通過ししやすいのでしょうか。
残念ながら、日本におけるほとんどのクレジットカード会社では審査通過しやすさに差はありません。つまりVISAカード、MasterCard、JCBカードのどの国際ブランドと提携したクレジットカードを作っても、クレジットカード審査に違いはないのです。
どの国際ブランドを選んでもクレジットカード審査をするのはクレジットカード発行会社ですので、審査基準など考えずに、好きな国際ブランドを選択しても問題はありません。海外にいくのであればVISAやMasterCard、日本でのクレジットカード利用がほどんどであればJCBなど、選びたいものを選びましょう。

審査に違いがある場合
上述のようにVISA、Master、JCBのどの国際ブランドを選んでもクレジットカード審査には違いがないことは分かりました。けれども「全てのクレジットカードで全ての国際ブランドが同等に扱われる」というわけではないようです。
例えば「MUFGカード ゴールド」です。このクレジットカードは以前、公式サイトで「JCB提携のクレジットカードを作る場合のみ、発行までの期間が+1日される」という記述がありました。
この理由については100%間違えのない解説をすることはできませんが、予想してみると、MUFGカード ゴールドを発行している三菱UFJニコスがJCBのフランチャイズでもあるため、ということが影響しているのではないでしょうか。
つまり、VISAやMasterCard提携のMUFGカード ゴールドを発行する場合は、三菱UFJニコスによる審査だけで済みますが、JCB提携のMUFGカード ゴールドを申し込んだ場合には、三菱UFJニコスの審査に加えてJCBの審査も行われるため、発行が遅くなっていたのではないか、と思われます。
現在ではJCBブランドでは余分に審査日数が必要、という記述はなくなりましたが、引き続きJCBブランド付きのクレジットカードを申し込むとクレジットカード会社とJCBカードの2重の審査が必要になる状態は続いているでしょうから、VISAやMasterCardよりも、その分だけクレジットカード審査がやや難易度が高くなる可能性はありそうです。

セゾンカードのキャッシング枠を利用・増額する:カードローンとどちらがお得?

クレジットカードの学生の場合の作り方:作り方手順と必要なものについて


sponsored link

関連記事

  1. ANAカードの年会費無料カード:みずほ銀行発行の「マイレージクラ…

    ANAカードで年会費無料のクレジットカードがあります。それがみずほ銀行から発行されている「みずほマイ…

  2. JALカードは学生の限度額はいくら?JALカードnaviは限度額…

    JALカードは学生さんの場合、限度額はいくらでしょうか。今回はJALカードの限度額は学生さんの場合い…

  3. クレジットカードを還元率で選ぶ:高還元率カード2016年まとめ

    クレジットカードの還元率はクレジットカードを選択する上で重要な項目です。クレジットカードを決済利用す…

  4. 高校生でもクレジットカードが使える方法

    高校生はクレジットカードをつくれるのでしょうか。結論から言いますと、高校生はクレジットカードを作るこ…

  5. JALカードSuicaを解約する:解約方法および注意点

    JALカードSuicaはJR東日本グループカードであるビューカードの中の1枚です。一般的にクレジット…

  6. JCBカードが年会費無料になる条件について

    JCBカードはクレジットカードの年会費が有料のクレジットカードですが、年会費無料にするために条件があ…

  7. ANAカードの年会費を割引するために三井住友カードのサービスに登…

    ANAカードの年会費が気になって、ANAカードの年会費が割引される方法はないか?と考えている人もるで…

  8. JCBカードの審査期間およびクレジットカードの審査から発行までの…

    JCBカードの審査期間はどのくらいなのでしょう?JCBカードの入会申し込みをしたら、審査を通過するに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP