menu

sponsored link

VISAとMaster海外ではどちらのカードを選択する?

sponsored link

VISAとMaster、海外で利用するにはどちらが良いでしょうか。
クレジットカードを作るときに、VISAとMasterCardのどちらかを選択するの迷ったことはありませんか。
結論から言えば「VISAとMasterCardのどちらを選んでも特に問題はありません。好きな方を選びましょう。」となります。
そもそもVISA、MasterCardとは何でしょうか。今回はVISAとMasterCardとは何か、またVISAとMasterCardは海外ではどちらが使い勝手が良いか、詳しくみていきましょう。

VISA、Masterとは
VISAおよびMasterCardは、実店舗やインターネットショッピングで買い物をしてクレジットカードで支払いをするときに、そのクレジットカードでの支払いの決済機能を提供している会社です(クレジットカードの表面の右下に各決済機構会社のロゴマークがあります)。
一般的に、このVISAやMasterCardはクレジットカードの国際ブランドと呼ばれています。この他にも国際ブランドには、JCB、AmericanExpress(アメリカンエキスプレス)とDiners Club(ダイナースクラブ)などがあり、上述の5つの決済機構会社を合わせて、5大国際ブランドと呼ばれています。
また中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discoverの2社も加えて、7大国際ブランドと呼ばれることもあります。

6ffc3df7d4f1bec28efa98835032caf6_s

VISAとMaster、海外ではどちらが良いか

VISAとMasterCardを海外で利用するのに、どちらを選ぶかについて迷ったら、好きな方、好きなブランドイメージで選んでも大丈夫です。それでも決められないのであれば、とりあえずVISA選びましょう。VISAが使えずMasterCardだけが使えるというような状況は、かなり限られていると思われます。
VISAとMasterCardを海外で利用するのに、どちらを選ぶかどうしても決められない場合には、三井住友VISAカードではデュアル発行といって、VISAカードとMasterCardの2枚を発行してくれるサービスがあります。つまり三井住友VISAカードと三井住友MasterCardの2枚を持つことができます。
VISAとMasterCardはほとんどの国と地域で同じように使えますが、現在でもまれに片方しか使えないという店もありますので、海外に行くことが多いのであればVISAとMasterCardの両方を所持していれば更に安心でしょう。

国際ブランドとはなにか

次に国際ブランドについて詳しくみていきましょう。

国際ブランドとは、24時間世界中のどこででも利用できる決済システムを提供している会社のことです。上記の5大国際ブランド(VISA・ MasterCard・JCB・AmericanExpress・Diners Club)のほかに、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discoverの2社を加えて全部で7社あります。

国際ブランドの種類について
また国際ブランドは大きく2つの種類に分類できます。
1つは、決済機能の使いやすさを充実させた「決済カードブランド」で、VISAとMasterCardがこれに当てはります。
2つ目は、旅行先での傷害保険やサービスデスクなど、クレジットカード会員向けのサービスやサポートを重視した「T&E(Travel & Entertainment)カードブランド」で、JCB、AmericanExpress、DinersClubがこれに当てはまります。
「決済カードブランド」のVISAとMasterCardの2大ブランドが会員数や加盟店舗数では、他の国際ブランドしのいでいますので、国内はもちろん海外でも利用でき、また利用の幅が広いことが特徴です。
VISAとMasterCardは、海外旅行前にクレジットカード作りで迷った場合、この2つのブランドを選んでおけば間違いないでしょう。

eb3f3184aa487a835c5db41d9540a995_s

プロパーカードについて
VISAとMasterCardは「決済機能のみを提供している決済業務会社」ですのでクレジットカード自体の発行はしていません。
一方、JCB、AmericanExpress、DinersClubなどの国際ブランドは自社でクレジットカードを発行しています。この国際ブランド会社から発行されているクレジットカードはプロパーカードと呼ばれています。プロパーカードは、他の提携クレジットカードに比べてステータスが高く、よりサービスが行き届いています。

国際ブランドによるサービス・特典の違いについて
国際ブランドによって、どんなサービス・特典の違いがあるのでしょうか。
まず知っておきたい点は、クレジットカードのサービス・特典のほとんどは、国際ブランドではなくクレジットカード発行会社によって提供されているということです。
ただしAmericanExpressやJCBなどのように国際ブランド自体がクレジットカードを発行している(プロパーカード)場合もありますので、国際ブランドがクレジットカードのサービスや特典を提供している、といってよい場合もあります。
そして国際ブランドによって、サービスや特典は大きく異っています。以前は「T&E(Travel & Entertainment)カードブランド」であるJCB、AmericanExpress、DinersClubがサービスや特典の提供においては優位でしたが、近年ではVISA、MasterCardも決済だけでない別のエンターテイメントサービス(ホテル優待など)を充実させてきています。
また国際ブランドのサービス・特典を考えると、やはりAmericanExpressが一番充実しています。
上述しましたが、クレジットカードのサービスや特典の多くは、国際ブランドではなくクレジットカード発行会社のサービス・特典ですので、VISAとMasterのサービス・特典についてはクレジットカードの発行会社を比較して総合的に判断しましょう。

VISAとMasterの国際ブランドの特徴について

国際ブランドの歴史は、約50年前にDinersClubのクレジットカードの発行から始まりました。次にVISAとMasterCardの国際ブランドの特徴や歴史をみてみましょう。

VISA
VISAはクレジットカードの発行数、VISA加盟店舗数が世界で1位です。VISAは「Value Issuer Service Area」の頭文字を取ったもので、1958年にバンク・オブ・アメリカによって創業されました。本社はアメリカです。日本国内でVISAカードといえば「三井住友VISAカード」ですが、この三井住友VISAカードもVISAとライセンス契約をしている会社のひとつになります。
VISAは、クレジットカード以外にもデビットカード、プリペイドカードのサービスを提供しています。日本国内でクレジットカードが使える場所は、必ずVISAは利用できると考えてよいでしょう。

MasterCard(マスターカード)
MasterCardは、VISAに次いで世界第2位の決済業務会社です。ドイツの「EuroCard(ユーロカード)」との合併によってスタートしたために、ヨーロッパ圏で強いといわれていましたが、今日現在ではVISAの利用範囲とほぼ変わらないといわれています。
MasterCardの本社はアメリカで、VISAと同様にMasterCardは、クレジットカード自体の発行はしていません。MasterCardとライセンス契約をした企業がMasterCardのロゴの入ったクレジットカードを発行しています。
日本国内では、三井住友カード会社がVISAとMasterCardの両方を取り扱っていますので、MasterCardの利用可能な範囲はVISAの利用可能な範囲とほとんど同じといわれています。

8eee141c2e2359b09da884431715cb95_s

まとめ

VISAとMasterを海外で利用するのに比較した場合、使いやすさはほとんど変わらないと言えるでしょう。もちろん日本国内でも大きな差はありません。すからVISAとMasterを海外で利用するのにどちらを選択すれば良いか迷ったときの答えは「VISAとMasterは海外では使い勝手に大きな差はないので、どちらでも好きな方でよい」となります。
ただ、クレジットカードの国際ブランドの選び方は「国内での利用目的でクレジットカードを初めて持つのであれば国際ブランドはJCBにする。海外で使う目的の2枚目以降のクレジットカードの国際ブランドはVISAかMasterCardにする」のが良いでしょう。
クレジットカードは1枚で充分、という人でしたら、VISAかMasterCardのどちらかを選んでください。

バイク ローンは学生でも利用できる?親バレしたくなければ学生ローンを利用しよう

Tポイントカードの申し込み:自分に合ったTポイントカードを作ろう


sponsored link

関連記事

  1. パソコンをローンで学生が買う方法まとめ

    パソコンをローンで買うのに、学生さんはローンを組めるのでしょうか。今回はパソコンをローン(分割払…

  2. ライフカードで学生はいくらキャッシングできるか?キャッシンッグ方…

    ライフカードは誕生月にはポイントが5倍(ポイント還元率2.5%)になるため人気のあるクレジットカード…

  3. クレジットカードランキング2016最新版

    クレジットカードの使い方は人それぞれです。街中の買い物でもポイントを貯めたいし、インターネッ…

  4. JALカードで貯めたマイルは何と交換すれば一番お得?

    JALカードで貯めたマイルを商品等に交換する場合、大まかに分けると 1.特典航空券に交換…

  5. クレジットカードの銀行系カードは利便性が高い:高還元率カードと組…

    クレジットカードには種類があり銀行系に分類されるクレジットカードがあることをご存知ですか。クレジ…

  6. エポスカードのポイントの使い方:貯まったエポスポイントを現金とし…

    エポスカードとはマルイのクレジットカードで、マルイやVISA提携のお店で利用できます。マルイや他の店…

  7. クレジットカードのセキュリティコードについて:楽天カードの場合

    インターネットのショッピングモールの楽天市場での買い物で、楽天カードで決済をする場合、楽天カードのセ…

  8. クレジットカードのセキュリティコードはどこ? JCBカードの場合…

    クレジットカードのセキュリティーコードについて、JCBの場合JCBカードを利用してインターネ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP