menu

sponsored link

VISAとMasterCardのどっちを選ぶ?国際ブランドを理解しよう

sponsored link

VISAとMasterCardのどっちを選ぶか

VISAとMasterCardのどっちを選ぶか、クレジットカードを作るときに考えることがよくあることと思います。では実際のところVISAとMasterCardのどちらを選べばよいのでしょうか。
結論から言えばどっちを選んでもほとんど差はありません。強いていえば初めてクレジットカードを作るのであればVISAを選びましょう。
VISAやMasterカードは国際ブランドと呼ばれるものです。今回はクレジットカードを作るときにVISAとMasterCardのどっちを選べばよいか、また国際ブランドと呼ばれているVISAやMasterCardはそもそも何なのかについて簡単にみていきましょう。

photo008-300x225

VISAとMasterカードの違いについて

VISAカードはVISAの加盟店で決済に使えます。MasterCardはMasterCardの加盟店で決済に使えます。簡単にいうとVISAとMasterCardの違いはこれだけです。VISAやMasterCardはクレジットカードの基本的な機能には関係がありません。例えば金利がいくらか、年会費がいくらか、支払い方法がどうか、ポイントの付与率はどうか、といったこととは無関係です。ですからVISAとMasterCardのどちらがお得であるとか便利とかいうことはありません。
VISAやMasterCardは「国際ブランド」と呼ばれるものです。
クレジットカードの基本的な機能やサービスは「国際ブランド」ではなく、三井住友カードとかオリコカードなど各クレジットカード会社によって決められています。また国際ブランドが提供するサービスもあります。

VISAとMasterCardの加盟店について
日本国内ではクレジットカード加盟店の管理会社は全てVISAとMasterの両方を扱っています。ですから事実上、VISAの加盟店=MasterCardの加盟店となっています。

一般的に言われる加盟店数の多さははJCB、VISA、Masterの順ですが、各国際ブランドの加盟店の正確な数は不明です。
国内でのクレジットカードの利用に関してはVISAかMasterCardにしておくほうが無難でしょう。ただ店舗数で言えばVISAやMasterCardが使えてJCBが使えない店よりも、どこのクレジットカードも使えない店のほうが圧倒的に多いですので、国際ブランドをJCB、VISA、MasterCardのどれにするかは、クレジットカードを選択するのにあまり重要な問題ではありません。
海外ではVISAの加盟店が一番多くMasterCardの加盟店がそれに続きます。JCBはアジアおよびハワイでは使える店は多いですが、それ以外の地域では使えないこともあります。
ですから海外でクレジットカードをを利用する場合はもっとも加盟店数の多いVISAが無難と言えるでしょう。ただし海外でクレジットカードを利用する場合、クレジットカードの紛失・盗難や磁気不良などのトラブルに備え、2枚以上のクレジットカードを所持することをおすすめします。その点から言えばVISAとMasterCardのどちらが良いかというより、VISAとMasterCardの両方を持つ方が良いといえます。

国際ブランドについて

クレジットカードに関係する企業には3種類あります。
【イシュア】
クレジットカードを発行する会社です。三井住友カードとかオリコカードなどの各クレジットカード会社のことです。
【アクワイアラ】
クレジットカード取扱店を管理する会社です。クレジットカードで決済利用できる店舗は基本的にはアクワイアラに加盟することになります。直接アクワイアラに加盟せずに決済代行会社を挟む場合もあります。
日本ではイシュアがアクワイアラも兼ねています。一つのクレジットカード会社にイシュアとしての役割とアクワイアラとしての役割があるということです。
【国際ブランド】
国際的なネットワークを持ち、イシュアとアクワイアラの仲立ちをする会社のことです。

クレジットカードを決済利用した場合、請求の流れは以下のとおりです。
販売店→アクワイアラ→国際ブランド→イシュア→利用者
代金の流れはこの逆になります。
もし「国際ブランド」がなければ世界中のイシュアとアクワイアラがそれぞれ契約を結ばないとクレジットカードを世界中で使うことができません。「国際ブランド」を介することによって、イシュアとアクワイアラがそれぞれ「国際ブランド」と契約することで、クレジットカードが世界中で使えるようになっています。
代表的な「国際ブランド」には、VISA/MasterCard/JCB/AmericanExpress/ダイナースがあり、5大ブランドと呼ばれています。

各国際ブランドの特徴について

 

VISA

ダウンロード

VISAは最大手の国際ブランドです。またVISAは国際ブランド専業の企業で、自社のクレジットカードはありません。「三井住友VISAカード」の名称が良く知られているので、この「三井住友VISAカード」はVISAから発行されたクレジットカードと思っている方もいますが誤りです。VISAのサイトでVISAが提供するサービスを確認することができます。またゴールドカード以上では手荷物宅配サービスの優待を受けることができます。

 

MasterCard

ダウンロード (1)

MasterCardはVISAに続く2番目に大きい国際ブランドです。MasterCardも国際ブランド専業企業であり、クレジットカードは発行していません。MasterCardにもVISAと同様な優待サービスがあります。ゴールドカード以上では手荷物宅配サービスの優待を受けることができます。

 

JCB

jcb

JCBも国際ブランドですがVISAやMasterCardと異なり、国際ブランドだけでなくイシュアとアクワイアラも兼ねています。ですからJCBは自社でクレジットカードを発行しています。
JCBのクレジットカードには以下の3つの種類があります。
●JCB本体発行のクレジットカ―ド(プロパーカード)
JCB本体が発行するクレジットカードで、クレジットカード機能はイシュアとしてのJCBから提供されます。
●FC(フランチャイズ)発行のクレジットカード(提携カード)
JCBグループの銀行や銀行の関連会社が発行するクレジットカードです。JCB本体発行のクレジットカードと同等のサービスと、FCが提供するサービスの両方を受けることができます。
●開放JCB
JCBがライセンスを与えたイシュアから発行されたクレジットカードのことで、クレジットカードの基本的な機能はイシュアが提供します。
開放JCBとは、JCBブランドマークがついたクレジットカードの発行は認められているけれど、それ以外の管理や与信にはJCBは関与しない、という提携で発行されたクレジットカードのことです。

国際ブランドのJCBから提供されるサービスとして、特筆すべきは「JCBプラザ」です。この「JCBプラザ」は全世界60カ所に設置されたサービス窓口です。海外で使い勝手が良くないとされるJCBカードですが「JCBプラザの利用」のために1枚持っておくのも良いでしょう。
「JCBフォン」というサービスは、海外で利用可能は携帯電話をレンタル料金無料で貸し出すサービスです。通話料はかかりますが、使わなければ無料ですのでもしもの時のために借りておくのも良いでしょう。

 

AmericanExpress

3NBwspLk

AmericanExpressもJCBと同様にAmericanExpressから発行されたプロパーカードと、ライセンス契約により発行された開放アメリカンエキスプレスがあります。現在開放アメリカンエキスプレスを発行しているのはセゾンカードとMUFGカードです。
アメリカンエキスプレスは日本国内では加盟店が少ないですがJCBとの提携によって多くのJCB加盟店で利用することができます。
海外ではアメリカンエキスプレスはVISAやMasterCardに比べて加盟店は少ないです。北米では利用できる店が多いです。

 

ダイナース

ダウンロード

ダイナースのクレジットカードは自社から発行されたプロパーカードしかありません。
ダイナースは日本国内では加盟店が少ないものの、JCBとの提携により多くのJCB加盟店で利用することができます。
海外ではダイナースはVISAやMasterCardと比較すると加盟店は少ないです。米国の大手クレジットカード会社ディスカバーと提携しているため北米では広く使えるはずなのですが、認知度が低く使えないこともあるようです。
アメリカンエキスプレスとダイナースはT&Eカードと呼ばれています。T&Eとはトラベル&エンタテイメントの略で、どちらのクレジットカードも旅行とエンタテイメントに関するサービスが充実しています。その旅行とエンタテイメントに関するサービスはイシュアとしての機能です。

国際ブランドの違い:海外利用換算レート
海外でクレジットカードを利用した場合の換算レートは、国際ブランドによって異なっています。各国際ブランドの換算レートを同じ条件で調べることは難しいのですが、MasterとJCBがわずかにお得であるとされています。

まとめ

VISAとMasterCardのどっちを選ぶか、クレジットカードを作るときには決めなくてはいけません。クレジットカードを作る目的が国内での決済利用であれば、VISAが無難ですがMasterCardやJCBを選んでも大きな差はありません。
クレジットカードを海外で利用するのであればVISAが無難ですが、海外ではクレジットカードのトラブルに対処するために、VISAとMasterCardの2枚を持つことをおすすめします。

免許ローンは学生でも利用可能:1番お得な免許ローンを選ぼう

クレジットカード審査に通らない理由とは


sponsored link

関連記事

  1. ANAカード比較:おすすめANAカードはマイル還元率と手数料を基…

    ANAカードを比較してどのANAカードがもっともおすすめのクレジットカードかみていきたいと思います。…

  2. クレジットカード比較:還元率で選ぶおすすめクレジットカード

    クレジットカードを比較して還元率でおすすめクレジットカードを選んでみました。クレジットカードはど…

  3. デビットカードは学生も利用できる:クレジットカードの練習用カード…

    デビットカードは学生でも利用できるのでしょうか。そもそもデビットカードとはどんなカードでしょうか。…

  4. JCBカードが年会費無料になる条件について

    JCBカードはクレジットカードの年会費が有料のクレジットカードですが、年会費無料にするために条件があ…

  5. visaプリペイドカードをamazonで利用する:Vプリカ使い方…

    visaのプリペイドカードでamazonで使うには、どのvisaプリペイドカードが使い勝手が良いでし…

  6. キャッシングしたい学生さん必見!学生がキャッシングする方法まとめ…

    キャッシングを利用したい学生さんが、お金を借りる方法にはどんなものがあるでしょうか。学生さんがお…

  7. JALカードの解約は電話でできるか:JALカード解約方法まとめ

    JALカードの解約は電話でできるのでしょうか。今回はJALカードの電話での解約方法および、その他…

  8. クレジットカードは学生でも作れるの?

    クレジットカードを学生は持つことができるのでしょうか?大学生、専門学校生で18歳以上であれば…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP