menu

sponsored link

ANAカードの種類を比較してマイルの貯まりやすいANAカードを選ぶ

sponsored link

ANAカードにはたくさんの種類があります。ANAカードを種類別に分けてマイルの貯まりやすさを比較してみましょう
ANAカードをこれから作りたい方、またANAカードでもっと効率よくマイルを貯めたい方は、もう一度ANAカードの種類を知って比較し、ご自分にあったANAカードを探してみませんか。
ANAカードの中でも特にマイルが多く貯まるANAカードを中心に、ANAカードの種類を比較してみましょう。

ANAカードの種類について(グレード)
ANAカードはグレード別に4つの種類に分けることができます(年会費は全て税別)。
ANA 一般カード(年会費 2,000~7,000円)
ANA ワイドカード(年会費 7,250円)
ANA ワイドゴールドカード(年会費 14,000~31,000円)
ANA カードプレミアム(プラチナカード)(年会費 70,000~155,000円)

ANAカードの種類別比較

ANAカードを種類別に比較してみましょう。ANAカードの種類別にマイルの貯まりやすさを比較しています。

ダウンロード

ANA一般カード(年会費2,000円~7,000円)

ANA一般カードはVISA、Master、Suica、TOP&ClubQ、JCB、JCB ZERO、ソラチカ、アメリカン・エキスプレスの8枚の種類があります。
ANA一般カードのうちで、JCB ZEROだけは年会費無料でマイル還元率は0.5%、他のANA一般カードは基本的にマイル還元率はすべて1%です。
ANA一般カードのなかでアメリカン・エキスプレスだけが年会費が7,000円と高額ですが、年間6,000円のポイント移行コースに登録すれば、ポイントに有効期限がなくなります。ポイントを長期間貯めたい場合はよいですが、コストがかかりますので、あまりおすすめできません。
ANA一般カードのうち三井住友カードから発行されている4枚(VISA/Master/Suica/TOP&ClubQ)は、マイ・ペイすリボに登録し、年に最低1回クレジット決済を利用すれば、ANAカードの年会費がそれぞれVISAとMasterは1,025円、SuicaとTOP&ClubQは751円に割引きされます。
この三井住友カードから発行されている4枚のANAカードをすべて所持すると、年会費は4枚の合計で3,552円になります。毎年継続ボーナスとして1枚につき1,000マイルもらえますので、この4枚をクレジット決済利用せず、ただ所持していれば、毎年4,000マイルもらえることになります。バイマイル(マイルを購入すること)と考えると1マイル=0.96円になりますので非常にお得です。また継続ボーナスはクレジットカードのポイントではなく、マイル口座に直接ANAマイルが振り込まれますので、マイル移行費は不要です。新規入会キャンペーン等、条件が良いときに順番に申し込みをしてみてはどうでしょうか。
ただし「ANA VISAワイドゴールドカード」と「ANA VISA一般カード」は重複して所持できません。ANA VISAワイドゴールドを持つならば、その他の3枚(Master、Suica、TOP&ClubQ)を申し込みましょう。
ANA JCB一般カードには年会費の割引はありませんが、毎年ANAカードの継続ボーナスとして1,000マイルもらえます。年会費は1,000円ですので、バイマイルとして考えると1マイル=2円になります。ANA JCB一般カードも入会キャンペーンなど条件がいいときに申し込みましょう。

ダウンロード (3)

ANAワイドカード(年会費7,250円)

ANAワイドカードとANA一般カードがよく比較されます。ANAワイドカードとANA一般カードとの違いを比較してみましょう。
フライトマイルの積算率は、ANA一般カードは10%、ANAワイドカードは25%に設定されています。ANAワイドカードにはゴールドカードに相当する付帯保険があります。ANAワイドカードには新規入会時と毎年の継続ボーナスマイルがANA一般カードの倍の2,000マイル付与されます。ANAワイドカードのマイル移行手数料はANA一般カードと同じです。
ANAワイドカードの年会費は7,250円(税別)と高額で、マイル移行手数料がJCBであれば5,000円(税別)、VISAは6,000円(税別)必要ですので、ANAワイドカードよりも、マイル移行費が無料の「ANAワイドゴールドカード」を選びましょう。

ダウンロード (1)

ANAワイドゴールドカード(年会費14,000円~31,000円)

ANAワイドゴールドカードの種類にはVISA、Master、JCB、AmericanExpress、ダイナースの5つがあります。
ダイナースは券面が金色ではありませんが、ゴールドカード相当です。
ANAワイドゴールドカードは新規入会時および毎年のANAカード継続ボーナスで貰えるマイルは、ANAワイドカードと同じ2,000マイルです。ANAワイドゴールドカードのフライトマイル積算率はANAワイドカードと同じです。特典は、ANAワイドゴールドカードの方がたくさんあります。
ANAワイドゴールドカードはショッピング枠が100万円以上ありますので、簡単にクレジットカードのショッピング利用限度額に達してしまうことはないでしょう。ANAワイドゴールドカードの利用を続けていると200万円、300万円までもショッピング枠の増額が可能です。
ANAワイドゴールドカードの一番の特典は、ANAワイドゴールドカードの決済利用で貰えるポイントのマイル移行費用が無料というところです。
三井住友カードから発行されている2枚「ANA VISAワイドゴールドカード」と「ANA Masterワイドゴールドカード」は、マイ・ペイすリボとWEB明細サービスへの登録で年会費が9,500円にまで割引きになり、ポイント還元率も高くなるので非常にお得なANAワイドゴールドカードです。
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドと、ANAダイナースの2枚はカードの年会費がさらに高額です。けれどもANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドとANAダイナースの2枚は、新規入会特典の付与マイルが他のANAワイドゴールドカードの新規入会キャンペーンでの付与マイルに比べて、かなり多いです。またポイントサイト経由での新規入会で大量のポイントも貰えます。この新規入会キャンペーンやポイントサイト経由の入会でもらえる大量のマイルは、クレジットカードが発行されてしてしまうと2回目はありません。時期によって新規入会キャンペーンの内容には多少の違いがありますので、よく比較してANAワイドゴールドカードの申し込みをして下さい。キャンペーンで大量のマイルをもらった後は、翌年の年会費がかかる前に、ANAワイドゴールドカードを継続するか解約するか、ANAワイドゴールドカードの使い勝手を考えて決めましょう。
ANAワイドゴールドカードはANAワイドカードと同様に、海外旅行傷害保険が付帯されています。ただし年会費無料のクレジットカードで海外旅行傷害保険付のものもありますので、そちらを数枚発行するほうがお得になります。ですので海外旅行傷害保険はANAワイドゴールドカードを比較するときの考慮にはいれなくてよいと思います。
ANAワイドゴールドカードの特典でもうひとつ重要なことは、ANAマイルからANA SKYコインへの交換比率が高いことです。ANA一般カードは、5万マイルで1.5倍となる75,000コインですが、ANAワイドゴールドカードでしたら、5万マイルを交換すると1.6倍の80,000コインにもなります。

ダウンロード (2)

ANAカードプレミアム(年会費70,00円~155,000円)

ANAカードプレミアム(プラチナカード)の年会費(70,000円~155,000円)は非常に高額です。ステータスを感じたい、コンシェルジュサービスをうけたい、という方であれば高額な年会費を支払う価値があると思います。
ANAダイナースプレミアカードは、年会費が155,000円で、マイル還元率が全ANAカード中で最も高い2%ですが、1年間で800万円以上のクレジットカード決済が必要です。この金額をクレジットカードで支払ってはじめて年会費分の元が取れる計算になりますので、1年間に1,000万円以上クレジットカード決済する方でないと、お得にはなりません。

4dde9c45ed48123a0e90f61ee443613d_s

まとめ

ANAカードを種類別に比較して、マイルが多く貯まるANAカードみてきました。
ANAカードにはグレード別、ブランド別にたくさんの種類がありますが、ご自分にあったANAカードがあったでしょうか。マイルを効率よく貯めたい方であれば、「ANA VISAワイドゴールドカード」が一番のおすすめです。
たくさんの種類のあるANAカードを比較して良く検討されてから、納得のいくANAカードを選んで、たくさんのマイルを貯めて下さい。

9b64aa0c3762ab497239f86cfec9cdad_s車のローン審査を学生は通過できるか?販売店ローンは通過可能ただし条件あり

e942ab22236d648a4c1b0648dcd5c32e_sANAカードの年会費が高いと思っている方へ:ANAカードの年会費は本当に高いか?


sponsored link

関連記事

  1. 68f2ff8ce6c4d3c384368feaecd41a23_s

    JALカード解約で年会費は返金されるか?

    JALカードを解約すると年会費は返金されるのでしょうか。今回は、JALカードを解約すると支払い済…

  2. 2555a9874fa4ed1c3a37e13976c5dcc3_s

    JALカードの保険請求先まとめ:JALカード提携先によって保険請…

    JALカードには各種傷害保険が自動付帯されています。旅行傷害保険は、旅行回数・利用航空会社を問わ…

  3. 59df637291164c8cb4ab52b28ed461a6_s

    エポスカードのプラチナカード限度額について

    エポスカードのプラチナカードはマルイが発行する最上位のクレジットカードで、エポスプラチナカードという…

  4. ダウンロード (8)

    ANAカードのマイルの期限を無期限にできるクレジットカードについ…

    ANAカードのマイルの期限は3年です。ANAマイレージクラブのマイルを貯めている人の多くは、「マイル…

  5. images (32)

    ANAカードのプレミアム会員になるには

    飛行機に多く乗る人を対象に、航空会社が特別なサービスを提供するシステムがあります。この特別なサービス…

  6. 72ab99027853fcc329733ed11fa13b7a_s

    ダイナースカードのポイント還元率は?高ステイタスカードで旅行やエ…

    ダイナースカードといえば、アメリカンエキスプレスと双璧をなす高ステータスのクレジットカードです。…

  7. 1fb1eafeb01897fc8fcd0da5b358dda1_s

    JALカードの保険は家族も補償される?「海外旅行 家族特約保険」…

    JALカードに付帯されている保険は家族も補償の対象でしょうか。今回はJALカードに付帯されている…

  8. 3ff4da1d15226a1144ec9cb17e656b62_s

    ANAカード比較:ゴールドカードはVISA/MasterCard…

    ANAカードを比較してもっともお得なANAゴールドカードを選びましょう。ANAカードのゴールドカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP