menu

sponsored link

アナカードにはどんな種類があるの?グレード・国際ブランド別まとめ

sponsored link

アナカードは全日本空輸株式会社のクレジットカードで、クレジットカードの決済利用でANAマイルが貯まります。アナカードには、クレジットカード発行会社によってたくさんの種類がありますので、どのアナカードを選択すればよいか迷うことも多いでしょう。
今回はアナカードの種類をクレジットカードのグレード、および国際ブランド別に分けてまとめました。
アナカードをこれから選びたい人も、アナカードでもっとマイルを貯めたいと思っている人も、もう一度アナカードの種類を知って、自分にあったベストな1枚をみつけて下さい。

images (32)

アナカードのグレードについて

アナカードはグレード別に4つに分類できます。(年会費は全て税別)
ANA 一般カード(年会費 2,000~7,000円)
ANA ワイドカード(年会費 7,250円)
ANA ワイドゴールドカード(年会費 14,000~31,000円)
ANA カードプレミアム(プラチナカード)(年会費 70,000~155,000円)

アナカードのグレード・国際ブランド別の特長について

アナカードのグレード別・国際ブランド別の特長をまとめました。

アナ一般カード(年会費 2,000~7,000円)

ダウンロード (14)

アナ一般カードにはVISA、Master、Suica、TOP&ClubQ、JCB、JCB ZERO、ソラチカ、アメリカン・エキスプレスの8枚があります。
アナ一般カードのうち、JCB ZEROだけは年会費無料でマイル還元率は0.5%、他のANA一般カードのマイル還元率は基本的にすべて1%です。

アメリカン・エキスプレスのアナ一般カード
ANA一般カードのうちでアメリカン・エキスプレスだけが年会費が7,000円と高額ですが、年間6,000円のポイント移行コースに登録すると、ポイントが無期限になることがアメリカン・エキスプレスのメリットです。クレジットカード決済だけでポイントを長期間貯めると考えれば利用価値はありますが、コストが高くつきますのでおすすめできません。

VISA、Master、Suica、TOP&ClubQのアナ一般カード
ANA一般カードのなかで三井住友カードから発行されているVISA、Master、Suica、TOP&ClubQの4枚は、マイ・ペイすリボに登録した後、年に最低1回クレジットカードを決済利用すると、クレジットカードの年会費がそれぞれVISAとMasterは1,025円、SuicaとTOP&ClubQは751円に割引きされます。
この三井住友カードから発行されている4枚すべてを所持すると、年会費は4枚の合計で3,552円になります。毎年継続ボーナスとして1枚につき1,000マイル付与されますので、この4枚を決済利用せず、ただ所持することで毎年4千マイルがもらえることになります。バイマイル(マイルを購入すること)と考えると1マイル=0.96円の計算になります。
継続ボーナスはクレジットカードのポイントとしてではなく、マイル口座に直接ANAマイルが振り込まれますので、マイル移行費は必要ありません。新規入会キャンペーンなどの条件が良いときに、順に申し込みをしてみてはいかがでしょう。
注意点としては、ANA VISAワイドゴールドカードとANA VISA一般カードは重複して所持することができません。ANA VISAワイドゴールドを持つならば、その他の3枚(Master、Suica、TOP&ClubQ)を申し込みましょう。

JCBのアナ一般カード
ANA JCB一般カードにはクレジットカードの年会費の割引はありません。しかし毎年クレジットカードの年会費2,000円が必要ですが、クレジットカードの継続ボーナスとして1,000マイルもらえますので、バイマイルとして考えると1マイル=2円になります。ANA JCB一般カードも入会キャンペーンなど条件がいいときに申し込んでみましょう。

アナワイドカード(年会費 7,250円)

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-3

アナワイドカードとアナ一般カードがよく比較されるようです。アナワイドカードとアナ一般カードとの違いをみていきましょう。
フライトマイルの積算率は、ANA一般カードは10%ですが、ANAワイドカードは25%に設定されています。
ANAワイドカードにはゴールドカードに相当する付帯保険があります。
ANAワイドカードには新規入会時と毎年の継続ボーナスマイルがANA一般カードの倍の2,000マイル付与されます。
ANAワイドカードのマイル移行手数料はANA一般カードと同じです。
ANAワイドカードの年会費は7,250円(税別)と高いうえに、マイル移行手数料がJCBは5,000円(税別)、VISAは6,000円(税別)かかります。ですからANAワイドカードを所持するのであれば、マイル移行費が無料のANAワイドゴールドカードにするほうがおすすめです。

アナワイドゴールドカード(年会費 14,000~31,000円)

16765494.eps

ANAワイドゴールドカードには、VISA、Master、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースの5枚があります。
ダイナースは券面が金色ではありませんが、ゴールドカード扱いになっています。
ANAワイドゴールドカードは新規入会時と毎年の継続ボーナスに付与されるマイルは、ANAワイドカードと同じ2,000マイルです。ANAワイドゴールドカードはフライトマイル積算率もANAワイドカードと同じです。特典はANAワイドゴールドカードの方が多く付帯されています。

ANAワイドゴールドカードはショッピング枠が100万円以上あります。ANAワイドゴールドカードを使い続けていると200万円、300万円までもショッピング枠を増額することができます。
ANAワイドゴールドカードの一番のメリットは、ANAワイドゴールドカードの決済利用でもらえるポイントの、マイル移行費用が無料という点です。

VISA、Masterのアナワイドゴールドカード
三井住友カードから発行されている、ANA VISAワイドゴールドカードと、ANA Masterワイドゴールドカードは、マイ・ペイすリボとWEB明細サービスへの登録でクレジットカードの年会費が9,500円にまで割引きになり、クレジットカードのポイント還元率も高くなるので非常にお得なANAワイドゴールドカードといえます。
ANAワイドゴールドカードは、ANAワイドカードと同じく海外旅行傷害保険が付帯されていますが、年会費無料のクレジットカードで海外旅行傷害保険付のものがありますので、そちらを数枚発行するほうがお得です。ですからANAワイドゴールドカードを選ぶ時の考慮点にはいれなくてよいと思います。

アメリカン・エキスプレス、ダイナースのアナワイドゴールドカード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドと、ANAダイナースの2枚はクレジットカードの年会費がさらに高額です。しかしこの2枚のアナワイドゴールドカードは、新規入会特典のマイルが他のANAワイドゴールドカードの新規入会キャンペーンでもらえるマイル数に比べて、かなり多くなっています。またポイントサイト経由での新規入会でもらえる大量ポイントもあります。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドと、ANAダイナースの2枚の新規入会キャンペーン例をみてみましょう。
「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドと、ANAダイナースの2枚は新規入会から○ヶ月以内に○○万円利用で数万マイル、そしてポイントサイト経由での新規入会で数万ポイント」
この2つの新規入会キャンペーンを上手に組み合わせると、ANAダイナースの新規入会のみで6万から7万マイル手に入ることもあります。このANAダイナースの新規入会キャンペーンの条件は、3ヶ月間で30万~40万円のクレジットカード決済ですので、普段から月に10万円以上クレジットカードの支払いがあれば申し込んでみると良いと思います。
新規入会キャンペーンやポイントサイト経由の入会でもらえる大量のマイルは、一旦クレジットカードが発行されてしてしまうと2回目はありません。時期によって新規入会キャンペーンの内容に多少の違いがありますので、よく見極めてからANAワイドゴールドカードの申し込みをして下さい。キャンペーンで大量のマイルをもらった後は、2年目のクレジットカードの年会費がかかる前に、ANAワイドゴールドカードを継続するか、または解約するか、使い勝手を考えて決めるとよいでしょう。

ANAワイドゴールドカードのメリットでもうひとつ大事な点は、ANAマイル→ANA SKYコインへの交換比率が高いことです。ANA一般カードは、5万マイルの交換で1.5倍となる75,000コインですが、ANAワイドゴールドカードでしたら、5万マイルの交換1.6倍の80,000コインになります。

アナカードプレミアム(年会費 70,000~155,000円)

sim_img_1601

ANAカードプレミアムには、VISA、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースの4枚があります。

ANAカードプレミアム(プラチナカード)は「ステータスを感じたい、コンシェルジュサービスをうけたい」という人であれば、クレジットカードの年会費(70,000~155,000円)を支払う価値があると思います。
ANAダイナースプレミアカードはマイル還元率が全ANAカード中最も高い2%ですが、年会費が155,000円必要です。1年間で800万円ほどのクレジットカード決済で年会費分のポイントが還元されるくらいですので、1年間に1,000万円以上クレジットカード決済する場合でないと、お得にはなりません。

a6024b15a6306716f82aac6b69b58db7_s

まとめ

アナカードの種類をグレード別、国際ブランド別にまとめました。
アナカードの種類はたくさんありますが、この記事を参考にされて、ご自分にあったアナカードを選んでください。
マイルを効率用く貯めるのであれば、ANA VISAワイドゴールドカードがおすすめです。是非アナカードを申し込んで、たくさんのマイルを貯めて、特典航空券に交換してみてはいかがでしょう。

イオンカードを解約するとwaonはどうなるの?

ライフカードの学生の審査は厳しいか?学生専用ライフカード特典まとめ


sponsored link

関連記事

  1. JALカードの保険は家族も補償される?「海外旅行 家族特約保険」…

    JALカードに付帯されている保険は家族も補償の対象でしょうか。今回はJALカードに付帯されている…

  2. JALカードでマイルを貯める:効率よいマイルの貯め方決定版

    JALカードでマイルを貯めて、特典航空券に交換し旅行に行きたいと考えている方は多いと思います。JAL…

  3. ANAカードの年会費が高いと思っている方へ:ANAカードの年会費…

    ANAカードの年会費は高いと思っている方が多いようです。ただANAマイルを貯めるためにはANAカード…

  4. JALカードで貯めたマイルは何と交換すれば一番お得?

    JALカードで貯めたマイルを商品等に交換する場合、大まかに分けると 1.特典航空券に交換…

  5. ANAカードのマイルの期限を無期限にできるクレジットカードについ…

    ANAカードのマイルの期限は3年です。ANAマイレージクラブのマイルを貯めている人の多くは、「マイル…

  6. セゾンカードのアメックスゴールドカードはJALカードよりマイルが…

    セゾンカードにはアメックスのゴールドカードがあります。アメックスのゴールドカードにもかかわらず年会費…

  7. JALカードのマイルを確認する:確認方法まとめ

    JALカードのマイル確認方法についてまとめてみました。JALマイルを貯めて利用するためには、有効…

  8. JALカードのマイルを使う:お得なマイル交換まとめ

    JALカードのマイルを使うには、何と交換すればお得でしょうか。JALカードで貯めたマイルを使う場…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP