menu

sponsored link

クレジットカードの最短発行は即日:学生さんにおすすめの最短発行クレジットカード3枚

sponsored link

クレジットカードの最短発行とはどのくらいかかるのでしょうか。またクレジットカードで最短発行されるもので学生さんにおすすめのカードにはどんなものがあるでしょうか。今回はクレジットカードの中で最短発行されていて学生さんにおすすめのクレジットカードについてみていきましょう。

45d332709126521eb474ed96f1ab6750_s

クレジットカードの最短発行:現在の状況について

クレジットカードは申込から実際のカード発行までに要する日数は各クレジットカード会社によって異なっています。1週間から10日前後が一般的で、数週間から1ヶ月程度かかる場合もあります。現在のところクレジットカードの最短発行は、申込当日に発行してくれる即日発行サービスです。また申込から数日程度で発行してくれるスピード発行サービスに対応しているクレジットカード会社もあります。クレジットカードを最短発行して欲しい学生さんは、そうした即日発行およびスピード発行のサービスのあるクレジットカード会社を利用しましょう。

現在のクレジットカードの最短発行の状況は、クレジットカード会社の窓口に出向くことができる場合で、即日発行してもらうことができます。また郵送受取での最短発行は翌営業日発行というのが最速です。郵送希望の場合は郵送されるのにある程度の時間がかかりますので、それも考慮した上で申込みをしましょう。
なおクレジットカード申込から発行までの流れは各クレジットカード会社によって異なっていますが、本人確認のために電話が掛かってきたり、書類提出を求められる場合もあります。そのような手続きが滞ると、それだけクレジットカードの発行が遅くなりますので、クレジットカードを最短発行して貰いたいのであれば、手続きも速やかに行うことが大事なポイントです。

即日発行可能なクレジットカードについて

クレジットカーの最短発行は、上記のように現在では即日の発行です。
次にクレジットカードの中で即日発行に対応しているクレジットカードについて詳しくみていきましょう。

クレジットカードの即日発行とは
クレジットカードは実際にカードが発行されるまでには以下のステップがあります。
1.クレジットカード申込
2.クレジットカード審査
3.クレジットカード発行
4.クレジットカード発送
この4つのステップを経た後にクレジットカードの取得となります。
クレジットカードの即日発行とは、ステップ1~3までが1日の内に行なわれるということです。
基本的に即日発行のクレジットカードは郵送で自宅にお届け、となっています。クレジットカードを申込んだその日にクレジットカードが発行されるのであれば、最短で翌日にはクレジットカードが自宅に到着することになります。クレジットカード申込者の住んでいる地域や配達状況によってはクレジットカードが手元に届くまで2,3日かかることもありますが、それでもかなり早い発行です。
またクレジットカードを申込み、指定された受取り場所に行けば、即日クレジットカードの受取りができる、そんなクレジットカードもあります。クレジットカードを受け取るのに足を運ばなければいけない、近くにクレジットカードの受取りができるスポットがない、というデメリットはありますが、クレジットカードを最短発行してもらいたいときには役立つサービスです。

即日発行クレジットカードの申込み手順について

即日発行のクレジットカードを申込む場合、大きく分けて以下の3つの方法のいずれかで申込む必要があります。

来店申込
来店型の申込は、文字通りクレジットカードの申し込みができる場所に足を運び、クレジットカードの申込を行なうものです。足を運ばなければいけないというデメリットはありますが、クレジットカードによってはその場で受取りが可能です。
クレジットカードの申込場所その場で申請受理し審査手続きが行われますので、最短で2時間ほどでクレジットカードをうけとることができます。近くにクレジットカード申請スポットがあれば、来店でクレジットカードを申し込むのも良いでしょう。

Web申込
現在最も多いクレジットカードの申込方法がWeb申込です。今現在この記事を見てくださっている学生さんすべては、Web上で見てくださっていることになります。
来店申込のように外に出る必要はありません。基本はクレジットカードの申込からクレジットカードの受取まですべてネット上で手続きを行うことができます。web申込は簡単に申込め手間がかかりません。

郵送申込
現在では少なくなりましたがクレジットカードの申込書を郵送でクレジットカード会社に送り申込をする方法もあります。郵送申込はクレジットカード会社に申込書が届くまでの郵送時間がかかるのがデメリットです。即日発行のクレジットカードを希望しているのに、結局クレジットカードの受取まで余計な時間がかかってしいます。
最近ではクレジットカード会社も郵送での申込方法を取りやめていることが多くなっています。すべてWeb上で済ませるほうが利便性が高く情報も管理しやすいのでしょう。ネット環境がないというような状況以外は郵送型の申込はしないほが良いでしょう。

学生さんにおすすめの即日発行対応クレジットカードについて

クレジットカードの最短発行は即日発行ですが、その即日発行対応のクレジットカードで学生さんにおすすめのクレジットカードを3枚紹介します。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

アコムACマスターカード
年会費:永年無料
国際ブランド:マスターカード
「アコムACマスターカード」は消費者金融会社であるアコム発行のクレジットカードです。
この「アコムACマスターカード」はカードローン専用カードではなく、アコムが発行する正式なクレジットカードです。
国際ブランドはマスターカードので、JCBやVISAは選べません。また即日発行対応なのが大きなメリットの「アコムACマスターカード」で、最寄りのむじんくん(自動契約機)まで行けば、即日でクレジットカード自体を受取ることができます。
基本的にむじんくんは全国に設置されています。今すぐクレジットカードが必要であれば、むじんくんまで足を運ぶのも1つの手です。
【アコムACマスターカードの特徴】
「アコムACマスターカード」のメリットは、この記事のメインテーマですが、最短発行が即日であるクレジットカードである点です。また「アコムACマスターカード」はクレジットカード審査に通りやすいという評判です。申込基準は高くありません。18歳以上で安定した収入があれば誰でも申し込むことができます。
「アコムACマスターカード」のデメリットは支払いがリボ払いのみである点です。リボ払いの金利は非常に高く、返済方法を間違えると余計な支払いが増えますので十分に気をつけましょう。
また一番のデメリットは「アコムACマスターカード」を決済利用してもポイントが一切付与されない点です。クレジットカードを使う楽しみの1つはポイント還元で、クレジットカードを使えば使うほどポイントが貯まる仕組みになっています。しかし「アコムACマスターカード」にはポイント還元がありません。

sezon

セゾンカード
年会費:永年無料
国際ブランド:VISA、マスター、JCB、AMEX
セゾンカードも即日発行可能なカードですが、その中からピックアップしたのは年会費永年無料のセゾンカード・インターナショナルです。
まずインターネットでセゾンカードを申込むと、受取方法として郵送受取と店頭受取のどちらかを選択します。
郵送受取が一般的で、簡易書留あるいは本人限定受取郵便でセゾンカードが届きます。すぐにクレジットカードを受取りたいのであれば「店頭受取」を選択します。
クレジットカード審査を通過した後、最寄りのセゾンカウンターでカードを受取ることができます。セゾンカードの受け取りには以下のものが必要です。
・身分証明書
・銀行口座のキャッシュカードまたは通帳
・銀行届出印
セゾンカード利用分の引落し口座として利用したい銀行口座をあらかじめ決めておきます。一部のネットバンクや地方銀行は引落し口座として指定できない場合がありますので利用したい口座が引落し口座として指定できるか、あらかじめ調べておけば時間の短縮になります。
【セゾンカードインターナショナルの特徴】
【永久不滅ポイント】
セゾンカード・インターナショナルで獲得できるポイントはポイントに有効期限がない永久不滅ポイントです。
【国際ブランドの選択肢が多い】
セゾンカード・インターナショナルはVISA、マスター、JCB、AMEXの4種類から国際ブランドを選択できます。国内のサービスを主に利用するのであればJCB、海外に頻繁にいく人はVISAというように、ライフスタイルに応じて国際ブランドを選択できます。
ただしアメリカンエキスプレスを選んだ場合にはセゾンカードの年間利用回数が0回であれば2年目以降の年会費が1000円+税が必要になますので注意しましょう。(年会費初年度無料)
【オンライン・プロテクション付帯】
インターネット上でセゾンカードを不正利用された場合、オンライン・プロテクションがあれば不正な請求額を取り消してもらえます。
最近はクレジットカード番号盗用による犯罪が多発しています。いつ自分の身に起きるか分からないカード犯罪ですので、セゾンカードのオンライン・プロテクションがあれば安心してネットショッピングができます。

card_epos

エポスカード
年会費:永年無料
国際ブランド:VISA
エポスカードはマルイ系のクレジットカードで年会費永年無料です。マルイ系列で利用すると特典が多いクレジットカードで、たとえば基本的な還元率は0.5%ですが、全国のマルイで利用すると還元率は倍の1.0%になります。マルイをよく利用する学生さんは是非所持しましょう。
Webからエポスカードに申込を行ない、審査通過後は以下の場所でエポスカードを最短30分で受け取ることができます。
東京、神奈川、埼玉、千葉を含む首都圏、京都、なんば、神戸、静岡、水戸のマルイ
栃木県佐野市にある佐野プレミアム・アウトレット
泉パークタウンタピオ
エポスカードはこれらの場所であれば即日受取りができるためとても便利です。
エポスカード受取時に必要なものは、身分証明書とクレジットカード利用代金引き落とし用の銀行のキャッシュカードです。またエポスカード審査結果メールを受付で見せられるようにしておけば待ち時間なくエポスカードが発行されます。
店頭受取が難しい場合は郵送で申し込みましょう。ただしエポスカードの到着までに数日~10日ほどかかります。
【エポスカードの特徴】
即日発行だけでなく即日受取もできるエポスカードですが、大きなメリットとして海外旅行傷害保険の付帯があります。
エポスカード付帯の海外旅行傷害保険は自動付帯で最高2,000万円まで補償されます。年会費無料のクレジットカードの中で申し分のない補償ですので海外旅行前に即日発行で取得しておきましょう。
エポスカードの海外旅行傷害保険の補償内容
死亡・後遺症傷害:最高500万円
ケガ治療:最高200万円
病気治療:最高270万円
賠償責任:最高2000万円
救援者費用:最高100万円
携行品損害;最高20万円(免責3000円)

428b5f367b2b87ce8fb746a786e275b5_s

まとめ

クレジットカードの最短発行は現在のところ申込当日に発行してくれる即日発行のクレジットカードです。また申込から数日程度で発行してくれるスピード発行サービスに対応しているクレジットカードあります。クレジットカードを最短発行して欲しい学生さんは、そうした即日発行およびスピード発行のサービスのあるクレジットカードを利用しましょう。
また現在のクレジットカードの最短発行の状況は、クレジットカード会社の窓口に出向くことができる場合で、即日発行してもらうことができます。また郵送受取での最短発行は翌営業日発行というのが最速です。
なおクレジットカード申込から発行までの流れは各クレジットカード会社によって異なり、本人確認のための電話や書類提出が必要な場合があります。手続きが滞るとその分クレジットカードの発行が遅くなりますので、クレジットカードを最短発行して貰いたい学生さんは、必要なものをすべて準備したうえで手続きを速やかに行いましょう。

セゾンカードは学生でも申込可能:憧れのアメリカンエキスプレスカードも所持できる!

TSUTAYAでクレジットカードは使えるか?TSUTAYAでの決済方法まとめ 


sponsored link

関連記事

  1. クレジットカードは学生でも作れるの?

    クレジットカードを学生は持つことができるのでしょうか?大学生、専門学校生で18歳以上であれば…

  2. 楽天カードで学生はキャッシングできるか?

    楽天カードで学生はキャッシングができるのでしょうか。結論からいえば、楽天カードでは学生はキャッシ…

  3. カードを作る!学生におすすめのクレジットカードとは

    カードと聞くと不安に思う学生さんもいらっしゃると思いますが、各クレジットカード会社は、学生さん向けに…

  4. クレジットカードは学生さんには年会費無料カードがおすすめ

    クレジットカードは学生さんでも作ることができます。クレジットカードの中には学生専用クレジットカー…

  5. 海外旅行におすすめの学生カードについて:クレジットカード2枚持ち…

    海外旅行におすすめの学生用クレジットカードとはどんなクレジットカードでしょうか。1回の海外旅行期…

  6. ライフカードを海外で使うとキャッシュバックあり!学生専用ライフカ…

    ライフカードのなかで海外で決済利用するとキャッシュバックされるクレジットカードは、「学生専用ライフカ…

  7. UFJ学生カードはMUFGカードInitial(イニシャル)Ma…

    UFJ学生カードとは三菱UFJニコスから発行されているクレジットカードで「MUFGカードInitia…

  8. 海外で役立つクレジットカードとは?学生におすすめの海外旅行傷害保…

    海外で本当に役立つクレジットカードとはどんなクレジットカードでしょうか。海外で学生さんが利用するのに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP