menu

sponsored link

クレジットカードは18歳でも作れる?

sponsored link

クレジットカードは18歳でもつくれるのでしょうか。
一昔前では、18歳以上の未成年者がクレジットカードを持つなど考えなれないことでしたが、クレジットカード時代である現代では18歳以上の未成年の人がクレジットカードを持つことは全く違和感がありません。
しかし、まだ多くの大人の人は「18歳以上の未成年に、なぜクレジットカードが必要なのか」と思っているでしょう。確かにお金を借りるという意味で考えると、18歳以上の未成年の人にクレジットカードは必要性を感じません。ですが、普通に買い物をするためにクレジットカードを使うのであれば、18歳以上の未成年の人にも必要な生活アイテムといえるでしょう。
今回は、18歳以上の未成年の人がクレジットカードを持つ時に注意したい点や、クレジットカードを利用する為の心構えなどを判りやすく解説していきたいと思います。

c12e08d783342eb8ccf29a7d3f97a6a1_s

18歳でも持てるクレジットカードは存在する

初めに18歳でも持つことのできるクレジットカードの解説をしていきましょう。18歳以上の未成年ではクレジットカードを持つことができない、つまりクレジットカードの申込をしてもクレジットカードの審査には通らないと考えている人は、たくさんいることでしょう。
けれども前述のとおり、現代はクレジットカード時代ですから、ネットショップでは18歳を含む未成年をターゲットとした商品はたくさんあり、18歳以上の未成年の人でもクレジットカード決済は必要になっています。
ですから、クレジットカード会社も18歳を含む未成年の人向けのクレジットカードを発券しています。
特に法律で規定されている訳でもありませんが、クレジットカードは、全てのクレジットカード会社で高校生を除く18歳以上の人のみ申込みができるようになっています。
高校を卒業して、ほとんどの人は大学や短大、専門学校に進学しますが、一足早く社会人になる人もいます。一般的に18歳になれば社会で収入を得る仕事に就ける年齢とされているからなのでしょう。

つまり未成年の場合、18歳以上でなければクレジットカードは発行されませんし、19歳でも高校生であればクレジットカードは発行されません。もし留年して、高校3年生で既に19歳になっていたとしても「高校生」である以上クレジットカードの申込みをすることはできません。

18歳以上の未成年は申込み時に「親権者の同意」が必要
クレジットカードは高校生を除く18歳以上で申込みができますが、未成年の人は「親権者の同意が必要」になります。親御さんの同意が得られないとクレジットカードの申込みをすることができません。
未成年ですから親の承諾は仕方がないと思いますが、未成年本人にとっては「親御さんの承諾」が1番高いハードルかも知れませんね。親御さんには、クレジットカードが必要な理由を説明して、クレジットカードの利用方法を真剣に伝えれば、理解してもらえると思います。

なぜクレジットカードが必要なのか正直に話す
インターネットショッピングが、実店舗で買うより安く買物ができることを理解してもらう
インターネットショップでは、クレジットカード決済が必要なことを理解してもらう
クレジットカードの利用代金の返済は自分できちんと行なうことを約束する
以上のようなことを親御さんにきちんと説明すれば許可してもらえると思いますので、何回でも話をしてみましょう。

ed5dd31a6f8a376e23d134791ef54b4e_s

学生と社会人の審査の違いについて

18歳以上の未成年の場合でも社会人であったり、大学生であったりと職業・身分は異なっています。それぞれの立場でクレジットカードに申込んだ時、クレジットカードの審査の内容は違うのでしょうか。

未成年者のクレジットカードの審査について
・20歳になればクレジットカードの申込み時に親権者の承諾は不要になる。
・クレジットカードの審査では勤務年数や年収をチェックされる。
・就職したばかりの新入社員の場合は、クレジットカードの審査は厳しくなる。
・未成年の場合は収入が少ないのはクレジットカード会社も判っている。
・特に学生の場合は、学生専用の特別なクレジットカード審査基準が適用される。
・社会人1年生より大学1年生の方がクレジットカード取得は有利になる。

18歳以上の未成年の場合は親権者の同意があればクレジットカードを申込めるのですが、「安定した収入がある」ことがクレジットカードを申込む時の基本条件です。
クレジットカードを利用して買物をするということは、実は「借金をしている」ことと同じです。「今手持ちのお金がないので、お金を貸して下さい」と、自分の代わりにお金を払ってもらっていることですので、クレジットカード会社からお金を借りているということです。
お金を借りたら返さなくてはいけません。これがクレジットカードの返済です。クレジットカード会社としては返済能力がなければ困りますのでクレジットカードの「審査」を行っています。
安定した収入があることが、返済能力があることに繋がってきますので、学生よりも社会人で収入がある人のほうが、クレジットカード審査も有利になります。ただし社会人で収入があったとしても、18歳以上の未成年者であれば親権者の承諾は必要です。

学生であれば学生専用カードがお得
社会人の人のほうがクレジットカードの審査は有利ですが、学生であり未成年である人は一般に比べると、クレジットカードを作ることはとても有利な状況です。なぜ未成年である学生さんがクレジットカードを作るのに有利なのか、その理由を説明したいと思います。
実は学生さん向けに「学生専用のクレジットカード」がありますので、同じ未成年でも社会人より学生の方がクレジットカードの発行は、とても有利です。
学生専用カードは、クレジットカード会社が将来への投資の意味を込めて商品化したクレジットカードです。本来、学生は収入が少ないというよりも、学業が本分ですので収入がないのが自然ですから、普通であればクレジットカードの審査には通過できません。
ですがクレジットカード会社は、学生が卒業し将来自社の優良な顧客になることを期待して、学生専用クレジットカードを発行していますので、通常のクレジットカードの審査とは異なる学生専用のクレジットカード審査内容となっています。
18歳以上の未成年の学生の場合、クレジットカードの申込時に学生証のコピーと親権者の同意書が必要ですが、親権者の信用情報は参考にはされませんので、万一親権者の信用情報が悪くても、書類さえ揃っていれば問題なくクレジットカードは発行されるでしょう。
その理由は「大学などに子どもを通わせることができる所得が親権者にはある」と判断されますので、親権者の信用情報はチェックされることがありません。

b95682f6a699e9f1010f5091284ba7a9_s

クレジットカードを18歳以上の未成年が利用するときの注意点について

クレジットカードを18歳以上の未成年のひとが利用する際の注意点をみていきましょう。繰り返しますがクレジットカードを利用するということは、借金をすることと同じですので十分注意して利用することが大切です。
クレジットカードを正しく利用すれば、未成年の人のクレジットヒストリーは信用の高いクレジットヒストリーになりますので、若い内にクレジットカード利用をすることは人生にとってプラスになります。
反対にクレジットカードの誤った使い方をすれば、今後クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができなくなることもありますので、クレジットカードの利用には十分注意しなければいけません。

クレジットカード申し込み時の限度額は低く設定する
未成年のクレジットカードの利用限度額は、ほとんどのクレジットカードで最高30万円の設定となっていますが、希望限度額はできるだけ低く設定してクレジットカードを申込みましょう。
キャッシングサービスが付帯しているクレジットカードもありますが、キャッシング枠は多くても5万円まで、できれば「0円」の方が良いです。
クレジットカードの利用限度額をクレジットカードの申込時に低く設定しておくと、まずクレジットカードの審査に通りやすくなります。また大高額な商品の買い物ができませんので、返済で困ることがないでしょう。
またキャッシングの利用はできるだけ避けましょう。キャッシングを利用すると、クレジットカードの支払いは「ショッピング返済+キャッシング返済」の合計金額になりますので、返済が大変になります。

クレジットカードの支払いについて
クレジットカードの利用代金の支払いは一括払いが理想の支払い方法です。しかし高額なクレジットカードの支払いであれば一括払いは難しいですね。18歳以上の未成年の人では、5万円や10万円のクレジットカードの利用代金を一括で支払う余裕はあまりないと思います。一括払いが理想ですが、分割で支払うことが出来るのがクレジットカードの魅力でもあります。1回もしくは2回払いで返済計画を立てるとよいと思います。
クレジットカードの支払い方法には「リボ払い」という方法があります。「リボ払い」は毎月一定の金額を支払えばよい便利な支払い方法ですが、手数料(利息)が高額になります。また毎月一定の金額を支払えばよいので、ついついクレジットカードを使いすぎてしまうこともあります。ですから「リボ払い」はできるだけ避けた方がよいでしょう。
またクレジットカードを利用したら利用代金を常に把握しておき、クレジットカードを利用限度額まで使わないようにしましょう。

まとめ

クレジットカードを18歳以上の未成年の人が作るには親権者の承諾が必要ですが、18歳以上の未成年の人はクレジットカードを取得するには最適な年代です。特に学生さんであれば「学生専用カード」が、オススメです。
クレジットカードを利用する時は「使い始めが肝心」だということを忘れず、クレジットカードの利用代金の支払いは延滞・遅滞なく確実に行ってください。「クレジットカードライフ」をスタートさせた今、クレジットカードの正しい使い方を身につけておくことが重要です。

エポスカード:ゴールドカードのインビテーション条件について

ANAカードプレミアム:年会費は高額でも充実の特典!


sponsored link

関連記事

  1. 楽天カードの学生の限度額はいくら?楽天カードの限度額まとめ

    楽天カードの学生の限度額について楽天カードは学生さんでも申し込み可能なクレジットカードです。楽天…

  2. ライフカードの学生カードは海外での利用が特にお得:海外旅行傷害保…

    ライフカードの学生向けクレジットカードは「学生専用ライフカード」という名称で、特に海外での利用でお得…

  3. JALカードでWAONをクレジットチャージする最もお得な方法につ…

    JALカードでWAONをクレジットチャージすると、どんな点でお得になるのでしょうか。今回はJAL…

  4. カードローンの一括返済について:方法およびメリットまとめ

    カードローンの一括返済とは、カードローンで借りたお金を全額一度に返すことです。通常、カードロ…

  5. イオンカードのときめきポイントカタログ請求方法まとめ

    イオンカードで貯めた「ときめきポイント」はカタログに掲載されている商品と交換することもができます。カ…

  6. ライフカードの学生カードの評判は?充実の学生限定特典で高い評判!…

    ライフカードの学生専用クレジットカードの評判はどうでしょうか。学生さんにとって最も使いやすいクレ…

  7. セゾンカードのキャッシング:返済方法まとめ完全版

    セゾンカードとは、クレディセゾンが発行するカードのことです。セゾンカードにはキャッシングが可能な…

  8. Tポイントカードの申し込み:自分に合ったTポイントカードを作ろう…

    「Tポイントカード」は、今現在利用中の人も多いと思います。多くの人に利用されているTポイントカードで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP