menu

sponsored link

JCBカードの審査は厳しい?JCBカードの審査基準と対策について

sponsored link

jcbippancard

JCBカードの審査は厳しいのでしょうか。
JCBは日本で唯一の国際ブランドであり、また機能性に優れたクレジットカードも多数発行していますので、今現在多くの人たちが利用しています。
一方、JCBカードの審査に落ちた人もたくさんいらっしゃるようです。インターネットで「JCBカードは審査が厳しい」という書き込みを目にしますが、「JCBカードは審査が厳しい」というのは事実でしょうか。今回は「JCBカードは審査が厳しい」かどうかについて、考えてみたいと思います。

プロパーカードと提携カードについて
JCBカードの審査は厳しいかどうかみていくまえに、クレジットカードの種類について説明します。
クレジットカードは大きく2つに分けることができます。JCBの場合、JCBが直接発行しているクレジットカードの「プロパーカード」と、他の企業と提携して発行された、JCBのロゴのついているクレジットカードの「提携カード」の2種類です。
楽天、イオン、ジャックス、オリコ、ファミマTカードなどで、JCBのロゴマークがついているクレジットカードがこの「提携カード」にあたり、「提携カード」の審査およびクレジットカードの発行は、JCBと提携してしる各企業が行っています。これらのクレジットカードの券面についているJCBのロゴは、国際ブランドの機能が付帯されているという意味で、JCBがクレジットカードの審査・発行を行っているのではありません。 JCBは自社の決済システムを他社に提供していますので、国内外のJCBの加盟店での支払いを、JCBのロゴマークがついているクレジットカードですることができるのです。

一方、JCBが審査・発行しているクレジットカードのことを「プロパーカード」と呼びます。

なおJCBと同様にVISA、MasterCardも提携先に決済システムを提供しています。それがVISAやMasterCardのロゴマークのついた提携カードで、VISAやMasterCardの加盟店であれば提携カードでの決済の利用が可能になっています。
なお、VISA、MasterCardは自社ではクレジットカードの審査・発行は行っていません。国際ブランドで自社カード(プロパーカード)を発行しているのは、JCB、ダイナース、アメリカンエキスプレスの3社です。
提携カードは、提携先の各企業がクレジットカードの審査やクレジットカードの発行をしており、国際ブランドがクレジットカードの審査やクレジットカードの発行に関与することはありません。
ですからJCBカードの審査の厳しさについては「JCBが独自に審査し発行するプロパーカード」の審査についてみていきたいと思います。

0fccd32fe997aa5e0249e73033ba4496_s

JCBカードの審査にどんな人が落ちるのか

JCBカードの審査が厳しいかどうかですが、JCBカードの審査は厳しいと考えて良いと思います。
またJCBカードの審査に通らない人は以下の項目のどれかに当てはまることが多いようです。
1.クレジットヒストリーがない。
2.個人信用情報機関に金融事故情報が登録されている。
3.スコアリングの評点が低い。
このクレジットカードの審査に通らない1から3までの項目を詳しくみていくとともに、対策を考えてみましょう。

1.「クレジットヒストリーがない」について

JCBカードに限らずクレジットカードの申込をしたら、クレジットカード会社は、CICやJICCと呼ばれる信用情報機関に照会をして、クレジットカードの申込者に金融事故情報がないかどうかという調査をします。
その際に、クレジットカードの申込者の信用情報にクレジットカードなどの契約履歴がないことを「クレジットヒストリーがない」といいます。
「クレジットヒストリーがない」というのは、大きく分けると2つの状態が考えられます。
「元ブラックな人」または「クレジットカードを持ったことがない人(=現金主義)」のどちらかであると判断されます。特に高齢になると、「クレジットヒストリーがない」ことで、クレジットカードの審査は特に厳しくなります。
なぜなら、クレジットカードの申込者が過去に支払いの延滞やクレジットカードの強制解約、または破産したのではないか、と思われるからです。
なぜ、「クレジットヒストリーがない」と破産したなどと思われるのかといいますと、遅滞、延滞などの個人の金融事故情報は5年間が過ぎると削除されるからです。
20代前半の若い人ならクレジットヒストリーがなくても疑問に思われることはありませんが、ある程度の年齢の大人がクレジットカードを持ったことがない、あるいはローンを組んだことがない、となると過去に支払いの延滞やクレジットカードの強制解約、または破産したのではと思われてしまいます。
ですから、ある程度の年齢のいったクレジットカード申込者の信用情報を見てクレジットヒストリーがないとしたら、やはりクレジットカードの審査に通ることは難しいでしょう。

JCBカードの審査を通過するための対策として、クレジットヒストリーを積み重ねるのにしておきたいことには以下のようなものがあります。
・携帯電話の機種変更をするときには、分割払いにする。
・安い家電などをショッピングローンで買う。
・審査基準が厳しくないクレジットカードを1枚持つ。
意外だと思われるかも知れませんが「携帯電話の分割払い」や「家電などのショッピングローン」もクレジットヒストリーを積み上げるために有効で、毎月、期日までに確実に返済をすれば、正常に支払いを行っているということで良いクレジットヒストリーとなります。
最後の「審査基準が厳しくないクレジットカードを1枚持つ」ですが、一般的に消費者金融系のクレジットカードは審査基準が低いといわれています。クレジットカードは各クレジットカード会社によって審査基準も違いますし、審査の厳しさも変わってきます。
以下は、一般的なクレジットカード会社別の審査難易度です。
難易度が高い▲
・銀行系(三井住友)、独立系(JCB、アメックス)
・信販系(オリコ、ジャックス)
・流通系(エポス、セゾン)
・消費者金融系(アコム)
難易度が低い▼
上記のように独立系のJCBはクレジットカードの審査難易度が高いです。また消費者金融系のクレジットカードが最も取得しやすいと言えます。ですからJCBカードの審査に通るために、消費者金融系のクレジットカードを1枚所有して、支払いの遅滞・延滞などせずに正しく利用することでクレジットヒストリーを積み上げれば、JCBカードの審査に通りやすくなります。消費者金融系のクレジットカードは年会費も無料ですので負担にはならないでしょう。クレジットヒストリーの積み上げは半年~1年くらいで十分です

2.「個人信用情報機関に金融事故情報が登録されている」について

個人信用情報機関に金融事故情報が登録されている状態でクレジットカードを申し込んでも、特に審査の難易度が高いJCBカードの場合は、審査に落ちる可能性が非常に高いです。自身の信用情報を開示することもできますので、一度確認してみてもよいかと思います。もし個人信用情報機関に金融事故情報が登録されていた場合、約5年でその情報は削除されますので、金融事故情報が削除された後に半年から1年くらいクレジットヒストリーを積み上げて、JCBカードの審査に臨んではいかがでしょうか。

3.「スコアリングの評点が低い」について

各クレジットカード会社は、「スコアリング」といってクレジットカードの申込者の属性を採点し点数化する作業を行っています。(例えば、勤続年数20年⇒200点、勤続年数3年⇒30点など)
もちろんこの点数が高ければ高いはどクレジットカードの審査に通る可能性が高くなります。JCBカードの審査に通らない人はこのスコアリングがJCBカードの審査基準に達していないということです。
スコアリングの評点が低いという場合、属性が変わった段階で再度JCBカードを申し込んでみるのが良いでしょう。例を挙げると、無職だったが仕事についた、勤続年数が長くなり年収が増えた、また、居住年数が長くなった、などです。
これらの場合いずれもクレジットカードの審査において有利な条件になります。 ただ属性が変わったといっても、最低1年間くらいはそのままで経過しないとクレジットカードの審査に有利になったとは言えません。
また、以前にJCBカードの審査に落ちた人の再申込は、最低でも6ヶ月以上経過してからにしましょう。なぜなら信用情報にクレジットカードの申込情報として6ヶ月間記録されるからです。JCBの社内データに過去のJCBカードの申込履歴が残っているまま、短期間でのJCBカードの再申込は審査に落ちることが可能性が非常に高いです。

64c6103a1092189520590f3148659262_s

まとめ

JCBカードの審査は厳しいかどうかについてみてきました。JCBカードは国際ブランドのプロパーカードで一般的には提携カードよりもステイタスが高く、クレジットカードの審査の厳しさも銀行系のクレジットカードの審査基準と同等です。けれども、良いクレジットヒストリーを積み上げスコアリングの評点をあげていけば、手の届かないクレジットカードではないと思われます。
以上のことを踏まえて、ぜひJCBカードの審査に挑んでみてください。

JALカードの保険内容では海外旅行保険は不十分:他で補う必要あり

アメリカンエキスプレスカードは年会費以上の特典および満足感あり


sponsored link

関連記事

  1. セディナカードの審査期間について

    セディナカードに申し込みをした場合、審査期間は一番気になる所です。セディナカードの審査に通過したかど…

  2. クレジットカードの学生の場合の作り方:作り方手順と必要なものにつ…

    クレジットカードの学生さんの作り方についてみていきましょう。クレジットカードは学生向けに発行され…

  3. クレジットカードの学生の審査はきびしいの?

    クレジットカードは学生でも作ることができるのでしょうか?その答えは、「はい、できます。」です。…

  4. クレジットカードの審査に落ちる理由とは?

    クレジットカードの審査に落ちた人には必ず理由があります。クレジットカードの審査に落ちた人の中には…

  5. クレジットカードが作れない!?作れない理由と対処法について

    クレジットカードを作れない人とは、どんな人でしょうか。クレジットカードを作れない人とは、クレジッ…

  6. 楽天カードの審査は学生でも通過可能

    楽天カードの審査は学生でも通過できるのでしょうか。学生だから収入といってもアルバイトの収入しかな…

  7. 車のローン審査を学生は通過できるか?販売店ローンは通過可能ただし…

    車のローン審査に学生でも通過できるのでしょうか。学生であっても年齢的には運転免許証は取得でき…

  8. クレジットカードの審査は学生にやさしい:学生にお得なクレジットカ…

    クレジットカード審査は学生には学生は緩いといわれていますが、ほんとうのところはどうでしょう。クレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP