menu

sponsored link

ダイナースカードの審査基準について:事前に確認しておくこと

sponsored link

クレジットカードを持っている人なら一度は所持してみたいと思うのが、ゴールドカードやプラチナカードです。一般的なクレジットカードよりもワンランク上のクレジットカードで、年会費は一般カードに比べて高めですが、会員限定の優待や高額な国内外旅行傷害保険などの付帯サービスが充実しています。
またゴールドカードやプラチナカードはクレジットカードの審査が厳しい分、国内外での信頼のあかしにもなりますので、所有したいと思う人は多いです。
そういった高ランクのクレジットカードの中でも、特に有名なものに「ダイナースクラブカード」があります。アメリカを中心に、世界各国で利用されてクレジットカードで、日本でも長年人気を集めているクレジットカードの一枚です。

現在日本で発行されているダイナースクラブカードには、シルバーの券面の「ダイナースクラブカード」と、黒の券面の「ダイナースクラブプレミアムカード」の2種類があります。プレミアムカードのほうはインビテーション制で自分で申し込むことはできませんので、ダイナースクラブカードを所有したい場合、まず「ダイナースクラブカード」の申込からはじめます。

「ダイナースクラブカード」は他社クレジットカードでいえばゴールドカード、あるいはそれ以上に相当する高いステータス性がありますので、ワンランク上のクレジットカードを所持したい人におすすめです。

「ダイナースクラブカード」の年会費は、本人会員が22,000円(税抜)、家族会員が5,000円(税抜)です。一般的なクレジットカードに比べると高額ですが、充実した付帯サービスや、クレジットカード自体のステータス性を考えると、それほど高額ではないと考える人もいらっしゃるかもしれません。 ちなみに「ダイナースクラブプレミアムカード」では年会費は13万円(税抜)になります。

4cc7c8d06aecb2d7e15519875a59036a

ダイナースクラブカードのメリットについて

ダイナースクラブカードにはさまざまなメリットがありますが、その一部をご紹介します。

1.利用額に上限がない
ダイナースクラブカードの一番の特長は「クレジットカードの利用限度額に一律の制限がない」ということです。通常、クレジットカードは、ショッピング・キャッシングともに限度額が決まっていて、その範囲内でしか利用できません。しかしダイナースクラブカードは、審査が厳しく、ある程度資金に余裕のある人しか所有することができないため、クレジットカードの利用金額に制限が設けられておらず、基本的に好きな金額を使うことができます。
ダイナースクラブカード入会当初は個々に応じて限度額が設定されていますが、それ以上の金額を使いたい場合はデスクに連絡すると、ほとんどの場合はスムーズに対応してもらえて、限度額を大きくしてもらえます。

2.会員限定の優待サービス
ダイナースクラブカード会員限定のグルメや旅行、エンターテインメントなどの優待サービスを利用することができます。たとえばグルメ優待では、特定のレストランで1名分のコース料理が無料になったり、会員限定の特別なおもてなしを受けられます。トラベルサービスでは、会員限定のツアーの案内、高級ホテルの宿泊優待、また空港までの送迎サービスなどもあります。
国内外600ヵ所以上にある空港ラウンジも利用できます。

3.会員限定イベント
ダイナースクラブ会員限定のイベントに参加することができます。たとえば高級料亭での会食、講演会、コンサートなど、さまざまなイベントが定期・不定期に開催されます。

4.無期限のポイントプログラム
その他の多くのクレジットカードと同様に、ダイナースクラブカードにも「ダイナースクラブリワードポイントプログラム」という名称のポイントプログラムがあります。
毎月のクレジットカードの請求金額100円ごとに、1ポイントのリワードポイントが付与されます。貯まったリワードポイントは、カタログ商品、海外・国内旅行のパッケージツアーや航空券などの旅行商品、または航空会社のマイルなど、好きなものに交換できます。
ダイナースクラブカードの基本のポイント還元率は0.4%で、高還元率ではありませんが、「1,000ポイント1,000マイル」で飛行機のマイルに交換できる「ダイナスグローバルマイレージ」というサービスは、飛行機の利用が多い人には大きなメリットでしょう。「グローバルマイレージ」を利用するには、年間6,000円(税抜)の参加料が必要ですが、他社のクレジットカードと比較してもマイルの還元率が高いため、ダイナーズの所持者には人気があります。
またダイナースクラブのリワードポイントは有効期限がありません。ポイントの有効期限を気にせずにポイントを貯めることができます。

5.付帯保険
ダイナースクラブカードには、以下の保険が付帯されています。

・海外旅行保険
最高1億円(自動付帯:最高5,000万円 利用付帯:最高5000万円)

・国内旅行傷害保険最高
最高1億円(利用条件付き)

・ショッピングリカバリー
年間500万円程度(利用条件付き)

海外・国内ともに最高1億円までの補償を受けることができます。特に海外旅行保険は、旅行代金の支払いにダイナースクラブカードを利用しなくても最高5,000万円までの補償が自動付帯されています。
「ショッピングリカバリー」とは、ダイナースクラブカードを利用して購入した商品が破損した場合、あるいは盗難にあった場合に、購入日から90日間、年間500万円程度まで補償される保険です。
通常のクレジットカードは、年間100万円程度を補償するショッピング保険がほとんどです。それが500万円まで補償されるというのは、ダイナースクラブカードならではの手厚いサービスでしょう。

6b101c187b2148e836bfa2aedd3d22df_s

ダイナースカードの審査基準について

以上のようにダイナースクラブカードは、ステータス性・付帯サービスともに充実しています。ですからダイナースクラブカードはクレジットカードユーザーのあこがれです。それだけに、ダイナースクラブカードは審査基準が厳しいことでも知られています。
ダイナースクラブカードの入会条件は、公式に発表されているのは「年齢27歳以上の方」という1項目のみです。年収やその他に関する条件は公開されていませんし、正確な審査基準は公表されていません
ただし利用限度額が設定されていないダイナースクラブカードですので、審査を通過するためには相応の審査基準を満たす必要があるでしょう。ダイナースクラブカードの入会申し込み前に、以下の3点を確認しておきましょう。

1.継続的で安定した収入がある
ダイナースクラブカードでは、収入に関して明確な審査基準は公表されていません。ただしクレジットカードのサービス内容から、会社員、もしくは会社経営者などで、ある程度安定した収入があることが審査通過の条件だと思われます。
ですからパートやアルバイト、専業主婦の方などは、審査通過しにくいクレジットカードです。

2.年齢は27歳以上
現在、ダイナースクラブカードで唯一公表されている入会条件が「年齢27歳以上」です。
ちなみに以前まではダイナースクラブカードの入会条件は「原則として33歳以上で、勤続10年以上の役職者、もしくは自営10年以上で自家保有が目安」という、かなり厳しい審査基準が公表されていました。
しかし現在は「27歳以上」のみに改められていますので、以前よりもやや審査基準が易しくなった可能性はあります。しかし、たとえ収入が多くても20代前半など若い人は審査に通りませんので、年齢の条件は満たしておく必要があります。

3.ある程度のクレジットヒストリーがあること
ダイナースクラブカードのように利用限度額に制限のない、ランクの高いクレジットカードの審査を通過するためには、過去に他のクレジットカードの利用実績があることが基本です。
以前に他のクレジットカードで支払いの延滞や不払いがあった、もしくは今までクレジットカード自体を所持したことががなく、今回初めて申し込む、といった場合は、ダイナースクラブカードの審査に通らない可能性が高いです。
どんなクレジットカードでも、審査の際には必ず信用情報機関に申込者の信用状況について問い合わせをします。特にゴールドカードやプラチナカードのようなランクの高いクレジットカードの場合には、いっそうクレジットヒストリー(履歴)が重要視されます。
自分の実績に自信のない場合は、まずは他のクレジットカードを適正に利用して半年~1年ほど実績を積んだ後、ダイナースクラブカードに申し込みましょう。

まとめ、および審査通過の可能性の調べ方について

ダイナースクラブカードの審査基準を自分が満たしているかどうか不安であれば、ダイナースクラブカードの申し込み時に自動的に行われる「カード発行クイック診断」を利用すれば、ある程度、予測をすることができます。

column303_1

ダイナースクラブカードの公式ホームページから、ダイナースクラブカードの申し込みボタンを押すと、このような「カード発行クイック診断」というページがポップアップされます。年齢や収入、直近3ヶ月以内にクレジットカードの利用があったかどうか、また過去1年以内にクレジットカードの支払いが1ヵ月以上遅れたことがあるかどうか、の4点を入力することで、ダイナースクラブカードの発行が可能かどうかを診断できます。
ダイナースクラブカードが、確実に発行されるかどうかは実際に審査を受けてみないと分からないのですが、一つの目安となります。
このクイック診断で年齢を「26歳」と入力すると、年収がどんなに高くても、「発行は難しいと思われます」という結果が表示されます。ですから、年齢は27歳以上であることは必須条件でしょう。
クイック診断の結果、「ダイナースクラブカードの発行が可能と思われます」と表示された場合には、そのままダイナースクラブカードの申し込み画面に移れますので、ぜひダイナースクラブカードの申込にチャレンジしてみましょう。

ダウンロード (2)セディナカード 解約時注意点まとめ

card-056イオンカードの解約を効率よく済ませる方法


sponsored link

関連記事

  1. 118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_s

    クレジットカードランキング:2017年おすすめのクレジットカード…

    クレジットカードを作りたくても、種類がたくさんありすぎてどのクレジットカードを選べば良いかわからない…

  2. 57f11fcfad14636377af1d17b13d8d31_s

    楽天カードで学生はキャッシングできるか?

    楽天カードで学生はキャッシングができるのでしょうか。結論からいえば、楽天カードでは学生はキャッシ…

  3. 68f2ff8ce6c4d3c384368feaecd41a23_s

    JALカード解約で年会費は返金されるか?

    JALカードを解約すると年会費は返金されるのでしょうか。今回は、JALカードを解約すると支払い済…

  4. 1f56260b9c58ae44133833b00e189d0e_s

    VISA・Master・JCBのどれを選べばクレジットカード審査…

    VISA、Master、JCBのどれを選ぶとクレジットカード審査に通りやすいのでしょうか。確かにVI…

  5. ダウンロード (23)

    JCBカードのポイントの使い方:最もお得な使い方について

    JCBカードはいろいろな企業と提携してクレジットカードを発行しています。提携カードは提携先の…

  6. famimatcard200

    ファミマTカードの審査状況について

    ファミマTカード(クレジット)の審査は厳しいのでしょうか?ファミマTカード(クレジット)は大手コ…

  7. ダウンロード (1)

    マスターカードで学生におすすめのクレジットカードは「学生専用ライ…

    マスターカードを学生さんが所持する場合、どのクレジットカードが使い勝手が良いでしょうか。今回はマスタ…

  8. images (2)disney

    JCBカードのディズニー ポイントでディズニーを遊び尽くそう!

    JCBカードにはディズニーJCBカードというクレジットカードがあります。ディズニーJCB…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP