menu

sponsored link

学生がお金を借りたいときどこで借りればよいか:おすすめローン会社まとめ

sponsored link

学生さんでもお金を借りたいときがあります。
自動車を購入するなどの高額な買い物をするときに、たいていの人は金融機関からお金を貸してもらうことと思います。それほどの大金が必要でなくても、急な出費の際にはカードローンも便利です。ですが、カードローンはきちんと働いていて安定した収入があり、借りたお金を返済できる見込みのある人しか利用できません。
就職していない学生さんでもお金を借りたいと思うことがあるでしょう。例えば卒業旅行に行くとなると、どこへ行くかにもよりますが数万円~数十万円必要になるでしょう。
また学生さんであれば、将来のための資格取得や自動車免許証の取得の際にもお金が必要です。学生さんの中には、大学の学費も自分で支払うという人もいるでしょう。就職していない学生さんでは、それらのお金を急に出すことは難しいと思います。
急にお金が必要になったとき、一番よいお金の工面の方法は「親から借りて、後から返す」ことですが、不景気の昨今、ことお金に関してはなかなか言いにくい学生さんもいらっしゃるようです。友人にお金を借りようと思ってもなかなか言い出しにくいものですし、お金の貸し借りで仲が悪くなっても困ります。
学生さんがお金を借りたいときに、何かアルバイトをしていれば、金融機関でもお金を貸してくれることがあります。それが学生ローンや消費者金融または銀行のカードローンです。それらのローンを利用するには働いていることが条件です。ですから1ヶ月分のバイト代が少なければ、ローン審査は通過できないかもしれません。けれども可能性は0ではありませんのでまずは申し込んでみましょう。

f240b07153be2901a50dcd41f378b26d_s

学生がお金を借りたい場合返済できる範囲内にする

学生さんがお金を借りたいときにまず考えなければいけないのは、返済できる範囲内でお金を借りるという点です。「いくらまでならお金を借りても大丈夫か」ということです。
大手消費者金融のアコムやプロミスとカードローンの契約をするとローンカードが送られてきて、このローンカードをコンビニや銀行のATMで使ってお金を借り入れできるようになります。
コンビニATMや銀行ATMですぐにお金を引き出すことができますので、非常に便利なサービスではあります。しかしこの便利すぎるという点が逆に危険でもあるのです。なぜならカードローンで借りているお金が自分のお金のような感覚になってしまうからです。カードローンの限度額が20万円であれば、簡単にATMから引き出すことができますので、その20万円は自分のお金であると思ってしまうというわけです。自分は大丈夫だと思っていても、感覚が麻痺してくる学生さんも多いです。
なるべくお金は借りないようにし、どうしても必要な場合はしっかりと返済計画を立て、早めに完済することが大切です。
ですからカードローンで手に入れたお金は、あくまで借りているお金であるということを認識して、返済できる金額を自分で明確にし、その範囲内で借りるようにしましょう。契約したカードローンの限度額いっぱいまで借りる必要はありません。

学生が親に内緒でお金を借りたい場合は

学生さんがお金を借りたいと思っていても、カードローンでお金を借りるなんてさすがに親には言えないでしょう。カードローンを利用するほとんどの学生さんは、親に内緒で借りていると思います。
でも、本当に親に内緒でお金を借りる事ができるのか、少々不安です。お金を借りたのはいいけれど、後々そのことが親にばれてしまっては困ります。そこで、親にばれないでお金を借りる方法についてみていきましょう。

1.カードローン申込書の電話番号の記入欄に携帯電話の電話番号を記入する
まずカードローンの申込はインターネットで行うのがよいでしょう。最近はスマホからでも申込可能ですので、自宅からだけでなく外出先からでもカードローンの申込みができます。
申込みの際に連絡先を入力する欄がありますが、そこには自分の携帯番号を入力しておけばよいです。そうすれば自宅に電話が入ることもありませんので、親にばれてしまうといった事も防げます。

2.自動契約機でローンカードを発行する
カードローン審査に通過後カードローン契約を済ませると、自宅にローンカードが届きます。
おそらく親にばれてしまう一番の可能性は、この自宅にローンカードが届いた時でしょう。学生さんでも一人暮らしであれば問題はありませんが、親と同居している学生さんはかなり困った状態です。
各金融業者はプライバシー面を配慮していますので、封筒などに金融機関名などは記載されていませんが、もし中身を親に見られてしまうようなことがあったらアウトでしょう。といってローンカードが届くまで郵便受けの前に立っておく事もできません。
このような場合には、インターネット申込み後にローンカードを自分で受け取りに行けるサービスを利用しましょう。アコムやプロミスは、自動契約機でローンカードを発行してもらうことができます。
自動契約機でローンカード発行すれば自宅に郵送物が届くことがありません。カードローンの利用明細書などもネット上で確認することができ自宅に利用明細書は郵送されませんので、親にばれてしまうこともないでしょう。
後はカードローンの返済を遅れないように気を付けて利用すればOKです。返済が遅れると自宅に連絡が入る可能性がありますので、支払いは絶対に遅れないようにしましょう。

3ede0a9409fb5cb238854de88c07f69c_s

お金を借りたい学生さんおすすめのカードローンについて

以下に学生さんでも利用でき、家族(親)にも内緒で利用できる大手ローン会社を紹介します。お金を借りる際には以下のローン会社で、返済計画を立ててカードローンを利用しましょう。

アコム
アコムではわずか3秒で簡単審査可能です。本審査も最短で30分で完了します。ですから申し込んだその日に融資を受けることもできます。キャッシングカードはクレジットカード機能付きのアコムマスターカードにすることもできます。
学生さんは20歳以上で、アルバイトをしていればカードローンを利用できます。18歳/19歳の学生さんであれば親権者の同意が必要ですが、アルバイトをしていれば申込可能です。
またアコムを初めて利用する方は30日間無利息で利用できます。

プロミス
プロミスポイントサービスに申し込むことにより30日間無利息で利用できます。30日間は利息が0円なのでかなりお得です。ホームページ上で返済シュミレーションもできるので、返済計画を考えてみましょう。最短で申込後、約1時間ほどでお金を借りることができます。
また女性専用のレディースキャッシングサービスもありますので、女性の方も安心して利用することができます。

モビット
三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちであればモビットを利用するのもお勧めです。いずれかの口座があれば、WEB完結で申込みができ、電話連絡・郵送物なしで利用可能です
学生さんであれば親に知られたくないと思いますので、WEB完結申込みを利用すると便利です。

三菱東京UFJ銀行
銀行のカードローンであれば、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」がおすすめです。大手銀行なので安心感があり、金利も低く設定されています
申込みから審査・借入までの時間も短く、最短で即日融資も可能です。また土日祝日も申込可能ですので便利です。

じぶん銀行
auをご利用の学生さんにおすすめなのが、じぶん銀行のカードローンです。auユーザーの方は通常金利から最大0.5%金利が優遇されるようになっています。0.5%と僅かかもしれませんが金利は少しでも低い方がお得です。auユーザーの学生さんはじぶん銀行を利用してみるのもおすすめです。

学生ローンの利子はなぜ高いか

クレジットカードは学生が卒業したらどうなるか?登録情報を変更していっそう便利にカードを使う


sponsored link

関連記事

  1. クレジットカードの作り方:未成年の利用と注意点まとめ

    クレジットカードの作り方には、いろいろ注意点がありますが、今回は未成年の人がクレジットカードを作る場…

  2. クレジットカードは学生さんには年会費無料カードがおすすめ

    クレジットカードは学生さんでも作ることができます。クレジットカードの中には学生専用クレジットカー…

  3. JCBカードが年会費無料になる条件について

    JCBカードはクレジットカードの年会費が有料のクレジットカードですが、年会費無料にするために条件があ…

  4. エポスカードの優待施設まとめ:完全版2016

    エポスカードは丸井グループから発行されている年会費無料のクレジットカードです。エポスカードは…

  5. マスターカードで学生におすすめのクレジットカードは「学生専用ライ…

    マスターカードを学生さんが所持する場合、どのクレジットカードが使い勝手が良いでしょうか。今回はマスタ…

  6. クレジットカード: 学生から社会人になっても便利に使えるクレジッ…

    クレジットカードは学生から社会人になるときに、どのような手続きが必要でしょうか。またクレジットカード…

  7. カードローンの返済方法について

    急にお金が必要になったけれど手元に現金がないときに助かるのが、カードローンです。しかし、いざお金を借…

  8. 楽天カードの限度額って?学生の場合

    楽天カードには学生用クレジットカードの「楽天カードアカデミー」というクレジットカードがあります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP