menu

sponsored link

学生ローンの利子はなぜ高いか

sponsored link

学生ローンの利子はどのくらいでしょうか。また学生ローンの利子は一般的にみて高いのでしょうか、それとも安いのでしょうか。
学生ローンを利用する際には、利子がどのくらいなのかがまず気になると思います。学生向けのローンなので低金利だと思っているが学生さんも多いですが、実は学生ローンの利子は低くはありません。
学生ローンの利子は、銀行のローンなどと比べると若干高めに設定されていて、実質年利15%~18%程度が平均です。
大手消費者金融のキャッシングサービスと比較すると、ほぼ同じか若干学生ローンの利子の方が安く設定されています。学生であっても簡単な手続きで、すぐにお金を借りられる代わりに、高い利子を払う必要があるのが、学生ローンというサービスです。

98414033164a6e1dcdedaef63f319b43_s

学生ローンの利子について

学生ローンとその他のローンサービスについて
学生ローンの利子は、銀行カードローンと比較すると高めに設定されています。けれどもCMなどでも有名な大手の消費者金融と比較すると利子の高さはほとんど変わりません。学生ローン業者によっては、大手消費者金融よりも低い利子のところもあります。

「銀行カードローン」について
「銀行カードローン」とは、銀行が提供している小口の融資のことです。銀行カードローンは利子が10%を切ることもありますので、お金を借りたい人にはありがたいローンサービスですが、その分審査条件が厳しくなっています。ですから学生さんが銀行カードローン審査に通過することは難しいといわれています。近年ではネット銀行がカードローンサービスを提供しており、学生さんでも審査通過可能になってきましたが、それでも学生ローンの審査よりは厳しい審査があります。ちなみに銀行の融資サービスに「教育ローン」というものもがあります。この教育ローンは学生を対象にしてお金を貸しているのではなく、学生の保護者を対象としたローンサービスです。

「消費者金融カードローン」について
学生ローンの利子は、学生ローン業者や借入プランなどによっても異なっていますが一般的に15%~18%に設定されています。一方、大手消費者金融のカードローンは、例えば4.0%~18%など、利子に大きな幅があります。利子が4%だったら消費者金融のカードローンが一番お得、と思う学生さんもいらっしゃるかと思いますが、基本的には最大金利の18%になると思っておきましょう。学生さんが利用するカードローンは50万円未満の少額融資ですので、高い利子がつくことになります。
消費者金融のカードローンで低い利子を利用するためには高額の融資が必要です。しかしお金は年収の3分の1までしか借りることができないという決まり(総量規制)があります。例えば、アルバイトで月に5万円の収入がある学生さんの年収は60万円で、この学生んさんが消費者金融でお金を借りたい場合には年収の3分の1まで、つまり20万円までしかお金を借りることはできません。
学生ローン専門業者のカードローンの利子は15%~18%ですので、消費者金融のカードローンの利子とほぼ同等か若干低めと言えるでしょう。また学費の支払い目的で学生ローンを利用する場合には15%~17%程度の割引利率で借入れすることもできます。
大手の消費者金融のカードローンを利用するよりも学生ローンを利用した方が利子が安くなることがありますので、学生であればやはり学生ローンを利用するのが一番良いのではないでしょうか。
学生ローンは利用目的が学費の支払いの場合は割引された利子でお金を貸してくれる学生ローン業者が多いですし、学生であってもローン審査に通りやすいという大きなメリットがあります。
それらを総合して考えると、学生さんがお金を借りたいと思ったらまずは学生ローンで借入をすることが良いのではないでしょうか。

0f36f6581a2fd8ecb852676458ba08a6_s

学生ローンのメリットとデメリットについて

学生ローンは学生さんがお金を借りるのに気軽に利用できるという反面、利子が高いというデメリットがあります。ですから、学生さんがいざお金を借りたいと思っても、学生ローンの利用をためらってしまうこともあるのではないでしょうか。
次に学生ローンのメリットとデメリットをみていきながら、なぜ学生ローンの利子が高いのか考えてみましょう。

学生ローンのメリット
学生ローンは、学生であればすぐに、そして簡単にお金を借りることができるサービスです。銀行のカードローンは、お金を借りる際には厳しい審査を通過しなければなりませんし、勤務先への在籍確認も必要です。銀行のカードローンを利用してお金を借りることは、利子をやすく設定してある分、これらの条件を満たさなければなりません。その点学生ローンには在籍確認もありませんし審査も比較的緩めです。
学生ローンの利用で勤務先への在籍確認をしないということは、支払いが行われず踏み倒しのリスクが上がることにもなりますし、実際には働いていない学生さんでも借りることができますから支払いの延滞リスクも高くなります。
つまり学生ローンは厳しい審査がなく比較的簡単にお金を借入れすることができますのでその分、延滞や踏み倒しなどのリスクがあがってします。ですからどうしても利子を高くして収益を確保しなければなりません。

学生ローンのデメリット
学生ローンは利子が高いので利用をためらうこともあるでしょう。しかし学生ローンの利子が高いのは簡単・迅速に学生さんが利用することができるようになっているからです。銀行のように勤務先への在籍確認を行ったりしませんので、そのリスクの分利子を高くすることによって収益を確保しています。これが学生ローンの利子が高い理由で、利子の高いことが学生ローンのデメリットです。
メリットには必ずデメリットが伴います。学生ローンの審査ハードルを下げて学生ローンを簡単に利用できるようにすると、どうしても利子を上げなければなりません。闇金融のように暴利をむさぼるために利子が高いわけではありません。「学生ローンはより利用しやすく親しみやすいローンサービスにするために利子が高くなっている」ということは是非とも理解しておいて下さい。
学生ローンの利子が高くても、必要な金額だけを借りて計画的に早め早めに返済していくようにすれば、問題はないでしょう。

7324012bf3434a7f263958c02b9bd052_s

即日融資可能なおすすめの学生ローンについて

即日融資可能な学生ローン2社をご紹介します。

アミーゴ
アミーゴは1982年創業の実績と信頼のある学生専門ローン会社です。 長く経営をしているので、多くの学生がアミーゴを利用しています。 学生ローンの契約もインターネットのみで完結しますので、学生ローン審査通過後最短10分という早さでお金が振り込まれます。利子は14.40%~16.80%で、3万円から最高50万円まで借りることができます

キャンパス
キャンパスも10年近く経営をしている信頼できる学生専門ローン会社です。 女性限定で通常の年利よりも安くなる学生レディースローンのサービスもあります。 女性の方で学生専門ローン会社からお金を借りたい場合は、キャンパスをおすすめします。利子は15.60%~16.80%で、14:30まで(ゆうちょ銀行利用者は17時まで)に申し込みをすれば即日融資が可能です。

まとめ

学生さんでも急にお金が必要になり、学生ローンを利用することもあるでしょう。
学生ローンの利子は一般的に高く長く返済を続けると、支払い総額が非常に高額になってしまうこともあります。学生ローンの利用することは借金であることを忘れずに、自分のアルバイト代で無理をしない範囲で返済できる金額だけを借りるようしましょう。

クレジットカードの作り方:無職でもクレジットカードは作れる!作り方まとめ

学生がお金を借りたいときどこで借りればよいか:おすすめローン会社まとめ


sponsored link

関連記事

  1. クレジットカードを学生が所持する場合30万円の限度額が上限である…

    クレジットカードを利用している学生さんは30万円以上の限度額を設定してもらうことができるのでしょうか…

  2. 楽天カードの作り方:学生の申込書の記入方法

    楽天カードは学生でも所持することができます。楽天カードの申込条件には職業や身分の規定は特にありません…

  3. JALカードの年会費には割引サービスはあるか?

    JALカードの年会費は一般のクレジットカード比較して高いといわれますが、JALカードには年会費の割引…

  4. 大学のクレジットカード「大学カード」とは?大学カード特徴まとめ

    国内で発行されているクレジットカードには、学生カードという名で発行されている学生を対象としたクレジッ…

  5. 三菱UFJニコスのクレジットカード学生向け:MUFGカードIni…

    三菱UFJニコスから発券されているクレジットカードで学生専用カードはどんなクレジットカードでしょうか…

  6. 銀行カードローンは学生でも利用できるか?

    銀行のカードローンは学生でも利用できるのでしょうか。今回は、銀行のカードローンの学生の利用方法、…

  7. JALカードのマイルを使う:お得なマイル交換まとめ

    JALカードのマイルを使うには、何と交換すればお得でしょうか。JALカードで貯めたマイルを使う場…

  8. 学生がクレジットカードの上限を上げるためにできること

    学生のクレジットカードの上限はいくらでしょうか。また学生がクレジットカードの上限を上げること…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP