menu

sponsored link

ダイナースカードのブラックカードの年会費は?憧れのステイタスを手に入れよう

sponsored link

ダイナースカードのブラックカードは「ダイナースクラブ プレミアムカード」という名称です。アメリカンエキスプレスセンチュリオンカードと並ぶ代表的なブラックカードとして憧れの的のブラックカードです。今回はそんなダイナースカードのブラックカードについてまとめました。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

ダイナースカードのブラックカードとは

ダイナースクラブカードのブラックカードは「ダイナースクラブ プレミアムカード」といい、三井住友トラストクラブが発行するクレジットカードです。ダイナースクラブカードもステイタスのあるクレジットカードですが、そのさらに上位のプレミアムカードです。
この「ダイナースクラブ プレミアムカード」の券面の色は黒で、いわゆる富裕層向けのブラックカードとして、アメリカンエキスプレスのセンチュリオンカードと並ぶ2大ブラックカードといわれています。
「ダイナースクラブ プレミアムカード」はクレジットカードの機能等非公表となっている部分が多く謎に包まれている印象があります。実際に利用している人の話を総合すると、ブラックカードならではの特別なサービスや質の高いコンシェルジュサービスなどが魅力となっているようです。

「ダイナースクラブ プレミアムカード」の基本情報について

「ダイナースクラブ プレミアムカード」の年会費
「ダイナースクラブ プレミアムカード」は、ダイナースクラブカードの最上位に位置するクレジットカードです。
「ダイナースクラブ プレミアムカード」の年会費は、税込で140,400円です。アメリカンエキスプレスセンチュリオンカードほどではありませんが、年会費もプレミアムですね。
またANAと提携した「ANAダイナースクラブ プレミアムカード」というブラックカードもあります。こちらは「ダイナースクラブ プレミアムカード」の特典にANAの特典がプラスされた提携ブラックカードでで、こちらの年会費は、155,000円(税抜)となっています。

「ダイナースクラブ プレミアムカード」の取得方法
「ダイナースクラブ プレミアムカード」は、まずダイナースクラブカードを所持し、適正に使い続けることでインビテーション(招待)を受けて所持できるブラックカードです。以前は「ダイナースクラブ プレミアムカード」への招待基準はかなり厳しかったようですが、近年は基準が緩やかになっているという噂もあります。
年齢は27歳以上、年収や信用がそれなりにあることが必要なのではないかと思われます。会社員であれば年収800万円以上は必要という話がある一方で、かなり審査基準が緩くなっていて、それ以下でも大丈夫という話もあるようです。条件は非公開となっていますので詳細は分かりませんが、比較的入手できる可能性が高いブラックカードかもしれません。
また「ダイナースクラブ プレミアムカード」をすでに所持している人に紹介してもらって、「ダイナースクラブ プレミアムカード」を所持するという方法もあるようです。

「ダイナースクラブ プレミアムカード」の利用限度額
「ダイナースクラブ プレミアムカード」には利用限度額に一律の制限がありません。個人に合わせた設定となっていて、ほとんど限度額を気にすることなく利用できるようです。ただし、高額な決済の場合には事故などの防止のために確認の電話が入ることはあるそうです。
事前に連絡をしておけば、1,000万円以上の自動車なども決済可能という話もあります。

「ダイナースクラブ プレミアムカード」の家族カード
「ダイナースクラブ プレミアムカード」には家族カードもあります。また家族カードの年会費は無料です。「ダイナースクラブ プレミアムカード」の本会員としての年会費は130,000円+消費税が必要ですが、家族カードは無料で作れます。家族会員は、配偶者・親・子ども(18歳以上)が対象となっています。

adb0983766f051e4ae89b3eadff52a14_s

「ダイナースクラブ プレミアムカード」の特徴と主な特典

「ダイナースクラブ プレミアムカード」の主な特徴と特典は、以下のようになっています。

◼︎コンシェルジュサービス:24時間、365日まるで専用の執事のようにプレミアム会員のニーズに答えてくれます。このサービスを使いこなしてこそ、ブラックカードホルダーの醍醐味を味わえるともいわれています。
◼︎ダイナースクラブ リワードプログラム:100円ごとに2ポイントが付与されます。
◼︎ダイナースグローバルマイレージ:無料でこのプログラムに参加できます。提携する航空会社のマイルなら、100円=2ポイント=2マイルの高還元率で交換することができます。(上限あり)
◼︎海外旅行傷害保険:傷害死亡・後遺障害/最高1億円の補償
◼︎空港ラウンジ:ダイナースクラブ独自の空港ラウンジサービスに加えて、プライオリティ・パスも付帯しています。この他にも「ダイナースクラブ プレミアムカード」会員限定のイベントや特典が多数あります。

「ダイナースクラブ プレミアムカード」のポイントと還元率
「ダイナースクラブ プレミアムカード」のポイントプログラムは「ダイナースクラブ リワードプログラム」という名称で、貯めることのできるポイントは、「ダイナースクラブ リワードポイント」です。通常のダイナースクラブカードでは、100円につき1ポイント付与されますが、「ダイナースクラブ プレミアムカード」では、その2倍の100円につき2ポイントが付与されます。
ポイント還元率は何に交換するかによって変わりますが、通常のダイナースクラブカードの倍の約0.8%となるものが多いようです。例えば、Amazonギフト券は、5,000ポイント=2,000円相当のレートで交換することができます。
しかも「ダイナースクラブ リワードポイント」には有効期限はありません。失効しないポイントがこのような高還元で貯まるというのは、かなりのメリットではないかと思います。

「ダイナースクラブ リワードポイント」をマイルへ移行する
「ダイナースクラブ リワードポイント」をマイルへ移行すると、さらに高還元となるようです。ダイナースクラブには「ダイナースグローバルマイレージ」というプログラムがあります。このプログラムに参加すると、「ダイナースクラブ リワードポイント」を参加航空会社のマイレージに移行することができます。
※マイルへの移行には別途ダイナースグローバルマイレージ(年間参加料:税抜6,000円)への参加が必要となります。
※1,000ポイント=1,000マイルに換算し、参加航空会社のマイレージに移行できます。
※「全日本空輸」「デルタ航空」「ユナイテッド航空」「大韓航空」の航空会社のマイルにポイント移行できます。(2016年2月現在)
※各航空会社毎に、年間移行マイル数の上限があります。

通常のダイナースカードではポイントからマイルへの移行の有無に関わらず年間参加料が毎年必要です。けれども「ダイナースクラブ プレミアムカード」では年間参加料が無料となりますので、参加航空会社のマイルへ、ダイナースクラブリワードポイントを移行手数料無料で移行できます。
つまり【1,000ポイント=1,000マイル】
のレートで交換できるというわけです。こちらを利用すれば、100円=2ポイント=2マイルとなり、かなりの高還元率といえます。ただし年間移行マイルには上限があり、ANAはは80,000マイル、そのほかの航空会社は100,000マイルとなっています。

08195bd0b98111b4ff04ba259c4c49bf_s

まとめ

ダイナースカードのブラックカードである「ダイナースクラブ プレミアムカード」の年会費は税込で140,400円です。けれども「ダイナースクラブ プレミアムカード」には、その高額な年会費も納得できるほどの特別な特典があります。中でも執事のように細やかに願いを叶えてくれるコンシェルジュサービスは憧れでしょう。このようなサービスを使いこなせる人であれば、きっと満足度が高いブラックカードであると思われます。
「ダイナースクラブ プレミアムカード」は以前よりはインビテーション(招待)が来る確率が高くなったとはいえ、やはり取得や維持が難しいブラックカードであることは間違いありません。「ダイナースクラブ プレミアムカード」の取得を目指す人は、まずはダイナースクラブカードを適正に利用することから始めてはいかがでしょうか。

イオンカードのときめきポイントを交換する:最もお得な商品券まとめ

18歳はクレジットカードを作れるか?条件および審査について


sponsored link

関連記事

  1. セゾンカードのポイント交換アイテム:おすすめ3つ

    セゾンカードのポイント交換アイテムで、もっともお得な商品は何でしょうか。今回はセゾンカードのポイント…

  2. JALカードのETC利用でマイルを効率よく貯める!

    JALカードは、JALマイルの貯まるクレジットカードです。JALカードを買い物で使うとマイルを貰うこ…

  3. ANAカードのプレミアム会員になるには

    飛行機に多く乗る人を対象に、航空会社が特別なサービスを提供するシステムがあります。この特別なサービス…

  4. セゾンカードのアメックス・プラチナカードは特典満載のお得なプラチ…

    セゾンプラチナ・アメックス・カードとはセゾンカードの発行元のクレディセゾンがアメックスと提携…

  5. クレジットカードの還元率について:おすすめのクレジットカード10…

    クレジットカードを選ぶときの1つの基準となるのがクレジットカードのポイント還元率です。クレジット…

  6. JALカードのマイルを使う:特典航空券への交換がおすすめ「ショッ…

    JALカードのマイルを使うJALマイルが貯まるクレジットカードは、やはりJALカードです。このJ…

  7. ANAカードのプレミアムポイントとは?マイルとどう違うの?

    ANAカードを利用すると「プレミアムポイント」というポイントが貯まりますが、この「プレミアムポイント…

  8. TSUTAYAのクレジットカード 「Tカードプラス(TSUTAY…

    TSUTAYAのクレジットカードの審査は厳しいのでしょうか。TSUTAYAのクレジットカードは「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP