menu

sponsored link

ANAカードの年会費を割引するために三井住友カードのサービスに登録しよう

sponsored link

ANAカードの年会費が気になって、ANAカードの年会費が割引される方法はないか?と考えている人もるでしょう。今回はANAカードの年会費が割引になる方法についてみていきましょう。

ANAカードの年会費が割引になる2つの方法

ANAカードの年会費が割引になる方法が2つあります。国際ブランドがVISA/MasterCardのプラチナカードを除いて三井住友カードから発行されているANAカードなら、ANAカードの年会費が500円以上割引になります。ANAカードの年会費が割引になるためには「WEB明細の登録」と「マイ・ペイすリボの登録+利用」のどちらかの条件をクリアーすることです。「WEB明細の登録」と「マイ・ペイすリボの登録+利用」についてわかりやすく説明してみましょう。またANAカードそれぞれの割引金額もまとめてみました。
images (2)

①WEB明細サービスに登録する

ANAカードは、毎月クレジットカードの利用明細が紙で郵送されてきます。この郵送されてくるクレジットカードの利用明細書を停止して、web上での表示のみにすることがWEB明細サービスです。WEB明細サービスに申し込むには、三井住友カードのVpassサービスに登録した後に会員専用サイトにアクセスします。
ANAカードの利用明細書の発送を止めてもWEB上でクレジットカードの利用明細を確認できますので、特にデメリットがなく簡単にANAカードの年会費を安くすることができますのでおすすめです。注意しておきたい点は、1年間の内に6回以上のクレジットカードの利用による請求がある場合のみの割引ですので、最低でも2ヶ月に1回はANAカードを利用しましょう。

ANAカードのなかでWEB明細サービスの登録でクレジットカードの年会費が割引になるのは以下の三井住友カードから発行されている5枚のANAカードです。それぞれのANAカードの「本来の年会費」「割引後の年会費」「割引額」を紹介します。金額は全て税別で、WEB明細サービスを登録した年の翌年の年会費から割引が適用されます。

ANAカード(一般) VISA/Master
本会員:2,000円→1,500円(割引額500円)
家族会員:割引なし
ANA VISA Suicaカード
本会員:2,000円→1,500円(割引額500円)
ANA ワイドカード VISA/Master
本会員:7,250円→6,750円(割引額500円)
家族会員:割引なし
ANAカード(学生用)VISA/Master
本会員:無料→無料
ANA ワイドゴールドカード VISA/Master
本会員:14,000→13,000円(割引額1,000円)
家族会員:割引なし

②マイ・ペイすリボへ登録して、ANAカードを年1回以上利用する

三井住友カード会員公式サイトからマイ・ペイすリボサービスに登録します。そして年に1回以上ANAカードを利用するとANAカードの年会費が割引になります。クレジットカードのリボ払いをすればクレジットカードの年会費が割引になる、ということです。
クレジットカードの支払いをリボ払いにすると手数料がかかってしまうデメリットがありますが、マイ・ペイすリボは月々のリボ払いの支払金額を自分で自由に設定できます。ですから、例えばリボ払いの月々の支払金額を「100万円」と設定しておけば、特別なことがない限り月に100万円の支払いが発生することはないと思いますので毎月一括で返済することができます。ですから、クレジットカードのリボ払い手数料を払わずにANAカードの年間手数料が割引されることになります。簡単にこのリボ払いの手数料を払わなくてよい方法を説明してみましょう。

マイ・ペイすリボの支払いコースを5万円に設定する
ANAカードの請求金額が8万円あるとすると
その月に5万円が返済されます。
3万円が未払いの残高ですので、翌月の引き落としの時に3万円が未払いの残高に対するリボ払い手数料(利息)がかかります。

マイ・ペイすリボの支払いコースを100万円に設定する
ANAカードの請求金額が8万円
その月に8万円が返済されます。
未払い残高がないので、次回の引き落とし時にリボ払い手数料(利息)がかかりません。

ANAカードのなかでマイ・ペイすリボの登録+年に1回以上ANAカードの利用で、年会費が割引になる三井住友カードから発行されているANAカードと、「本来の年会費」「割引後の年会費」「割引金額」をまとめました。金額は全て税別で、マイ・ペイすリボを登録利用したその年の年会費から割引になります。

ANAカード(一般) VISA/Master
本会員:2,000円→1,025円(割引額975円)
家族会員:1,000円→475円(割引額525円)
ANA VISA Suicaカード
本会員:2,000円→751円(割引額1,249円)
ANA ワイドカード VISA/Master
本会員:7,250円→6,275円(割引額975円)
家族会員:1,500円→975円(割引額525円)
ANAカード(学生用)VISA/Master
本会員:無料→無料
ANA ワイドゴールドカード VISA/Master
本会員:14,000円→10,500円(割引額3,500円)
家族会員:4,000円→2,500円(割引額1,500円)

ANAワイドゴールドカードだけは2つの割引の合計額が適用されます。
「WEB明細登録」と「マイ・ペイすリボ登録」の両方を行った場合、ANAワイドゴールドカードVISA/MasterCardだけは両方の割引金額をたした金額が割引されます。
ANA ワイドゴールドカード VISA/Master
本会員:14,000円→9,500円(割引額4,500円)
家族会員:4,000円→2,500円(割引額1,500円)
その他のANAカードで2つの条件をクリアーした場合には「マイ・ペイすリボ登録+利用」の割引額だけが適用されます。

ANAカードのなかで年会費の割引額が高い、おすすめのANAカードについて

ANAカードの中で年会費の割引額が大きく特におすすめなANAカードは、ANA VISA Suicaカードと、のANAワイドゴールドカードVISA/MasterCardです。

ダウンロード (5)

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカードは年会費1,000円(税別)で、マイ・ペイすリボの登録+利用でANAカードの年会費751円(税別)となります。これは年会費有料のANAカードの中でいちばん安い年会費です
ANA VISA Suicaカードの大きな特徴はANAカードと交通系icカードのSuicaが1枚のカードになっていることで、ANAカードとしてもSuicaとしても使えます。またANA VISA Suicaカードは支払いの方法もクレジットカード払いとSuica払いの2通りがあります。
ANA VISA Suicaカードはクレジット払いでSuicaにチャージできますし、チャージ金額1,000円につき10マイルが貯まります。オートチャージもできますので、Suicaの残高を気にする必要がありませんし、自動的にマイルが貯まる仕組みになっています。
また、ANA VISA SuicaカードはANAカードなので毎年のANAカード継続時には1,000マイルのボーナスマイルが付与されます。ANA VISA Suicaカードの年会費が751円(税別)と考えると、1,000マイル=1,000円として毎年のボーナスマイルだけでANA VISA Suicaカードの年会費は十分相殺されます。
ANAカードの年会費が気になる人にはいちばんおすすめできるなANAカードです。

ダウンロード (6)

ANA ワイドゴールドカード VISA/Master

ANA ワイドゴールドカード VISA/Masterは、すべてのANAカードの中で最も割引金額が大きくなっています。
ANA ワイドゴールドカード VISA/Masterは、通常であればクレジットカードの年会費が14,000円(税別)ですが、WEB明細とマイ・ペイすリボの登録+利用で(4,500円の割引で)9,500円(税別)になります。ゴールドクラスのANAカードの中ではクレジットカードの年会費がいちばん安くなっていて1万円以下で持てる唯一のゴールドANAカードです。
また、ANA ワイドゴールドカード VISA/MasterはゴールドカードですのでANA ワイドゴールドカード VISA/Masterの入会時と毎年のクレジットカードの継続時には2,000マイルが付与されます。搭乗ボーナスマイルも一般のANAカードの2.5倍ですし、10マイル移行手数料も無料になっています。
ANA ワイドゴールドカード VISA/Masterはマイル以外の特典もたくさんあります。海外・国内旅行保険は補償額が高いですし、フライト時には優先チェックインや国内主要空港ラウンジの無料利用などの特典があります。
ANA ワイドゴールドカード VISA/Masterは費用対効果が非常に高く、コストパフォーマンスの良さを実感できるANAカードでしょう。ANAカードの年会費が割り引きのあるワンランク上のANAカードを所持するならANA ワイドゴールドカードISA/Masterがおすすめです。

アメリカンエキスプレスの年会費無料カードでコストコでの支払いをカンタンに済ませる

海外旅行で便利なクレジットカードのおすすめは?学生の方へ


sponsored link

関連記事

  1. クレジットカード: 学生から社会人になっても便利に使えるクレジッ…

    クレジットカードは学生から社会人になるときに、どのような手続きが必要でしょうか。またクレジットカード…

  2. ライフカードで学生はいくらキャッシングできるか?キャッシンッグ方…

    ライフカードは誕生月にはポイントが5倍(ポイント還元率2.5%)になるため人気のあるクレジットカード…

  3. 学生ローンはバイトしてない学生でも利用できるの?

    学生ローンはバイトしてない学生でも利用できるのでしょうか。学生ローンは法律上、バイトによる安定収…

  4. デビットカードは学生も利用できる:クレジットカードの練習用カード…

    デビットカードは学生でも利用できるのでしょうか。そもそもデビットカードとはどんなカードでしょうか。…

  5. クレジットカードの引き落としの時間は?

    クレジットカードの利用代金の引き落とし日をうっかり忘れてしまっていて、当日にクレジットカードの利用料…

  6. クレジットカードの審査に落ちる理由とは?

    クレジットカードの審査に落ちた人には必ず理由があります。クレジットカードの審査に落ちた人の中には…

  7. 学生ローンの限度額はいくら?

    学生ローンの限度額はいくら位でしょうか。今日の飲み会の会費に1万円だけ借りたいという学生さんもい…

  8. クレジットカードの作り方、銀行のクレジットカードって?

    クレジットカードには種類があることを知っていますか?あなたが今お手持ちのクレジットカードは、どこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP