menu

sponsored link

カードローンの審査に通らない理由とその対策について

sponsored link

カードローンの審査に通らない理由はなんでしょうか。今回はカードローンの審査に通らない3つの理由とその対策についてみていきたいと思います。

カードローンの審査に落ちてしまった経験はないでしょうか。カードローンの審査に通らない人には、次のような3つの理由があります。 ①すでに複数の金融会社からお金を借りている ②過去に借り入れ金の支払遅延・滞納をしたことがある。③年収から考えてお金を多く借りすぎている。 もし、あなたが金融会社のカードローン審査の担当者であれば以上のような返済能力の見込みが低い人にはお金を貸したくないでしょう。①~③の項目に1つでも身に覚えがある場合、カードローンの審査には通らないと考えて下さい。けれども、まだあきらめる必要はありません。カードローンの審査項目は大きく分けて3つあり、それぞれに対して対策があります。カードローンの審査対策をすれば、カードローンの審査に通る確率はぐっと高くなります。このページではカードローンの3つの審査項目と、その対策方法を紹介していきます。

2be548df3db16f12450912f7011d4960_s

銀行や消費者金融が重視するカードローンの審査項目について

銀行や消費者金融がカードローンの審査で重要視している項目をみていきましょう。以下のカードローソンの審査で重要視される3つの項目のなかに1つでも当てはまるものがあれば、その対策まで読んで下さい。

1.すでに3社以上の金融会社からお金を借りている
カードローンの審査に通らない理由の中で最も多いのが、お金を借りている金融会社の数が多いことです。借り入れしている金融会社数が多いと「1つの金融会社で希望金額を借りられないほど信用がない」と思われます。ですから合計の借入金額が同じでも、借りている金融会社数が少ないとカードローンの審査に通りやすく、逆に借りている金融会社数が多いとカードローンの審査に通りにくくなります。それでは、3つ以上の金融機関から借り入れをしている場合にはどのような対策があるでしょうか。
すでに3社以上の金融機関からお金を借りている場合の対策方法は、1つの金融機関に「おまとめ」することです。銀行のカードローンの中には複数の借り入れを「おまとめ」できるものがあります。

2.過去に支払いを滞納している
各金融会社は、信用情報機関という、顧客の過去のカードローンやその他ローン、クレジットカードの審査や返済情報を記録した機関から、カードローンの申込者の情報提供を受けてます。過去に信用情報が悪くなるようなこと、たとえばローンの返済の滞納や連続の申込などをおこなっていると、カードローンの審査に通らなくなるばかりか他の金融会社からも融資を受けられなくなってしまいます。過去に信用情報が悪くなるようなことを行っていた場合の対策としては、別の金融機関にカードローンを申し込むことです。実は、消費者金融と銀行ではカードローンの審査には別の信用情報機関を利用しています。ですから過去にローンなどの支払いの延滞・滞納をしたことがあれば別の金融会社にカードローンの申し込みをしましょう。

3.すでに年収の1/3までお金を借りている
消費者金融から年収の1/3までお金を借りてしまっていると、それ以上のお金を消費者金融から借りることは絶対にできません。なぜなら、貸金業法の総量規制で年収の1/3以上の貸し付けは法律違反になるからです。年収の1/3以上の貸付制限は、消費者金融全体での貸し付けですので、複数の金融機関から少額ずつお金を借りていても総量規制にかかります。
消費者金融などの金融会社から年収の1/3まで、すでにお金を借りてしまっている場合の対策は、銀行のカードローンを利用することです。銀行に適用される法律は「銀行法」といって、そこに「総量規制」というものはありません。年収の1/3までお金を借りてしまっている場合は、銀行のカードローンを申し込みましょう。

6b101c187b2148e836bfa2aedd3d22df_s

カードローン審査の対策について

次に、上記のカードローン審査で重視される各項目についての対策をみていきましょう。

1.既に3つ以上からお金を借りている場合の対策について
3つ以上の銀行や消費者金融からお金を借りているのであれば、1つの金融機関に「おまとめ」をしましょう。「おまとめ」とは複数の金融機関の借り入れを1つにまとめることです。銀行や消費者金融のカードローンはお金の利用目的は自由ですので、他社から借りているお金の返済にあてても問題ありません。多くの金融会社から借りていて、支払いなどが複数件ある場合、それぞれのローンを管理するのは面倒ですが、「おまとめ」すると、その管理の面倒さから解放されます。また経済的な信用も復活して、再度ローンなどを組めるようになりますのでぜひ「おまとめ」の利用をおすすめします。

2.過去にローンなどの支払いの滞納をしている場合の対策について
過去に支払いの延滞をしている場合は、別の金融会社に申し込んでみましょう。消費者金融と銀行は、顧客の支払い履歴や返済情報が記録されている信用情報機関の情報をもとにカードローンの審査を行います。しかし、その信用情報機関は、銀行と消費者金融では別個の信用情報機関が使われますので、ひとつの金融機関で落ちても、別の金融機関に申し込むと、初めてお金を借りるときと同様の審査基準でカードローンの審査を受けることができます。
具体的には

消費者金融で支払いを滞納した⇒銀行のカードローンに申し込む
銀行のカードローンで滞納した⇒消費者金融に申し込む

このような形で、消費者金融と銀行にカードローンの申し込みをしてみましょう。

3.年収の1/3以上お金を借りてしまっている場合の対策について
年収の1/3以上お金を借りてしまっている人は銀行カードローンに申し込みましょう。
消費者金融に適用されている貸金業法には、顧客に対して、年収の1/3以上のお金を貸し出すことを禁じている総量規制という項目があります。しかし銀行には銀行法が適用されており、銀行法には総量規制のようなお金の貸出上限を制限するような項目はありません。ですから、年収の1/3までお金を借りている状態でこれ以上消費者金融でお金を借りられない人は、銀行のカードローンに申込めば、お金を借りることができる場合があります。もし、年収の1/3以上のお金を消費者金融で借りてしまっている人でお金を借りたいのであれば、銀行のカードローンを申込みましょう。

9fe02dcdac308ad31e6fdaa7663c049a_s

「おまとめ」ローンについて

上述した「おまとめ」ですが、おまとめローンの審査規準は、一般的なカードローンの審査と比べるとやはり厳しいようです。通常のカードローンの審査でも同様ですが、おまとめローンの場合は、借入件数や延滞、多重申込みなどの情報が、より一層重視されます。
なぜなら、すでにカードローンを利用し借金がある人が、少しでも返済を減らすために申し込むのが、おまとめローンですので、お金を貸す側の消費者金融も審査に慎重になるのは仕方がないことでしょう。
基本的に、すでに借金がある人、複数の消費者金融会社を利用している人は、全く借金のない人に比べて経済的な信用度が低い、と判断されます。

おまとめローンの審査の対策について

どうすればおまとめローンの審査に通りやすくなるのでしょう。簡単にポイントをまとめてみました。

1.既存の借入額を少しでも減らしておく
現在お金を借りているその借入総額が少なければ少ないほど、おまとめローンの審査に通りやすくなります。ですから、おまとめローンを申し込む前には、できるだけ借入総額を少なくしておきましょう。
現在利用しているローンを、積極的に繰り上げ返済する、、家族に一時的にお金を借りて返済するなど、返済総額をなるべく少なくしておけば、おまとめローンの審査が有利になります。

2.返済の延滞をしない、おまとめローンを申し込みすぎない
現在利用中のローンの返済を延滞しないことも、重要です。返済の延滞が続くと、おまとめローンどころか、普通のカードローンも審査が難しくなります。ですから普段からカードローンなどの返済期日は必ず守りましょう。
また、おまとめローンに、たくさん申し込まないことも大切です。たくさんの金融会社に一気におまとめローンを申し込んで手間をハブ港としても限度があります。あまりにたくさんの金融会社におまとめローンを申し込んでしまうと、信用度が低くなってしまい、結局おまとめローンの審査に通りにくくなります。ですので、おまとめローンを申し込むときは、金利やその他の条件を吟味し、選んで申し込むようにして下さい。

64013dd25a44c8f5a4f7a4817a250cc0_s楽天カードの作り方:学生の申込書の記入方法

images.eposエポスカード:ゴールドカードのインビテーション条件について


sponsored link

関連記事

  1. 7f5c0a4e9b44063068aff627daaae1a6_s

    クレジットカード審査に通りやすいのは?審査ランキング2016

    クレジットカードを所持するためには、まずはクレジットカードの審査に通らなければなりません。クレジット…

  2. 599e39b28ecd6bd35f0f3853d8ae2a28_s

    18歳ではカードローンを利用できない!学生ローンまたはクレジット…

    18歳の人はカードローンを利用できるのでしょうか。18歳ではカードローンを利用できないカード…

  3. d99c525327f1fba77287904f2ae79e6f_s

    楽天カードの学生の限度額はいくら?楽天カードの限度額まとめ

    楽天カードの学生の限度額について楽天カードは学生さんでも申し込み可能なクレジットカードです。楽天…

  4. 2e839136d5bd5d0c290ded065a9dd796_s

    クレジットカードを海外利用する時の注意点まとめ

    クレジットカードを海外利用するために知っておきたい注意点をまとめました。海外と日本ではクレジット…

  5. 9506c43c0b18a1c849e78754a741df95_s

    クレジットカードの還元率について:おすすめのクレジットカード10…

    クレジットカードを選ぶときの1つの基準となるのがクレジットカードのポイント還元率です。クレジット…

  6. d75b10c88b294e3f56af2ed639dfd763_s

    JCBカードのポイント交換は商品券が最もお得!

    JCBはさまざまな企業と提携してクレジットカードを発行しています。提携カードは多くの場合、提携先の企…

  7. ff03196a76521c6c797e7bdb6d1b2aa4_s

    キャッシングとは?簡単に借り入れできるので使いすぎに注意!

    キャッシングとは、よく聞く言葉ですね。「お金を借りる」ということは分かっていても、その他のことは知ら…

  8. 853b202aafd4eab43eb2255b9954accb_s

    学生は銀行のローンを利用できるか?

    学生は銀行のローンを利用することができるのでしょうか。銀行のローンにはいろいろな種類があります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP