menu

sponsored link

カードローンの返済シュミレーションは必須:借りる前にやっておこう

sponsored link

カードローンを利用するときは必ず返済シュミレーションをしましょう。
カードローンは便利なサービスですが、カードローンの利用方法を間違えると、借金の返済ができなくなり大変な事態に陥ることもありえます。カードローンで借り入れを行う前には、必ず返済シミュレーションをして返済計画を立てましょう。

8af275371b7aa407012d5447dae47b0e_s

カードローンの返済方法について

カードローンの返済方法には色々な種類があります。カードローンの返済シュミレーションをして返済プランを立てるためには、カードローンを借りる前に返済方法を理解することが大切です。代表的なカードローンの返済方法をいくつか紹介したいと思います。

一括返済
一括返済とは、カードローンで借り入れたお金を一括で返済する支払方法です。支払いが一回で終わるのが最大のメリットです。
しかし、一括で借り入れ金を返済するためにはある程度まとまったお金が必要です。カードローンは比較的に高額な借り入れをすることがサ多いため、一括返済することはまれでしょう。

分割返済
分割返済は、カードローンで借り入れたお金を分割して支払っていく支払方法です。3回払い、6回払い、12回払いなどがあります。クレジットカードの支払いではよくある方式ですが、支払い総額が大きくなることが多く、再計算がやっかいであるということもあって、カードローンでは採用されることは少ないです。

リボルビング払い(リボ払い)
カードローンの主流の返済方法で、毎月あらかじめ決められた一定額を返済していく方式です。借入残高が少なくなると、支払い利息も少なくなってくるという特徴があります。
リボルビング払いは「定率リボルビング方式」「定額リボルビング方式」「残高スライドリボルビング方式」の3つに分類することができます。一番多く採用されるのは「残高スライドリボルビング方式」で、これは借入残高ごとに決められた金額を毎月返済するという仕組みになっています。

元利均等方式
利息と元金を合わせた返済額を均一にして、毎月の支払金額が一定になるようにする返済方法です。カードローンの返済方法の中でも最も採用されている方式です。
毎月の支払金額が一定ですので、カードローンの返済プランを立てやすいというメリットがあるりますが、最初は利息を多く返済することになるため元金が減りにくく、最終的な支払金額が大きくなりやすいということがデメリットでしょう。

元金均等方式
てい毎月一定の元金と、それに上乗せされる利息金額を併せて支払っていくという返済方法です。利息が大きい返済初期は毎月の支払額が大きくて大変ですが、返済が進むにつれて支払いが楽になっていきます。
また、元金を多く返済する仕組みになっているので、支払総額は元利均等方式と比べると少なくなります。

以上のようにカードローンの返済方法にはさまざまな種類があります。毎月の支払額を一定にするのが良いのか、支払い総額が少なくなる方が良いのか、自分の経済状況に応じて、最適なカードローンを選びましょう。

42196bd7e03cf2ec2722e041ab313b69_s

カードローンの返済シュミレーションについて

カードローンを取り扱っている消費者金融や銀行などの業者はHP上で返済シミュレーターを公開しています。返済シミュレータとはカードローンの返済のシミュレーション、つまり返済の試算を行うことができる装置のことです。カードローンの借入の前には必ずシミュレーションを行いましょう。

ここからはプロミスの返済シミュレーターを利用して、カードローンの返済シミュレーションをしていきましょう。

必ず入力する項目は「お借入希望額」「ご返済期間」「お借入金利(年率)」の3つだけです。ここでは順番に「100万円」「36か月」「17.8%」と設定しましょう。

テキストボックスに入力を行った後、下の「シミュレーション実行」をクリックすれば、毎月のカードローンの返済額が計算できます。この場合毎月の返済額は「3万6052円」です。
また、「お借入希望額」「毎月のご返済額」「お借入金利(年率)」を入力して、そこからカードローンの返済期間(月数)を計算することもできます。ここでは順番に「100万円」「3万5000円」「17.8%」と設定します。
テキストボックスに入力して、下の「シミュレーション実行」をクリックすれば、カードローンの返済月数が計算できます。この場合の返済月数は「38か月」になります。

上記のようにカードローンのシミュレーションを繰り返して行えば、いくら借りると何か月にわたっていくら返済する必要があるのかおおよそ把握することができます。カードローンの借り入れのまえに、必ず返済シミュレーターでシミュレーションを行ってください。

カードローンの毎月の返済額は「可処分所得」から決める

カードローンを利用するために返済シミュレーターを使ってみたけど、毎月の適切なカードローンの返済金額がよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。毎月のカードローンの返済金額は具体的にいくらに設定するべきなのでしょう。この適切な返済金額というのは人によって異なります。収入や消費傾向によって、カードローンの返済に使える金額が違うからです。

収入から必ず支払わなければならない税金や社会保険料などを差し引いた残りの金額を「可処分所得」といいます。毎月のカードローンの返済金額はこの「可処分所得」をもとに決定していきます。
しかし「可処分所得」を全額カードローンの返済に回すわけにはいきません。生活費などを支払う必要もあります。したがって次に「可処分所得」から生活費(食費、家賃、光熱費などの毎月かかる費用をまとめたもの)を引きます。
仮に「可処分所得」が25万円、生活費が18万円の場合、残金は7万円です。この7万円が実質的に「自由に使えるお金」です。
ではこの7万円をすべてカードローンの返済に使っていいのかというと、そうではありません。生活費に含まれていない、急を要する出費があると対応できなくなるからです。病気になったのに診察費が払えないので病院にいけない、というのでは困ります。
それに、自由に使えるお金をすべてカードローンの返済に使ってしまうと生活に余裕がなくなり、毎日の生活が味気なくなります。その不自由な生活に耐えることができず、新たに借金をしてしまっては何の事だかわかりません。
生活に余裕を持たせるためにも、ある程度のお金を「遊びと予備費」に回しておきましょう。この「遊びと予備費」の金額は今ある預金などと相談して決めて下さい。
「自由に使えるお金」から「遊びと予備費」を引いた金額が、カードローンの返済に回せるお金ということになります。カードローンの返済はできるだけ早く済ませたいものですので、できる範囲で多めに返しておくようにしましょう。

ミニマムペイメントについて

カードローンには毎月の支払の最低金額が設定されています。カードローンを返済するときは必ずその最低金額を上回るように支払いをしなければならない、という決まりがあります。この最低限の金額は「ミニマムペイメント」と呼ばれています。ミニマムペイメントの金額は金融機関によって違っていますが、たとえばアイフルは4000円、ノーローンは2000円、楽天銀行スーパーローンは3000円、三井住友銀行カードローンは10000円、オリックスVIPローンカードは10000円となっています。
このミニマムペイメントの金額さえ上回っていれば、一般的に返済する人が支払金額と返済期間を決めることができます。
金融機関の中にはカードローンの毎月の支払いにミニマムペイメントを勧めるところがありますが、あまりお勧めできません。
毎月のカードローンの支払金額を最低金額に抑えれば確かにカードローンの返済は楽ですが、その分カードローンの返済期間がながくなり支払い総額が大きくなってしまいます。

カードローンの返済日について

カードローンの返済日は自分で決められるところが良いでしょう。カードローンの返済日は基本的に月1回です。カードローンの返済日は金融機関から指定されることもありますが、借り手が自由に設定できる場合もあります。どちらを選んでも月1回の返済には変わりありませんが、自由に決められる方がお勧めです。
カードローンの返済日を自由に決められる場合もは、なるべく給料日の直後にしましょう。給料日が25日なのにカードローンの返済日を20日にしてしまうと、支払いができなくなる可能性があります。返済日を給料日のすぐ後に設定しておけば、そのようなリスクはまずないでしょう。

繰り上げ返済について

お金に余裕があるときはカードローンの繰り上げ返済をしましょう。ボーナスや臨時収入があったり、生活費に余りが出た場合にはカードローンの繰り上げ返済をしておきましょう。カードローン繰り上げ返済はほぼすべての金融機関ですることができます。
カードローンの繰り上げ返済の一番のメリットは、返済した金額がすべて元金にあてられることです。毎月の返済は通常、元金と利息に割り振られますので、返済した金額ほど元金が減っていかないのが普通です。
特に元利均等方式の初めの時期には、いくら返済してもなかなか元金が減らないため、やきもきすることも多いと思います。
それに対しカードローンの繰り上げ返済は、繰り上げ返済した金額のすべてを元金の返済に充てることができますので、のちに支払わなければならない利息を大きく減らすことができます。繰り上げ返済はカードローンの返済初期に行うと特に効果的ですので、お金に余裕がある場合は積極的に行っていきましょう。

なおカードローンの繰り上げ返済には一つ注意点があります。繰り上げ返済をしても毎月の支払いが免除されるわけではないということです。
たとえばカードローンの返済日が毎月25日で、毎月の返済額は1万5000円としましょう。4月はお金に余裕があったので、4月15日に1万円繰り上げ返済を行いました。この場合、4月25日に支払う金額はいくらでしょうか。
答えは「1万5000円」です。いくらカードローンの繰り上げ返済をしてもカードローンを完済するまでは毎月の支払金額は一定のままです。
カードローンの繰り上げ返済にこだわって生活費が足りなくなってしまっては本末転倒ですので、繰り上げ返済は必ず余裕資金で行ってください。

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

返済シミュレーションで返済できそうにない場合には

カードローンの返済シミュレーションを使ってみて、どう考えてもカードローンの返済ができないという場合はカードローンの借り入れは絶対にしないで下さい。後々必ず返済で苦労することになります。無理のある借り入れをしなければ生活できないという場合には、まずはその生活を改めましょう。収入に対して支出が多すぎないか、もう一度確認しましょう。
現時点ですでに借金がたくさんあるという場合は債務整理も考えたほうがいいかもしれません。お金を借りては返すを繰り返すよりもはるかに健全といえるでしょう。

imagesアメリカンエキスプレスプラチナカードのインビテーションはどうすれば送られてくる?

y5625ac2c29e68visaプリペイドカードをamazonで利用する:Vプリカ使い方まとめ


sponsored link

関連記事

  1. images

    アメリカンエキスプレスプラチナカードのインビテーションはどうすれ…

    アメリカンエキスプレスのクレジットカードは、ダイナースクラブと共にクレジットカード界の双頭であり、高…

  2. a52802f4db426e043711495104930ba1_s

    バイクローンは学生でも利用できるか:ディーラーローンメリット・デ…

    バイクローンは学生でも組むことができるのでしょうか。高校を卒業して、大学生、専門学校生になるとバ…

  3. d84ac807d681207115f0820228fa2396_s

    クレジットカードを高校生は作れるの?

    クレジットカードを高校生が持つことについて賛成か反対かはが議論が必要かとは思いますが、ネットショッピ…

  4. a9c337068eed1bbe4fec07d1f8f43886_s

    クレジットカードの還元率とは?

    クレジットカードの還元率を知っていますか?今あなたがお使いのクレジットカードは還元率が高いでしょうか…

  5. e0fa9c0ca532a042272ccdf030aaadff_s

    ビザの商品券「VJAギフトカード」はどこで使う?コンビニで利用可…

    ビザの商品券はどこで使えるのでしょうか。今回はビザの商品券の基本情報についてまとめました。またコ…

  6. 659d0659cbf39e6b13fcce9feabb805d_s

    JCBカード審査状況の確認方法について

    JCBカードに申し込みをしたら、次に気になるのがJCBカードの審査状況です。今回はJCBカードの…

  7. a80f1d6c6827958816c7034215236676_s

    クレジットカードのセキュリティコードについて:VISAカードでは…

    クレジットカードのセキュリティーコードはVISAカードの場合、どこにあるのでしょうか。またそもそ…

  8. brand_sample

    クレジットカードの作り方は?VISAカード

    VISAカードを作りたいけど、どうやってVISAカードを作ればいいの? VISAカードはどこに申…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP