menu

sponsored link

クレジットカードの還元率とは?

sponsored link

クレジットカードの還元率を知っていますか?今あなたがお使いのクレジットカードは還元率が高いでしょうか?

クレジットカードを作るときに様々なクレジットカードの中から、どのクレジットカードを選ぶのか比較検討することと思います。

クレジットカードを比較検討する項目の中でも、クレジットカードの還元率がとても大切です。

クレジットカードの還元率のしくみについて詳しく理解すると、どんなクレジットカードが自分に必要か、どんなクレジットカードが自分にとって使い勝手がよいかよくわかりますので、クレジットカードを新規に作る場合や、あるいは今後クレジットカードの見直しをする場合役立つことと思います。

87fc4194c479f1e5a6f5df9609752f2a_s

クレジットカードのポイント還元率とは?

クレジットカードの特色の一つに、クレジットカードを利用すると利用した金額に応じて一定のポイントが付与されるというものがあります。

このクレジットカードを利用して貯まったポイントは、現金と同じように利用したり、商品券、電子マネー、またはいろいろな種類の景品と交換することができます。

ここで大切なのはクレジットカードを利用して付与されるポイントの還元率です。

クレジットカードのポイントの還元率とは、クレジットカードを利用した総額のうち、どれくらいの割合でポイントが還元されるかを分かりやすく数値化したものです。

簡単な例をあげて説明します。

クレジットカードを使ってデパートで10万円の買い物をします。そうするとそのデパートの500円の商品券がもらえます。

このクレジットカードの場合クレジットカードのポイント還元率は0.5%ということになります。

2be548df3db16f12450912f7011d4960_s

クレジットカードのポイント還元率を比較するときに重要なことはなにか?

クレジットカードのポイント還元率を比較するときに重要な点は2つあります。

①クレジットカードをいくら使うといくらポイントが付与されるか

②どのくらいのポイントでなにと交換できるか

クレジットカードのポイント還元率はこの2つの重要な点を理解して比較することが大切です。

クレジットカードのポイント還元率は、各クレジットカード会社によってルールが違います。

クレジットカードを利用して付与されるポイントの割合も違えば、どのくらいポイントを貯めると、なにと交換できるかも違っています。ですから、クレジットカードのポイント還元率を比較するときは各クレジットカードのポイント還元率の基準を決める必要があります。

そこで具体的な例をあげてみましょう。

某有名クレジットカード会社のクレジットカードのポイント還元システムを参考に説明したいと思います。
クレジットカードを利用しての1000円の買い物につき、1ポイントもらえるポイントシステムです。

そして1000ポイントを貯めれば、5000円分のギフト券と交換することができます。
1000ポイントで5000円のギフト券と交換することができるのなであれば、1ポイントに5円の価値があると判断することができます。つまりクレジットカードを利用して1000円分の買い物をすると5円分のポイントがキャッシュバックされるということです。

よってこのクレジットカードのポイント還元率は、5÷1000の0.5%となります。
クレジットカードによっては、期間中ポイントが3倍もらえるキャンペーンであるとか、クレジットカードの入会時にボーナスポイントがもらえるキャンペーンなどを実施しているものもあります。けれどもまずは基本的なクレジットカードを利用しての支払い金額に対するポイント還元率を知ることが大切です。

a9c337068eed1bbe4fec07d1f8f43886_s

クレジットカードのポイント還元率の相場はどのくらい?

クレジットカードのポイント還元率の相場は一般的にはどのくらいでしょうか?

たくさんのクレジットカード会社から様々なクレジットカードが出ていますが、

一番多いクレジットカードのポイント還元率は先ほど実例で説明した0.5%のクレジットカードです。
ただ0.5%のクレジットカードのポイント還元率では、効率的にキャッシュバックは受けにくいように思えます。

クレジットカードをくまなく探してみると、かなりの高還元率で発行されているクレジットカードもあります。中にはクレジットカードのポイント還元率が2~3%のものもあります。

ae803b7b93fe06891bb01cc064949670_s

クレジットカードのポイント還元率によってこんなに違う!

クレジットカードを利用して10万円のショッピングをしたとします。

1%のポイント還元率であるクレジットカードであれば、1,000円分がポイントなどで戻ってきます。
1.5%のポイント還元率であるクレジットカードであれば、1,500円分

1.75%のポイント還元率であるクレジットカードであれば、1,750円分、

2%のポイント還元率であるクレジットカードであれば、2,000円分が戻ってきます。

支払う金額はすべて10万円(一括払いなど無金利の場合)で全く同じです。
けれどもクレジットカードのポイント還元率よって戻ってくる金額が全く違ってきます。

クレジットカードを利用しての10万円のショッピングを例にしましたけれど、

光熱費などの公共料金や家賃、携帯電話料金などを含む生活費を、クレジットカード決済される方も多いと思います。

するとクレジットカード決済をした生活費の金額の一部がそのクレジットカードのポイント還元率によって毎月戻ってくることになります。

これがずっと続くことになるので、年数がたてば積み重なってとても大きな金額になっていきます。

ポイント還元率が高いクレジットカードカードを使い始めれば、毎月クレジットカードのポイント還元率分得をするということです。

ご自分のクレジットカードのポイント還元率をご存じない方は、まずはクレジットカードのポイント還元率を確認してみましょう。

また、新たにクレジットカードの申し込みをお考えの方は、クレジットカードのポイント還元率をよく比較検討して申し込むクレジットカードを決めることをお勧めします。

クレジットカードのセキュリティコードは教えていいの?

クレジットカードの学生の審査はきびしいの?


sponsored link

関連記事

  1. クレジットカードの還元率について:高還元率カードはこんなにお得!…

    クレジットカードをお得に利用するためには、ポイントの還元率は重要です。クレジットカードで…

  2. エポスカードのポイントは期限がくる前にプリペイドカードへ移行しよ…

    エポスカードとはどんなクレジットカードでしょうか。エポスカードは、株式会社丸井グループの…

  3. VISAとMaster海外ではどちらのカードを選択する?

    VISAとMaster、海外で利用するにはどちらが良いでしょうか。クレジットカードを作るときに、…

  4. ANAカードの年会費が割引に:お得なANAカードでマイルを貯める…

    ANAカードの年会費は一般的に高いです。このANAカードの年会費が割引できたら、さらにお得にマイルを…

  5. セゾンカードを解約するとポイントはどうなるの?

    セゾンカードを解約したら今まで貯めてきた永久不滅ポイントはどうなるのでしょうか。今回は「セゾンカ…

  6. クレジットカード審査とその対策について

    クレジットカードを作りたくて申し込みをするけれども、クレジットカードの審査に通らない、という人も多い…

  7. 楽天カードの学生の限度額はいくら?楽天カードの限度額まとめ

    楽天カードの学生の限度額について楽天カードは学生さんでも申し込み可能なクレジットカードです。楽天…

  8. クレジットカード:おすすめのクレジットカードを100枚の中から厳…

    クレジットカードを作りたくても種類がたくさんありすぎてどのクレジットカードを選べばよいか分からない、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP