menu

sponsored link

18歳ではカードローンを利用できない!学生ローンまたはクレジットカードのキャッシング機能を利用しよう

sponsored link

18歳の人はカードローンを利用できるのでしょうか。

18歳ではカードローンを利用できない

カードローンを利用できるのは基本的に「満20歳以上」の人です。18歳、19歳の未成年の人は、カードローンを申し込むことができません。
たとえ働いていて安定した収入があっても、18歳、19歳の未成年の人は銀行や消費者金融のカードローンを利用することはできません。
金融会社はカードローンの申込資格に年齢制限を設定しています。以下が大手消費者金融(アコム・アイフル・プロミス・モビット)とメガバンク(三菱東京UFJ、三井住友、みずほ銀行)のカードローン申込者の年齢制限一覧です。

キャッシングサービス名 利用可能年齢
アコム 20歳以上~69歳以下
アイフル 20歳以上~69歳以下
プロミス 20歳以上~69歳以下
モビット 20歳以上~69歳以下
バンクイック(三菱東京UFJ銀行) 20歳以上~65歳未満
三井住友銀行カードローン 20歳以上~65歳以下
みずほ銀行 20歳以上~66歳未満

どこのカードローン会社も年齢の下限が「20歳」に設定されています。上の表は一例ですが、すべての消費者金融や銀行がカードローンの申し込み対象者を20歳以上にしていると考えて良いでしょう。
正社員として働いており安定した収入があっても18歳、19歳の未成年である限りカードローンは組むことができません。ただしマイカーローンは例外といえます。マイカーローンであれば親権者や後見人が連帯保証人になってくれれば18歳、19歳の未成年でもローンを組むことができます。
一方でカードローンについては、どのような条件であっても18歳、19歳の未成年であれば利用することはできません。銀行のカードローンでも消費者金融のカードローンでも融資できる条件は「満20歳以上満65歳未満の成人であること」と「継続した一定の安定収入があること」なのです。
未成年へのお金の融資は法律で禁じられています。ただし例外として、未成年でも結婚していれば社会通念として成人とみなされ、かつ一定の安定収入があれば、その場合に限って未成年であっても金融機関のカードローンを利用することができます。

1c5cad5d58098f6c97d1a5a740610f10_s

18歳の会社員でもカードローンは利用できないか

多くのカードローンには申込条件に「安定した収入のある方」という条件があります。そして「20歳以上」という条件も殆どのカードローンの申込条件です。では高校卒業と同時に就職した18歳、19歳の会社員はカードローンを組むことはできないのでしょうか。
日本の社会では契約行為が成立する条件として「成人であること」が挙げらます。つまり20歳未満の人が行う契約行為は完全に有効なものではないとみなされます。もし未成年が契約をした後で両親などの「親権者」(または法定代理人)が『この契約は認められません。取り消してください』と申し出た場合には、その契約行為は取り消されることになります。それだけ未成年の行う契約というものは不安定ですので、きちんと契約が成立する20歳以上の人を契約対象にすることは、貸す側が安心して契約ができる最低条件になっているというわけです。
これはたとえ就職をして自分で収入を得ているとしても同じことです。ですから18歳、19歳の未成年の社会人が単独でローンを組むことはほぼ不可能(100%ではない)であると考えてよいでしょう。もし18歳、19歳の未成年の人がローンを組む必要があるのであれば、両親などに保証人になってもらうことで融資してくれる金融会社を探さなければなりません。残念ながらそのような金融会社を探し当てるのは大変困難ですし、あったとしても自分の住んでいる地域にあるとは限りませんので本当に探すのは大変だと思ってください。
18歳で就職していれば20歳になる頃には勤続年数も2年にはなることでしょう。勤続年数が長いというのはカードローンの審査でとても有利になることですので、それまでは自分の給料や家族からの借り入れするなどをして社会勉強をする期間にしてはどうでしょうか。

18歳の未成年でも申し込み可能な学生ローンについて

18歳の未成年の人でも「学生」であればカードローンを利用することができます。それは「学生ローン」を利用することです。
大学や短大、専門学校に通っていれば、未成年であっても学生ローンの利用でお金を借りることができます。

18歳の未成年でも申し込むことができる学生ローンには以下の3社があります。
・アイシーローン
・カレッヂ
・フレンド田
ただし20歳以上の人と同じ条件でお金を借りることができるわけではありません。「親の同意書が必須」や「最大10万円まで」など、未成年の人がお金を借りるための条件が別にあります。
申し込み条件は業者によって多少の違いがありますが、大きくまとめると「親の同意書なしなら10万円まで、親の同意書ありなら50万円まで」となっています。
※20歳以上であれば最大50万円まで親の同意書なしで学生ローンを利用することができる場合もあります。

アイシーローンの未成年者の申し込み条件について
アイシーローンの18歳以上の未成年の学生の申し込み条件は以下の通りです。
借りることができるお金は最大50万円まで
10万円以下なら親の同意書不要、10万円以上なら親の同意書が必要になる
借りることができる金額は最大で50万円ですが、10万円以上の借入を申し込む場合は親の同意書が必要になります。

カレッヂの未成年者の申し込み条件について
学生ローン業者大手のカレッヂの未成年の学生の申し込み条件は以下の通りです。
借りることができるのは最大10万円まで
親の同意書は不要
親の同意書が不要なため、借りることができるお金は最大10万円までに制限されています。

フレンド田の未成年者の申し込み条件について
最大50万円まで借りることができる
親の同意書は金額にかかわらず必要
最大50万円まで借りることができますが、少額のお金を借りる場合にも親の同意書が必要です。

05d5c91da8f1a37d2a468797496676af_s

学生でない18歳以上の未成年者のお金を借りる方法について

では学生ではない18歳以上の未成年はお金を借りる方法はあるのでしょうか。
残念ながら学生ではない18歳以上の未成年の人はカードローンを利用することは不可能だといって良いでしょう。しかし利用目的がはっきりしている目的別ローンならお金を借りることができます。
目的別ローンには「自動車ローン」や「住宅ローン」などがありますが、カードローンと同じように銀行や消費者金融の目的別ローンは年齢制限は20歳以上です。
ただし銀行や消費者金融以外の会社から提供されている以下の目的別ローンなら、18歳以上の未成年の人でも申込可能です。
トラベルローン
運転免許ローン
目的別ローンですので、銀行や消費者金融のカードローン、学生ローンのように借りたお金を自由に使うことはできません。

18歳以上の未成年でも申込可能なトラベルローン
トラベルローンは親権者の同意書があれば利用できます。
トラベルローンは旅行会社や旅行代理店で利用できる目的別ローンで、有名どころでは「H.I.S」や「JTB」がトラベルローンを用意しています。「旅行に行きたいけどお金が足らない」という未成年の人にとっては便利です。
ただしトラベルローンの使い道は交通費や宿泊費用ですので、ローンを組んだとしても自分の手元にお金が入るわけではありません。またローンを組む際は親の同意書が必要になるので注意しましょう。

18歳以上の未成年でも申込可能な運転免許ローン
運転免許ローンは親権者の同意書があれば利用できます。
「成人する前に運転免許をとっておきたい」という人もいらっしゃることでしょう。しかし運転免許を取るには通常20万円~30万円のお金が必要です。働いていても簡単に用意できる金額ではありません。
そんな場合に便利なのが運転免許ローンです。以下の2つの信販会社が18歳以上の未成年者でも利用できる運転免許ローンを提供しています。
マルイのエポスカード
西武百貨店のセゾンカード
ただし運転免許ローンの場合も使い道は自動車学校への支払いに限られます。また未成年であるということで親権者の同意書も必要です。

クレジットカードのキャッシング枠の利用
18歳以上の人でどうしてもお金が必要な場合、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りることができます。クレジットカードは18歳以上であれば申し込むことができます(高校生不可)。クレジットカードには買い物をするショッピング機能とお金を借りることができるキャッシング機能があり、クレジットカードを所持していればそのキャッシング機能を利用してATMで簡単にお金を借りることができます。クレジットカード会社によっては18歳の未成年者のクレジットカードにキャッシング機能を付けてくれないところもありますので、クレジットカードのキャッシング機能を利用したい場合は、あらかじめ18歳以上の未成年でもクレジットカードのキャッシング機能を利用できるかどうか確認して申し込みをしましょう。ただしどこのクレジットカード会社も18歳以上の未成年の人のクレジットカードにキャッシング機能をつける場合には親権者の同意が必要ですので注意しましょう。

4cac6c6ce48b89889e8a7f95d5750e38_s

まとめ

18歳ではカードローンを利用することができません。カードローンを利用できるのは基本的に「満20歳以上」の人です。たとえ働いていて安定した収入があっても、18歳、19歳の未成年の人は銀行や消費者金融のカードローンを利用することはできません。
ただし18歳の未成年の人でも「学生」であれば「学生ローン」を利用してお金を借りることができます。しかし学生ではない18歳以上の未成年の人はカードローンを利用することは不可能だといって良いでしょう。しかし利用目的がはっきりしているトラベルローンや運転免許ローンであれば利用することができます。またクレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借りることもできます。いすれの方法も18歳以上の未成年の人の場合、親権者の同意が必要ですのでその点は注意しておきましょう。

キャッシュバックできるクレジットカードを使う:メリットとおすすめクレジットカードについて

学生でもETCカードは作成可能:まずはクレジットカードを選ぼう


sponsored link

関連記事

  1. JCBカードが年会費無料になる条件について

    JCBカードはクレジットカードの年会費が有料のクレジットカードですが、年会費無料にするために条件があ…

  2. クレジットカードの還元率とは?

    クレジットカードの還元率を知っていますか?今あなたがお使いのクレジットカードは還元率が高いでしょうか…

  3. クレジットカードの還元率について:高還元率カードはこんなにお得!…

    クレジットカードをお得に利用するためには、ポイントの還元率は重要です。クレジットカードで…

  4. 三菱UFJニコスのクレジットカード学生向け:MUFGカードIni…

    三菱UFJニコスから発券されているクレジットカードで学生専用カードはどんなクレジットカードでしょうか…

  5. クレジットカードの還元率ランキング:もっともお得なカードを選ぶ

    今回はクレジットカードの還元率をランキング形式でみていきましょう。クレジットカードを選ぶとき…

  6. 大学生はお金を借りることができるか?

    大学生はお金を借りることができるのでしょうか。大学生の方がお金を借りたい場合、20歳以上で何かア…

  7. UFJ学生カードはMUFGカードInitial(イニシャル)Ma…

    UFJ学生カードとは三菱UFJニコスから発行されているクレジットカードで「MUFGカードInitia…

  8. JCBの学生カードは若い人に豊富な特典:うまく使ってポイントを貯…

    JCBカードの学生向けクレジットカードにはどんなものがあるのでしょうか。JCBカードの学生向けク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP