menu

sponsored link

セディナカードのゴールドカードを年会費で比較!格安と本物志向どちらを選ぶ?

sponsored link

セディナカードにはゴールドカードが2種類あります。「セディナカードゴールド」と「セディナゴールドカード」です。
セディナカードのゴールドカードの年会費はいくらでしょうか。
「セディナカード ゴールド」は、年会費が1,905円+税という格安の年会費で人気があるゴールドカードです。
また「セディナゴールドカード」は年会費が6,000円+税の空港のラウンジサービスや最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯するセディナカード(OMC)のプロパーのゴールドカードです。
格安の年会費の「セディナカードゴールド」には空港のラウンジサービスと高額の海外・国内旅行傷害保険は付帯していませんが、キャンペーンの多い高還元率であるクレジットカードです。還元率は最大0.65%ですが誕生月はポイント2倍、セブンイレブン、イトーヨーカドーではポイント3倍、また入会後3か月間は還元率1.5%になっています。
「セディナゴールドカード」は、スポーツ、レジャー、ショッピングなどの優待特典やゴールドデスクなど、会員限定の各種サービスが利用できます。ポイントの優待もありますので、利用の仕方によってお得なゴールドカードです。また「セディナゴールドカード」はOMCカードと同じ扱いですので全国のダイエー、マルエツ、イオン等でのポイント還元率は1.5%です。

「セディナカードゴールド」と「セディナゴールドカード」の特徴をみていきましょう。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-2

セディナカードゴールドの年会費および特長について

『セディナカードゴールド』は、1,905円(税抜)という低価格のクレジットカードの年会費で、旅行傷害保険が付帯されているお得な格安ゴールドカードです。
一般的なゴールドカードに付帯されている、家族特約付きの国内・海外旅行傷害保険、空港ラウンジサービスなどはありませんが、ゴールド会員専用デスクの利用ができますし、割安な年会費にもかかわらず、お得なサービスがあります。国際ブランドはJCB、VISA、マスターカード3種類から選ぶことができます。
「セディナカード ゴールド」のメリットは、クレジットカードの券面がゴールドであることです。ある程度年齢や役職が上がった場合には一般のクレジットカードよりもステータスのあるクレジットカードを持ちたいでしょう。しかし、ほとんどのゴールドカードは年会費だけでも1万円以上かかってしまいますので、クレジットカードをあまり利用しない人にとっては勿体ないでしょう。
「ゴールドカードの不要なサービスは削って、低コストでゴールドカードを利用したい」という人に、年会費1,905円の「セディナカード ゴールド」は評判がいいです。

セディナカードゴールドの付帯保険について
「セディナカードゴールド」には最高2,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯しています(国内は利用付帯)。旅行中のケガや病気、所持品の盗難など、旅行中のアクシデントに幅広く対応できますし、最高150万円のショッピング保険も付帯していますので『セディナカードゴールド』で購入した商品は180日間の補償対象です。

ゴールド会員専用デスクの利用
「セディナカードゴールド」を持っていればゴールド会員専用デスクを利用できますので、クレジットカードの紛失・盗難、渡航先で困ったことがあれば日本語で相談することができます。また「カード紛失・盗難保険」「ネットセキュリティサービス」が付帯しています。『セディナカードゴールド』の紛失・盗難やインターネット上での不正利用に対して保証されています。(届日から60日前に遡って補償)。

セディナカードゴールドのポイント還元率およびポイント獲得方法について
「セディナカードゴールド」のポイント還元率は0.5%で、ポイントプログラムは「わくわくポイント」という名称です。「セディナカードゴールド」には一般のセディナカードよりもお得なポイントアップサービスがあります。「セディナカードゴールド」に入会後3か月間(入会月を含めると最大4か月)ポイント3倍になる「ファーストチャンスポイント」、誕生月にポイント2倍になる「アニバーサリーポイント」などがあり、さらに海外でのショッピング(ネット含む)やETCカードの利用でポイントが1.5倍付与されます。(一部対象外あり)
また1年間(1~12月)の「セディナカードゴールド」の利用額に応じて翌年のポイントが最大1.3倍になる「トクトク!ステージ」や、オンラインモール「セディナビ!」経由によるボーナスポイント(最大20倍)もあります。
キャンペーン加算ポイントは重複されますので、入会3か月以内+誕生日付きで5万円を利用したとすれば、通常は250ポイントの付与ですが、3倍で750ポイント、さらに2倍分として+250ポイント、合計1,000ポイントも獲得することができます。
「セディナカード ゴールド」は、全国のセブン-イレブン、イトーヨーカドー各店舗での買い物で「わくわくポイント」が常に3倍貯まります(還元率1.5%)。いつでもどの店舗でも毎日3倍貯まりますので、セブン-イレブン、イトーヨーカドー各店舗を日常よく利用するのであればお得に買い物ができます。

セディナカードゴールドのデメリットについて
『セディナカードゴールド』のデメリットは、OMCカードではない、という点です。OMCマークが付いていないのでダイエーやイオングループ各店舗での特定日5%割引きが受けられません。「セディナカード ゴールド」の下位カードである「セディナカード クラシック」にはOMCマークがあるので残念です。
ダイエー・グルメシティ・マルエツ・イオンなどをよく利用するのであれば「セディナカード クラシック」を選択した方が良いでしょう。
またポイントの基本還元率が0.5%と一般的なクレジットカードの還元率と同等ですので、ポイントを貯めることに重点を置きたい場合にはポイントアップサービスの利用が必須です。またポイントの有効期限が2年間と短いですので失効に気をつけましょう。
「セディナカードゴールド」は、ETCの利用でポイント1.5倍となります。しかしETCカードの発行手数料が1,000円(税抜)かかリすので、有料道路の利用が少なければ他の無料のETCカードを申し込んだ方がよいでしょう。

images

セディナゴールドカードの年会費および特長について

「セディナゴールドカード」は年会費が6,000円+税、家族カードの年会費は1,000円+税です。セディナから発行されているプロパーのゴールドカードで、同じくセディナから発行されている格安年会費の『セディナカードゴールド』(年会費1,905円)がありますが、この「セディナカードゴールド」とは全く別の本物志向のゴールドカードです。
「セディナゴールドカード」には、家族特約付きの海外旅行傷害保険、国内主要空港ラウンジの利用サービスなど、ゴールドカードにふさわしい特典が付帯しています。なお国際ブランドはJCB、VISA、マスターカードの中から選ぶことができます。

セディナゴールドカードの付帯保険について
「セディナゴールドカー」には、最高1億円の海外旅行傷害保険(自動付帯2,000万円)と、最高5,000万円の国内旅行傷害保険(自動付帯1,000万円)が付帯しています。「セディナカードゴールド」の海外・国内旅行傷害保険が最高2,000万円なのに対し5倍の補償額になっています。
「セディナゴールドカード」はショッピング保険の年間補償額が『セディナカードゴールド』の2倍の300万円となっていますので、旅行でもショッピングでも高額補償を受けることができます。もちろ「セディナゴールドカード」の盗難・紛失やネットショッピングでの不正利用に対する補償もありますので、盗難・紛失、ネット上での不正利用を心配せずにどこででもクレジットカードを利用できます。(届日から60日前に遡って補償)

国内主要空港ラウンジの無料利用、その他の特典について
「セディナゴールドカード」には、国内主要空港の空港ラウンジサービスも付帯しており、また会員専用のゴールドデスクも利用できますので国内・海外旅行の多い人におすすめです。
また、医療・健康に関する相談を24時間年中無休ですることができる「OMCメディカルコール」や、スポーツ・レジャー・リラクゼーション施設などのサービスが優待価格になる「プレミアムクラブオフ」などの利用が可能です。
「セディナゴールドカード」の会員専用のフリーダイヤル「ゴールドデスク」は、ゴールドカーの紛失・盗難などの相談に対応してくれますし、渡航先で困ったことがあれば日本語で相談できます。

「セディナゴールドカード」のポイント還元率およびポイント獲得方法について
『セディナゴールドカード』のポイントプログラムは「わくわくポイント」です。『セディナゴールドカード』利用金額200円につき「わくわくポイント」が1ポイント貯まります(還元率0.5%)。貯めたポイントは、1,000ポイントから商品券や各種アイテムと交換できます。
『セディナゴールドカード』の年会費は6,000円ですが、ポイント優待サービスによって、『セディナゴールドカード』の年会費以上のポイントを獲得できる場合もあります。
『セディナゴールドカード』は1年間(11月~翌10月)の利用金額に応じて12月に「サンクスクリスマスポイント」が付与されます。年間100万円以上で1,000ポイント、150万円以上で3,000ポイント、200万円以上で6,000ポイントがプレゼントされます。年間200万円以上『セディナゴールドカード』で支払えば、それだけで年会費分のポイントを獲得できる計算です。
さらにセディナカードには年間(1月~12月)のカード利用金額によって翌年のポイント付与率が上がる「トクトク!ステージ」というサービスがありますが、『セディナゴールドカード』はポイント還元率が一般カードよりも高く、50万円以上で1.2倍、100万円以上で1.3倍、200万円以上で1.6倍となります。
『セディナゴールドカード』は、セブンイレブンとイトーヨーカドーでの買い物で常にポイントが3倍になります(還元率1.5%)。さらにセディナカード会員限定のショッピングモール「セディナビ!」経由で買い物すれば、2~20倍のポイントが貰えます。もちろんダイエーグループ、イオングループでも毎回ポイントが3倍になります。

セディナゴールドカードのデメリットについて
『セディナゴールドカード』のデメリットは、ゴールドカードなのに基本であるポイントの還元率が低いことです。年間200万円以上の利用で最大0.8%の還元率になりますが、メインカードでも到達するのに骨が折れます。そしてポイントの有効期限は2年間と短めですのでメインカードとして活用し、年間200万円以上決済利用することが可能な人にはおすすめです。
また『セディナゴールドカード』は、ETCカードの発行手数料が1,000円(税抜)かかります。多くのゴールドカードはETCカードを無料で発行していますので、その点が残念です。

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

まとめ

「セディナカードゴールド」は、年会費が1,905円と所有しやすいゴールドカードで、ポイントの優待から海外旅行保険まで充実したサービスを受けられる格安ゴールドカードです。空港ラウンジの無料利用など一部のサービスは付帯されていませんが、とりあえずコストがかからずステータスの高いクレジットカードを持ちたい人、またはセブンイレブンやイトーヨーカドーをよく利用する人には評判が良いゴールドカードです。
「セディナゴールドカード」は、年会費が6,000円+税、家族カードの年会費は1,000円+税で、ゴールドカードならではの行き届いた特典を利用することのできるゴールドカードです。ダイエー・イオングループだけでなく、セブンイレブンやイトーヨーカドーでも1.5%のポイント還元を受けられるOMCカードですので、買い物でポイントをたくさん獲得できます。格安の年会費の「セディナカードゴールド」よりも旅行保険や付帯サービスが充実していて、ボーナスポイントも高還元率ですので、年間のクレジットカード利用金額が多い方はにはおすすめです。

4e8ec8795ebae5f711d621b38e6d2ad9_sセゾンカード引き落とし日はいつ?引き落としができない場合の対処方法まとめ

0bb16db837d074925f529f26439caf91_s学生の海外旅行におすすめのクレジットカードとは:海外旅行傷害保険を考えて選ぼう!


sponsored link

関連記事

  1. e942ab22236d648a4c1b0648dcd5c32e_s

    ANAカードの年会費が高いと思っている方へ:ANAカードの年会費…

    ANAカードの年会費は高いと思っている方が多いようです。ただANAマイルを貯めるためにはANAカード…

  2. d5a8270d859b84aa50713d563383b343_s

    Tポイントカードの申し込み:自分に合ったTポイントカードを作ろう…

    「Tポイントカード」は、今現在利用中の人も多いと思います。多くの人に利用されているTポイントカードで…

  3. 60981662423149ca189f01f8df2b1b5d_s

    大学生がゴールドカードを作る:大学生におすすめのゴールドカードに…

    大学生でもゴールドカードを所持することができるのでしょうか。クレジットカードの中には、一般カード…

  4. 001de85ca7b61d153d38ef8586e3d55d_s

    エポスカードのポイントの使い方:貯まったエポスポイントを現金とし…

    エポスカードとはマルイのクレジットカードで、マルイやVISA提携のお店で利用できます。マルイや他の店…

  5. images-7

    Tポイントカードの作成方法まとめ:完全版

    Tポイントカードは、現在多くの人が所持して利用しています。今回はまだTポイントカードを所持していない…

  6. bf3761d44b88d14265d2cbb02cf33433_s

    セゾンカードのポイント交換は電話でできるか?電話・セゾンカウンタ…

    セゾンカードのポイント交換を電話で申し込むことはできるのでしょうか。セゾンカードとは株式会社クレ…

  7. famimatcard200

    ファミマTカードの審査状況について

    ファミマTカード(クレジット)の審査は厳しいのでしょうか?ファミマTカード(クレジット)は大手コ…

  8. 4cd33c9f79c197d4b2b68da157861f7f_s

    ダイナースカード年会費およびダイナースカードポイントの貯め方使い…

    ダイナースカードの年会費はいくら位でしょうか。ダイナースカードはアメリカン・エキスプレスと並んで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP