menu

sponsored link

クレジットカード還元率比較:最新版

sponsored link

8af275371b7aa407012d5447dae47b0e_s

クレジットカードの還元率をご存知ですか。クレジットカードを利用するとその利用代金に応じてポイントがもらえますが、クレジットカードの還元率が高い方が、よりたくさんポイントを貰うことができます。ですから、クレジットカードを使ってポイントを貯めたい場合には、クレジットカードの還元率が、クレジットカードを選ぶ基準のひとつになります。

お手持ちのクレジットカードについて、その還元率が何パーセントかご存知ですか?代表的なクレジットカードで還元率を比較してみましょう。

楽天カード
・還元率(1%):利用金額50万円で5,000円分のポイントが還元される。
※楽天市場でネットショッピングの場合は、還元率が(2%)になる。

リクルートカードプラス
・還元率(2%):利用金額50万円の場合、10,000円分のポイントが還元される。
※リクルート関連でネットショッピングする場合、還元率が(4.0%以上)になる。

クレジットカードの利用金額が同じ(50万円)でも、還元される金額が、楽天カードでは(5,000円)、リクルートプラスカードでは(10,000円)と2倍のポイントの差があります。ですからクレジットカードの還元率によってもらえるポイントに大きく差がつきます。

クレジットカードの還元率は、年会費が有料の方が「高い」

クレジットカードの還元率は、クレジットカードの年会費が必要なカードほど還元率が高くなっています。
年会費無料のクレジットカードと、年会費有料のクレジットカードの還元率を比較してみましょう。

リクルートカード<年会費無料>
・還元率(1.2%):利用金額50万円の場合、6,000円分のポイントが還元される。
※リクルート関連のサービスを、クレジットカードで決済利用すると、
・ポンパレモール(ポイント還元4.2%)
・じゃらん(ポイント還元3.2%)

リクルートカードプラス<年会費2,000円
・還元率(2.0%):利用金額50万円の場合、10,000円分のポイントが還元される。
※リクルート関連のサービスを、クレジットカードで決済利用すると、
・ポンパレモール(ポイント還元5.0%)
・じゃらん(ポイント還元4.0%)

以上のようにクレジットカードの還元率を比較してみると、クレジットカードの年会費を(2,000円)払うだけで、もらえるポイントにかなりの差があるのが分かります。同じ利用金額50万円の場合をみても、約4,000円分も貰えるポイント数が違いますので、クレジットカードを利用することが多ければ、クレジットカードの年会費を払った方が「得をする」といえます。

クレジットカードの選び方

では、どのクレジットカードを選べば良いのでしょうか。一概に″このクレジットカード会社のこのクレジットカードが一番お得″ということは言えません。なぜなら、人によってクレジットカードを利用する場面が違うからです。クレジットカードは自身がどこでクレジットカードを頻繁に利用するか考えて、利用頻度で選びましょう。
もし、ネットショッピングをよく利用するのであれば「楽天カード」や「Amazon MasterCardクラシックカード」など、ネットショッピングでポイントがたくさん貰えるクレジットカードがおすすめです。このように自分がどこでクレジットカードを使うのか考えてクレジットカードを比較して選べば「お得」になります。
例を挙げますと
・毎日スーパーでの買い物に利用する:イオンカード、タカシマヤセゾンカード
・主にガソリンを入れるのに使う:シェル-Pontaクレジットカード、出光カード
・携帯電話料金の支払いで利用する:dカード 、auWALLETクレジットカード
・銀行関連のカードを作りたい:楽天銀行カード、SBIカードPlus

クレジットカードの還元率もクレジットカードを比較、選択するときのポイントですが、そのクレジットカードによって得ることができる「特典内容」もカードによって異なりますので、比較した後よく考えて決めて下さい。

08195bd0b98111b4ff04ba259c4c49bf_s

おすすめの高還元率クレジットカード

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

還元率は(1.0%)以上で100円につき、1オリコポイントが貯まります。また、このクレジットカードの特典で、入会した半年間については、還元率が通常の(2倍)である(2.0%)になります!これは、かなりお得です。
また「オリコモール」でネットショッピングをした場合、通常のポイント分(購入金額の0.5%~15%)に加え、さらに(0.5%)分のオリコポイントが加算されます。オリコポイントは、(500ポイント)から交換可能で、ネットショッピングでポイントを利用した買い物や、ギフト券との交換も簡単にできますので、とても便利です。
このOrico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)は、クレジットカードの年会費も「永年無料」です。

楽天カード
楽天市場でのネットショッピングはもちろん、「楽天トラベル」の旅行代金の支払いや「楽天ブックス」で書籍、CD等を購入する際の支払いなど、楽天グループで利用する場合には楽天スーパーポイントを2倍貯められるクレジットカードです。
また、普段のスーパーやデパートでの買い物、公共料金の支払いにも利用できます(還元率:1%)。その他に、「加盟店」でのクレジットカードの決済利用であれば、最大ポイント(3倍)(楽天カード利用ポイント(1%)+ポイント加盟店利用ポイント(2%))となりますので、大変お得になるでしょう。
また貯まった「楽天ポイント」は、ANAマイレージへ移行することができますので、航空券の購入の際に助かりますね。
*楽天ポイント2ポイント⇒ANAマイレージ1マイル
また、ポイントカード機能付きの楽天カードであれば、お店での支払いの際に「楽天スーパーポイント」で支払うこともできます。1ポイントが1円として利用できます。

リクルートカード
リクルートカードは、クレジットカードのポイント還元率が1.2%と、高還元率で、しかもクレジットカードの年会費が無料です。リクルート関連のお店やネットショップで利用すると、更に還元率が上がりますのでお得です。

ビュー・スイカカード
新幹線や電車の利用が多い場合にはこのビュー・スイカカードがおすすめです。このビュー・スイカカードには、「Suica」機能がついているため、このカード自体を定期券として利用することができます。ビュー・スイカカードで定期券を購入すると、ポイントが3倍(還元率1.5%)、またオートチャージすることでもポイントが3倍になりますので、電車や新幹線を利用する人であれば、たくさんポイントを貯めることができます。貯まったポイントを、定期券代に回すこともできますので、節約にもつながりますね。
このビュー・スイカカードは、年会費が477円(税抜)です。

「ANA To Me CARD PASMO JCB」ソラチカカード
「ANA To Me CARD PASMO JCB」カードはソラチカカードの呼び名で知られています。このソラチカカードは
■ANAマイル
■メトロポイント
■Oki Dokiポイント
この3種類のポイントを貯めることができる大変便利なカードです。このソラチカカードは、メトロ定期券購入する場合など1,000円あたり5ポイントもらえます。そのメトロポイントを「PASMO」と「nanacoポイント」へ交換する際の還元率が5.0%にもなります。メトロ定期券を購入される方には、大変お得なクレジットカードです。
また、貯めたポイントをマイレージへ、逆に、マイレージをポイントへ移行することもできますので、とても利便性の高いポイント利用のできるクレジットカードです。おすすめしたい1枚です。
ソラチカカードは、初年度会費無料、次年度以降年会費は2,100円(税込み)となります。

a6873fb173ac6c5df28de7b575b0ffd3_s

まとめ

ここまでクレジットカードの還元率を比較して、おすすめのクレジットカードをみてきました。クレジットカードの還元率は、家計の節約という意味でも、クレジットカードを比較検討する上で大事な項目です。クレジットカードの比較検討は自身がどこでクレジットカードを利用するかによって最適なクレジットカードは違ってきますので、クレジットカードを比較検討する場合には還元率も大切ですが、そのクレジットカード自体の特典も比較して、もっともお得なクレジットカードを選んでください。

f87afc59d889df714faa22307388cf76_s免許取得に使える学生ローンについて

4c85c24fdbe36549c184b6b4c94d55b9_sセゾンカードのポイント交換はマイルへ:お得な旅をしよう


sponsored link

関連記事

  1. timeline_50

    Tポイントの使い方:ネットショッピングでお得に使おう

    Tポイントの使い方について、今回はみていきたいと思います。Tポイントは、昔から共通ポ…

  2. ダウンロード (4)

    ANAカードのプレミアムポイントとは?マイルとどう違うの?

    ANAカードを利用すると「プレミアムポイント」というポイントが貯まりますが、この「プレミアムポイント…

  3. f240b07153be2901a50dcd41f378b26d_s

    カードローンの審査基準およびカードローンの審査通過条件まとめ

    カードローンの審査基準についてカードローンは急な出費が重なったときなどには頼りになりますが、いざ…

  4. ffd8a22f35b49d8c28dcd6a3e39e0e6b_s

    クレジットカードの銀行系カードは利便性が高い:高還元率カードと組…

    クレジットカードには種類があり銀行系に分類されるクレジットカードがあることをご存知ですか。クレジ…

  5. 99eb7fffda3d2e6969e9a54c6b60213b_s

    セゾンカードの永久不滅ポイントを合算して賢く貯める

    セゾンカードのポイントは「永久不滅ポイント」という名称で、ポイントの有効期限がありません。このセゾン…

  6. e0e3d678ec95aa0df3a0dbeece39af84_s

    ライフカードで学生はいくらキャッシングできるか?キャッシンッグ方…

    ライフカードは誕生月にはポイントが5倍(ポイント還元率2.5%)になるため人気のあるクレジットカード…

  7. 001de85ca7b61d153d38ef8586e3d55d_s

    エポスカードのポイントの使い方:貯まったエポスポイントを現金とし…

    エポスカードとはマルイのクレジットカードで、マルイやVISA提携のお店で利用できます。マルイや他の店…

  8. ダウンロード (2)

    セディナカード 解約時注意点まとめ

    セディナカードを利用していたけれども、今後利用することがないので解約したい、セディナカードを作ってみ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP