menu

sponsored link

クレジットカード のおすすめは?はじめてのクレジットカード選び

sponsored link

クレジットカードを作ろうと思っても、初めてクレジットカードを作るのであれは、クレジットカードの種類が多すぎてどのクレジットカードを選べばよいか分からない人も多いかと思います。

ひとくちにクレジットカードといっても、年会費が無料のクレジットカードから年会費が有料のクレジットカードまでありますし、それぞれのクレジットカードに付いている機能も様々です。中にはそのクレジットカードを所有しているだけで社会的なステータスになるというクレジットカードもあります。

クレジットカードを選ぶことに迷っているなら自分がどんな時、どんなところでクレジットカードを多く利用するか思い浮かべて、その時の場面に見合ったクレジットカードを探してみて下さい。今はまだ特別にクレジットカードを利用する場面が決まっていない場合は、どこでそのクレジットカードを使って支払いをしても、総支払額に対する還元率が高いクレジットカードを選んだほうがいいと思います。

クレジットカードを初めて作る人のために、クレジットカードに対するよくある疑問にお答えしたいと思います。
17ac9fba00cff6e35e189e8bad1b7fcb_s

クレジットカードに対するよくある疑問

①クレジットカードを作るのにお金はかかる?

クレジットカードを作るためにお金がかかるのか?クレジットカードを申し込んだらいきなり高額な請求書が送られてくるのではないか不安を持っているクレジットカード初心者の人がいますが、大丈夫です。クレジットカードの中でも、特に年会費無料のクレジットカードでは、クレジットカードの事務手続き費用、クレジットカードの発行費用、クレジットカードの郵送料など完全に無料でクジットカードを作ることができます。そしていそのクレジットカードをそのまま持っていても費用を支払う必要はありません。

②クレジットカードで買い物をしたら手数料がかかるの?

クレジットカードを使って買い物をしたら手数料を取られるのではないかと心配する初心者の人もいますが、クレジットカードで買い物をしても手数料を払うことはありません。クレジットカードには支払い方によって手数料がかからない支払い方法があります。クレジットカードの支払いは、1回払いや2回払い、ボーナス払いといった手数料がかからないクレジットカードの支払い方法で利用すれば手数料の負担は全くありません。

※手数料が必要な場合もあります。

ただし気をつけたいのはクレジットカードの支払方法の中には金利手数料が必要な支払い方法もあります。リボ払いや分割払いといったように、クレジットカードの支払い方法の中には金利手数料がかかるものがあるのです。もし、クレジットカードの支払いの手数料を払いたくないのであれば、クレジットカードの支払方法をリボ払いや分割払いにしてはいけない、と覚えておくのが良いでしょう。特にクレジットカードの初心者にとって、クレジットカードのの支払方法であるリボ払いや分割払いは、クレジットカードを利用するする上での落とし穴になることもあるのでクレジットカードの支払い方法の仕組みを理解するまでは、クレジットカードの支払い方法のリボ払いや分割払いは利用しないようにした方が良いと思います。

まとめますと、クレジットカードの支払方法では、1回払いでは手数料は発生しませんが、クレジットカードの支払い方法のうちリボ払いや分割払いでは手数料が発生するので、クレジットカードの初心者の方人はクレジットカードの支払いほうほうのうち1回払いだけ使を利用した方が良い、ということです。

③クレジットカードを作るときに何が必要なの?

クレジットカードを初めて作るというときに必要なものは、おもなものは次の3つです。

●自分名義の銀行口座(ゆうちょ口座でもOK)

●銀行印(印鑑)

●運転免許証や健康保険証などの身分証明書

クレジットカードの作成には、この3つがあればほぼだいじょうぶです。クレジットカードを作成するのに住民票や戸籍謄本などの書類は必要ありません。クレジットカードを作るためには自分名義の銀行口座があれば簡単に申し込むことができます。

クレジットカードの初心者の人のクレジットカードに対するよくある疑問の答えについて書いてきました。

ここでクレジットカードを初めて作る人のために、今後クレジットカードをうまく使っていけるよう、

クレジットカードのメリットとクレジットカードのデメリットについてまとめてみます。

1b3d2ca93b1b8ab1fad78fddf5fcdf1c_s

クレジットカードのメリットとデメリットおよび注意点

①クレジットカードのメリット

・クレジットカードをネットショッピング、通信販売などの決済で利用すると、クレジットカードの決済の方が銀行振り込みよりも入金確認が早くできる。そのため欲しい商品や欲しいサービスをすぐに手にいれることができる。

・クレジットカードで支払いができるので多くの現金を持ち歩かなくてよい。

・クレジットカードには海外旅行保険・国内旅行保険が付帯される。

(年会費無料のクレジットカードではど海外旅行保険・国内旅行保険のどちらか一方か、両方とも付帯していないことがある)

・クレジットカード(おもにゴールドカード)を持っていると、空港ラウンジを無料で使うことができる。

・クレジットカードの支払方法のリボ払い・分割払いを利用し(手数料が発生する場合が多いが)、高額の商品を購入しても月々の出費を抑えて購入することができる。

・クレジットカードは持っているだけで社会的な信用になる。(クレジットカードのゴールドカードが欲しい人はまず一般または無料のクレジットカードの適正な利用で実績を作ることが必要である)

・クレジットカードを利用するとクレジットカードの利用額に対してポイントが貯まり、クレジットカードの利用総額額の何%かを現金またはその他の賞品で還元することができる。(クレジットカードの利用総額額の何%かを現金またはその他の賞品で還元することができるその何%のことを還元率といい、銀行金利よりも大きいので、銀行金利より特になる。)

②クレジットカードのデメリットおよび注意すること

クレジットカードを利用するということはクレジットカードの利用金額の銀行口座からの引き落とし日まで、借金をしているということを認識しなければいけない。
(クレジットカードの支払方法が一括払いでも、分割・リボ払いでも、クレジットカードの利用代金の支払いを完了するまではクレジットカードを利用して購入した商品またはサービスの所有権はクレジットカード会社にある。)

・クレジットカードの利用代金の支払いの滞納・遅延が続くと、クレジットカードを利用できなくなり、クレジットカードを返還しなければならなくなる。それだけでなく、新たに他のクレジットカードを作れなくなる場合もある。

・クレジットカードの他者による不正利用やクレジットカードの盗難、クレジットカードの紛失の恐れがある。

・クレジットカードを複数組み合わせて利用するとお得になるが、その分クレジットカードの管理が大変になる。クレジットカードの複数の利用は多くても2、3枚をおすすめする。

・クレジットカードの利用では、自分がクレジットカードでどのくらいの金額を使ったのか常に把握していないと、気づかないうちに予想外の高額のクレジットカードの利用をしてしまうことがある。

・災害などで電力に障害が出た場合にはクレジットカード決済ができないことがあるので、クレジットカードだけで現金を全く持たない生活は危険なこともある。

クレジットカード初心者に、おすすめのクレジットカード

初めてクレジットカードを所持する人にとっては、クレジットカードの維持費用やクレジットカードの安全面で安心して利用できるクレジットカードが良いと思いますので、年会費無料のクレジットカードで有名なクレジットカードをおすすめします。

いずれも使い道を選ばず、安心して使えるクレジットカードですので、どのクレジットカードを選べばよいか迷っている人は、是非参考にしてみてください。

楽天カード

rakuten2
楽天カードは、今一番おすすめできる初心者向けクレジットカードです。クレジットカードの年会費はもちろん無料です。
日本最大級のショッピングモール『楽天市場』で楽天カードを利用した決済で、どんどん楽天ポイントが貯まっていきます。
楽天カードの場合は、テレビCMでも宣伝されていますが、貯まったポイントを楽天市場で、1ポイント=1円として現金と同じように使うことができます。楽天市場で販売されている約1億5000万点以上のどの商品とでも交換することができるのでインターネットショッピングがますます楽しくなると思います。
楽天会員になり楽天市場でショッピングをすると100円につき1ポイント貯まりますが、楽天市場での決済に楽天カードを利用すると100円につき2ポイントが貯まります。ですので楽天カードはかなりの高還元率です。
楽天市場では不定期に開催される 『楽天スーパーSALE』等のイベントがありますが、ポイント最大30倍という場合もめずらしくありませんので、たいへんお得にショッピングを楽しむことができるでしょう。
楽天カードは6年連続で顧客満足調査1位のクレジットカードです。クレジットカード発行後のユーザーの満足後が高いクレジットカードですので、初めてクレジットカードを作るという人も満足できると思います。

セゾンカード インターナショナル

saison_card
セゾンカードは日常のお買い物に「西友・リヴィン・サニー」を利用されている人は、持っているととてもお得なクレジットカードです。毎月の5日・20日に、「西友・リヴィン・サニー」各店でセゾンカード インターナショナルを使って買い物をすると利用総額の5%を値引きしてくれます。日々の家計の節約に役だっと思います。
クレジットカードのポイントには、ほとんどの場合有効期限があって、「気づかない間にポイントが失効していた」ということがありますが、セゾンカードのポイントには有効期限がないのでうっかりポイント失効の心配がありません。この永久不滅ポイントをじっくりためれば、普段なら買うのをためらう少し高価なアイテムでも購入することができますね。
セゾンカードの「年会費が永久無料」と「ポイントに有効期限がない」ということから、クレジットカードを今のところたくさん利用する予定はないが、知名度も高く安心して使えるクレジットカードを持っておきたいと考えている人におすすめです。
またセゾンのポイントサイト「永久不滅.com」を経由して出店ショップで買い物をすれば、ショップ独自のポイントも貯まりますし(※)、セゾンカードの利用で永久不滅ポイントが最大30倍ももらえるので、ポイントを効率的に貯めることができます。
※一部ショップサイトでは、永久不滅.comを経由すると、ショップ独自ポイントか付与されない場合があります。その場合には、「このショップのご注意」で確認してください。

ライフカード

life
ライフカードは、こちらも知名度が高いクレジットカードです。もちろん年会費無料、発行費無料のクレジットカードです。
ライフカードの特徴はポイントの貯まりやすさなので、クレジットカードを利用してポイントをたくさん貯めたい人におすすめです。ライフカードの年間利用金額が50万円以上でスペシャルステージになり、次の年の基本ポイントが1.5倍(0.75%)になります。またライフカードの年間利用金額が150万円以上でプレミアムステージになり、次の年の基本ポイントが2倍(1.0%)になります。ライフカードで毎月の電気・ガス・携帯・インターネット料金等を決済すればライフカードの年間利用金額は簡単に50万円を超えるでしょう。使えば使うほど還元率が高くなるので、クレジットカードを家計の節約に利用したい人に、ライフカードは使い勝手が良いと思います。

また誕生月なら5倍のポイントがもらえます。通常月の5倍になる誕生月の還元率は2.5%にもなるのです。レギュラーステージの場合では、利用額1,000円につき1ポイントが貯まりますので、1,000ポイントで5,000円分のギフトカードと交換することができます。

そのほかにライフカードの利用金額が50万円に達したときにスペシャルボーナスとして300ポイントがもらえます。また新たにライフカードを作った場合は、新規入会キャンペーンポイントとして初めの一年間はポイントが1.5倍になります。つまり初年度は利用金額に関係なくスペシャルステージと同じ還元率でポイントがもらえるということです。

クレジットカードの初心者の人向けの、3つのクレジットカードのおすすめポイントを挙げてみました。どうぞクレジットカードを選ぶ際の参考にしてください。

クレジットカードのメリット・デメリットをしっかり理解したうえでクレジットカードを上手に使って、クレジットカードライフを満喫してください。

77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_sカードローンとキャッシングの違いとは?

390a26aa9c3dde177dcaf409fb5cfe7b_sクレジットカードの家族カードは審査がきびしいの?


sponsored link

関連記事

  1. cab5756544b2f5e32b4c0074980038d7_s

    学生でもキャッシングは即日可能?即日キャッシング可能な金融機関ま…

    学生がキャッシングを即日利用したい場合、どこでお金を借りればよいでしょうか。学生さんがキャッシン…

  2. ee89d80eea8af7d2b2be5807748bd155_s

    クレジットカードは学生さんには年会費無料カードがおすすめ

    クレジットカードは学生さんでも作ることができます。クレジットカードの中には学生専用クレジットカー…

  3. 89c25985bdce4f824d11c34750e961a8_s

    銀行でお金を借りるには:学生でも利用可能な銀行カードローンまとめ…

    銀行でお金を借りることが学生さんでもできるのでしょうか。銀行でお金を借りることができる人というと…

  4. 5399559544_3389f2741b

    アメリカンエキスプレスカードの種類ついて最新まとめ

    アメリカン・エキスプレス・カードは、ダイナースクラブカードと並んで高いブランドイメージを持っ…

  5. bf2ffc04c1975beedf4b0b2effbd745a_s

    TSUTAYAのクレジットカード 「Tカードプラス(TSUTAY…

    TSUTAYAのクレジットカードの審査は厳しいのでしょうか。TSUTAYAのクレジットカードは「…

  6. 1f56260b9c58ae44133833b00e189d0e_s

    VISA・Master・JCBのどれを選べばクレジットカード審査…

    VISA、Master、JCBのどれを選ぶとクレジットカード審査に通りやすいのでしょうか。確かにVI…

  7. 357a5ea0f9135234ecdaa2cde08af043_s

    教育ローンは本人が契約できる?教育ローンの融資額・返済方法につい…

    教育ローンは本人が利用できるのでしょうか。教育ローンの本人の利用について教育ローンを利用…

  8. a52802f4db426e043711495104930ba1_s

    バイクローンは学生でも利用できるか:ディーラーローンメリット・デ…

    バイクローンは学生でも組むことができるのでしょうか。高校を卒業して、大学生、専門学校生になるとバ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP