menu

sponsored link

ライフカードの海外旅行保険は高額補償:医療費キャッシュレスサービスの追加で万全

sponsored link

card_life

「ライフカード<旅行傷害保険付き>」は、ライフカード株式会社が発行する年会費無料の「ライフカード」に、旅行傷害保険が付帯されたクレジットカードです。
一般の「ライフカード」には、クレジットカード盗難・紛失補償しかありませんが、「ライフカード<旅行傷害保険付き>」には最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯しています。海外でケガや病気などで治療費が発生したり、所持品の盗難・紛失により損害を被ったりした場合も補償の対象となります。「ライフカード<旅行傷害保険付き>」の年会費は1,250円(+税)となっています。
今回は「ライフカード<旅行傷害保険付き>」で海外旅行保険は十分か、また「ライフカード<旅行傷害保険付き>」の機能についてみていきたいと思います。

ライフカード海外旅行傷害保険の補償内容について

傷害死亡:2000万
病気ケガ:200万
賠償責任:2000万
携行品損害:20万
救援者費用:200万

補償内容は問題ないと思われます。ただ、病気ケガの治療費は200万円が上限なので、少し心配が残ります。ですから、他の年会費無料のクレジットカードを所持することで、病気、ケガの治療費を底上げしておくことをおすすめします。
もう1枚のクレジットカードを選ぶときの選び方のコツは、ライフカードの国際ブランドと違う、国際ブランドのクレジットカードを選ぶということです。
ライフカードの国際ブランドをVISAにしたなら、もう1枚はJCBやMasterCardにする、ということです。
これによって、クレジットカードが使える店やATMの数が増えます。

医療費キャッシュレスサービスについて
ライフカードの海外旅行傷害保険には「医療費キャッシュレスサービス」は、ありません。ですから渡航先で病院に行ったときに、いったん自分で治療費を立替える必要があります。

医療費キャッシュレスサービスが付帯されたクレジットカードには以下のカードがあります。

●三井住友VISAカード
●JCBカード
●セゾンカード
●エポスカード
●KCカード
●UCカード
●JALカード(ゴールド・ダイナース・CLUB-Aカードのみ)
●ジャックスカード(海外保険が三井住友海上火災保険のもの限定)
●ベルメゾンメンバーズカード
●楽天プレミアムカード

もう1枚クレジットカードを選ぶのに、上記のクレジットカードから選択してもよいでしょう。

医療費キャッシュレスサービスの使い方は、渡航先で病院に行く前に、クレジットカードの海外電話相談サービスに連絡を入れ、キャッシュレス対応の病院を紹介してもらい、そして病院に行く、という流れです。
所持しているクレジットカードの海外旅行保険会社の提携病院かどうか確認せずに病院に行った場合、キャッシュレスになりませんので気をつけましょう。

海外の病院では、現金の持ち合わせがないと診察さえもしてくれないことがあります。そんなとき非常に助かるのが、医療費キャッシュレスサービスです。「ライフカード<旅行傷害保険付き>」にも付帯されるとうれしいですね。

f9840caa874e10eccc877ce92d651bcd_s

国内旅行保険について

「ライフカード<旅行傷害保険付き>」にはまた、最高1,000万円の国内旅行傷害保険が付帯しいます。こちらは旅行代品を事前にクレジットカード払いすることで適用される利用付帯です。旅行代金というのは、航空機や鉄道などの交通費、旅館などの宿泊費、ツアー料金などのことです。クレジットカードで支払うことでポイントも貯まりますので、現金払いよりもお得です。
ただし国内旅行については死亡・後遺障害費用のみの補償で、入院・通院・手術費用は補償の対象外です。

シートベルト保険などその他の保険について

『ライフカード<旅行傷害保険付き>』には、シートベルト傷害保険が付帯しています。日本国内で自動車搭乗中に事故が起きた場合、シートベルトを着用していれば、死亡・重度後遺障害で最高200万円の補償があります。また、クレジットカードの損失・盗難による不正利用の損害も一定期間補償されます。

「ライフカード<旅行傷害保険付き>」のメリットについて

「ライフカード<旅行傷害保険付き>」の旅行保険以外のメリットについてみていきましょう。

ポイントプログラム
『ライフカード<旅行傷害保険付き>』を選ぶ理由の1つが高還元のライフカードのポイントプログラム「LIFEサンクスポイント」です。クレジットカードの年会費がかかるとそれだけで敬遠する人も多いと思いますが「誕生月のポイント5倍」を利用すれば大体5万円(250ポイント)のクレジットカード利用で年会費の元を取ることができます。この高いポイント還元率は、他の海外旅行保険メインのクレジットカードよりも有利でしょう。

「LIFEサンクスプレゼント」ではクレジットカードの決済利用で、1,000円毎に1ポイント(100円毎に0.1ポイント)が貯まります。1ポイント=5円相当ですので、基本のポイント還元率は0.5%で、それほど高還元率ではありません。けれども初年度はポイント1.5倍で(還元率0.75%)、誕生日のある月は「LIFEサンクスポイント」が5倍付与されます。これで最大3.0%のポイント還元となります。

またライフカードでは、年間のクレジットカード利用金額が50万円を超えると翌年度のポイントが1.5倍(還元率0.75%)、150万円を超えると2倍になります(還元率1.0%)。公共料金をクレジットカード払いすることで利用料金が年間50万円を超えることは十分可能です。また、ライフカードの公式ショッピングモール「L-Mall」を経由して、買い物をクレジットカード決済すると、ポイント付与率が最大25倍となり、還元率が12%を超えることもあります。なお「L-Mall」を利用するためには事前に「Life-Web Desk」に会員登録しておく必要があります。「Life-Web Desk」の登録・利用は無料です。

ライフカードの国際ブランドがJCBのクレジットカードはnanacoにチャージが可能です。モバイルSuicaにはVISA・マスターカードブランドでチャージが可能です。その他、楽天Edyにもチャージできます。還元率は0.25%です。なおnanacoチャージで最大3.0%の高還元が受けられるサービスは2014年12月3日で廃止されたため、nanacoによる税金支払いの魅力は無くなりました。

41fb52c35413915cbc9022997e49dc12_s

「LIFEサンクスポイント」の使い方
貯まった「LIFEサンクスポイント」は、VプリカやAmazonギフト券、JCBギフトカードなどの電子マネーや他社ポイントサービス、ANAマイルなどに交換することができます。特に高還元率でおすすめはギフトカードとの交換です。誕生月を活用してポイントを貯め、ギフトカードと交換すると最大還元率は理論上、3.33%になります。ギフトカードには、図書カード、QUOカード、JTB旅行券などがあります。

またANAマイルへの交換は1ポイント=3マイルと交換レートが高く、しかも移行手数料が無料です。誕生月なら1,000円=15マイルになります。クレジットカードショッピングでマイルを貯めたい人は、誕生日月だけでも「ライフカード<旅行傷害保険付き>」で買物をしましょう。

ポイント有効期限について
「LIFEサンクスポイント」の有効期限は最大5年間ですので、まとめて貯めてからAmazonギフト券などに交換することもできます。家族カードを発行する場合は、100ポイント以上でポイントを併用できます。
親カードのポイントを家族カードに移行することもできますので、有効期限が近い場合はポイントを家族カードに移行したり併用したりして、ポイントを無駄なく使用しましょう。家族カードは年会費400円(税抜)で『ライフカード<旅行傷害保険付き>』本会員と同じ旅行傷害保険を利用できます。

『ライフカード<旅行傷害保険付き>』の審査について

株式会社ライフは2011年に消費者金融系の株式会社アイフルの子会社となりました。ですのでライフカードは信販系ではなく、消費者金融系クレジットカードとなっています。しかもクレジットカード入会審査の保障会社が親会社のアイフルになっていますので、キャッシングに強く、クレジットカードの審査が比較的緩い基準カードの1つとなっています。実際、クレジットカードの審査はそれほど厳しくなく、主婦の方でも気軽に申込むことができます。

まとめ

『ライフカード<旅行傷害保険付き>』は、1,250円(+税)という低価格の年会費で海外・国内旅行傷害保険が付帯するクレジットカードであり、旅行に行く機会の多い人におすすめです。一般のライフカード同様、誕生月のポイント5倍特典もありますので、他の旅行傷害保険のみを重視したクレジットカードよりもお得になります。単純に誕生月だけの高ポイントを狙うサブカードとしては、年会費無料の「ライフカード」をおすすめします。『ライフカード<旅行傷害保険付き>』は、他の旅行傷害保険付きクレジットカードと比較するのであれば、ポイント還元率で選ぶのがよいでしょう。

学生におすすめのビザカードについて:そもそもVISAカードとは?

ANAカードのマイルの期限を無期限にできるクレジットカードについて


sponsored link

関連記事

  1. JCBカード審査状況の確認方法について

    JCBカードに申し込みをしたら、次に気になるのがJCBカードの審査状況です。今回はJCBカードの…

  2. セゾンカードのポイント交換に商品券を選ぶのはお得か?

    セゾンカードのポイント交換に商品券を選ぶのはお得でしょうか。永久不滅ポイントで有名なセゾンカード…

  3. イオンカードを解約するとwaonはどうなるの?

    イオンカードを解約すると、WAONポイントはどうなるのでしょうか。今回はイオンカードの解約で今ま…

  4. JALカードの保険内容では海外旅行保険は不十分:他で補う必要あり…

    JALカードの普通カードに付帯されている海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険の内容を調べて、特に海外旅…

  5. イオンカードのゴールドカードのメリット:年会無料で特典満載!

    イオンカードにはゴールドカードがあります。このイオンカードのゴールドカードにはどんなメリットがあるの…

  6. ライフカードの保険は海外旅行に充実の補償! 学生専用ライフカード…

    ライフカードの保険は学生さんが海外旅行へ行くのに十分な補償があるのでしょうか。通常年会費無料のク…

  7. アメリカンエキスプレスカードのメリットは高いステータス

    アメリカンエキスプレスカードにはどんなメリットがあるのでしょうか。アメリカンエキスプレスカードは一番…

  8. JCBカードのディズニーJCBゴールドカード:ディズニーファンに…

    JCBカードにはディズニーJCBカード、ディズニーJCBゴールドカードがあります。ディズニーJC…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP